水上達三(日本貿易会会長)─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

水上達三(日本貿易会会長)─昭和時代の私の履歴書

2011年04月26日 18:00


昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。


私の履歴書─昭和の経営者群像〈2〉


水上達三は、日本の実業家。
三井物産を再建した人物として知られる。



明治36年山梨県生まれ。
昭和3年東京商科大卒。三井物産入り。
終戦後、第一物産を創立、常務。
旧三井系商社を統合、
34年三井物産の再建を達成。
36年社長。44年会長。日本貿易会会長。
平成元年6月16日死去。


「私の履歴書」は昭和48年8月に連載している。



水上達三は、明治36年10月15日、
山梨県北巨摩郡清哲村で生まれる。

その人生は、貿易一筋。
日本経済の発展とともに歩んだ人生でした。

水上は山梨出身ということもあり、
子どものころから武田信玄の歴史などに関心をもち、
書斎には武田関連の書籍が多かったのだそうです。


疾如風、徐如林、侵掠如火、不動如山


水上もやはり甲州人として、
「風林火山」の言葉が好きだったようです。


そして、小学校を出て甲府中学に進学します。
自宅から徒歩で駅まで一時間。
汽車で三十分の通学となります。

このころの学生は田舎から通学していたことが多かったからか、
何時間も歩いて毎日通うという話がざらにありますね。

子どものころから足腰が鍛えられるわけです。
今時、あるいて何時間もかけて通学する人は少ないでしょうから、
これは現代との大きなちがいだなと思います。


水上は少年時代、祖父栗原信近に影響を受けます。

祖父は、明治の変革の旗手で、
山梨県最初の銀行類似会社を設立、

日本で初めて小口複利預金を創始、
第十国立銀行初代頭取など、

数十に上る諸会社をおこし、
殖産興業を先頭に立って進めました。

交友関係の話から、
養蚕、ぶどう、綿花、たばこ、製紙などから、

銀行、貿易、鉄道、教育、キリスト教まで、
いろいろな話を祖父から聞いて学びます。


推測ですが、総合商社で活躍する基礎は、
この祖父から学んだのではないかなと思います。

帝王学のようなものでしょうか。



大正11年、水上は東京商科大学予科に入学します。
ところが、父親が学費をすんなり出してくれず、
父と学費交渉をすることになります。

月に40円として、年間500円を向こう六年間出してほしい、
と要求すると、父は、

月40円なら、一年は480円で済むじゃないか。
それに8月は夏休みだ!

とらちが明かず、長兄と次兄が間に入り、
出世証文を渡すことに。

水上は契約通り、もらった学資をあとあと返済したのだそうです。
交渉を実地で学んだと回想しています。

なかなかの父親です。



東京商大予科二年の時、
関東大震災に見舞われます。

水上は当日は朝早く出て甲府の近くの友人宅にいました。

あまり地震が長く余震も強いので、
その夜はそこの庭に蚊帳をつって寝たが、
余震が続き、ほとんど眠れない夜だったのだそうです。

また火災のためか、東京方面が赤く見えたそうです。


十月に入り、東京へ出たものの、
大学はかなり焼け落ち、

十二月まで臨時休校、
はじめ幡ヶ谷の東京高等学校を借り、
ついで練馬の石神井に仮校舎ができそこへ移ります。



水上は大学では陸上をやっていました。
夕方にお堀の周囲を駆けようと「夕走団」なるものも作ったり。


水上のおもしろいところは、
トラックを駆けるとき、カーブ地点でも減速しないように走ると、
普通は左回りなので、右足が強く、左足が弱くなってしまい、
足の強さにアンバランスが起きてしまう。

そこで、トラックを逆に回る練習を重ねたのだそうです。


───────────────────────
【引用ここから】


私は経営論でもよくこの理論を使い、あまり使いすぎて、
近ごろではまたかと敬遠されるようだが、

自然界、人間界はバランスなくしては存立できない。
両々相俟って強し──が現実であるはずだ。

私のバランス論の原点は陸上競技にある。


【引用ここまで】
───────────────────────


水上はその後も陸上を通じていろんな人と付き合いができ、
つながっているのだそうです。

オリンピックなどでは、財務関係を担当して
首を突っ込みすぎ、仕事とのバランスが難しくなることもあるのだとか。

オリンピックなどは経済と関係ないと思う人も多いでしょうが、
会場には実業家が多くいたりして、
重要な取引先とぱったり出会うこともあるのだとか。



水上は、就職はキリンビールに行くつもりでいました。
しかしゼミの堀先生が「三井物産を受けてみたまえ」と。

簡単な面接で内定が決まり、
昭和3年、水上は三井物産に入社します。

入社後三カ月は見習いとして、
営業部勘定係に配属。

翌昭和4年に群馬県高崎派出所に「派出員付」として出されます。

派出所主席の鈴木さんは出張好きで、
店を開けて飛び回るため、
いやでも全体の業務を覚えることになったそうです。

まもなく鈴木さんは三越に招聘され、
水上は若くして主席に出世します。

生糸、砂糖、鉄鋼、外米、大豆、穀物、肥料、
何でも勉強しました。

昭和5年には昭和恐慌、金解禁実施、
翌年には満州事変勃発、金輸出再禁止と
目まぐるしく経済政策が変わります。

不安定な経済情勢下、
水上はバリバリと働く商社マンでした。

そして高崎時代に結婚、二女をもうけ、
順風満帆の時を過ごします。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈2〉







関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/271-96592869
    この記事へのトラックバック



    fx