政府の無駄とは何か - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

政府の無駄とは何か

2009年12月01日 00:30

無駄の削減を至上命題とすることのメリットとデメリットの比較

無駄の削減のみを最優先するスローガンを掲げるだけでは、肝心の点を先送りする危ない結果を招く

多少の無駄とは共存しつつ、できるだけ無駄をなくす努力をすると同時に、増税にも踏み込むことで歳出のコスト意識をより明確にすべき


民間の企業でも無駄はゼロではない(コンビニの弁当)

問題は、民間の無駄と比較して政府の行動に無駄が多すぎるのか
政府の無駄をとにかく完全になくすように努力することが、他の改革と比較して最優先課題なのか

無駄をなくすことに神経質になりすぎると、いくつか弊害も生じる

食品の賞味期限に関する偽装問題
災害対策(非常時に備えがない分だけ損害も大きくなる)


硬直的な予算処理は無駄遣いの温床
役所での業績評価があいまい
政府は利益を目標としない

役所の業績評価のあり方自体を改革する必要

補正予算も無駄遣いの温床

ソフトな予算制約=予算の財布(収入)に特別の仕掛けがあって、使っても財布が底をつかないで、いつの間にかお金が補填される状態を指す
(特に地方自治体の場合。ふるさと創生)

電力、ガスなど公益企業や公的金融機関などの政府関係機関も同様
規制された業界も同様(金融)

労働組合、土建業者


わが国では、政治家や政党に対する庶民感情はあまり良いものではない

有権者の不信感、信頼できない政治家の編成する予算には無駄が多いと評価

有権者の価値観の多様化、格差拡大

有権者の政府をみる目、歳出に対する評価が分かれてきた

中位の選好を持つ人の好みに合わせる(テレビの視聴率と同様)

議員定数の不均衡、大多数の平均的な有権者の意向が実際の政府の使い道に反映されないと、歳出に無駄が多くなる。

公共サービスの場合、受益者負担の原則が働かない

ケーススタディ(中越沖地震における東京電力柏崎原発の安全性)

建設時によりコストをかけて耐震対策をやっておくべきだったとの指摘
コスト意識が欠如して、過剰な安全対策を世論は要求しがち
無駄な設備投資は最終的に消費者あるいは納税者に回ってくる


無駄の典型例→会計監査院の調査結果(2006年度の決算検査報告では総額310億円)
会計監査院の指摘した事項は確かに是正すべきであるが、この総額は数百億円の規模でしかない

絶対的な無駄=公共サービスの質を劣化させないで削減できる歳出
       (過剰な公務員の福利厚生費用、民間給与を超える公務員の
        給与上乗せ分、公共事業の談合による上乗せ費用部分、不
        適正な会計処理により経費が割高になった部分)
      
      =歳出それ自体の便益がマイナスであるもの
       (それ自体が地域住民にマイナスをもたらすような公共事
        業)  

相対的な無駄=公共サービスの便益が、その財源調達費用(コスト)よりも
       小さい場合
       (多額の建設費用の割にあまり便益を生まない公共事業、医
        療における過剰な検査・薬漬け、裕福な高齢者への公的年
        金給付、豊かな地域や人への補助金)

絶対的な無駄を削減することで、得をする国民はいても損をする国民はいない
相対的な無駄の場合、歳出を削減すること自体で痛みを感じる国民が出てくる

多くの国民に痛みを感じることなく、節約の果実を国民全体で共有することは可能。しかしそれには単に無駄を削減するだけでは不十分であり、適切な所得再分配政策を同時に実施する必要がある。これが現実には困難。

本書では、利害関係者の利得を便益として考慮していない。

歳出本来の目的は、利害関係者の利得を増加させることではなく、ある公共サービスを提供することだから

結果としての無駄=事前には必要な歳出が事後的に不必要になる場合
         (大地震、台風、テロなどの備えとして準備した非常用
          の食糧備蓄、公共事業、治安対策)
→その客観的な評価が困難であるから、過剰に支出される傾向もある







井堀利宏『「歳出の無駄」の研究』(日本経済新聞出版社、2008年)

第一章 政府の無駄とは何か
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/27-8deecd67
    この記事へのトラックバック



    fx