東京電力はなぜ「関東電力」ではないのか? - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

東京電力はなぜ「関東電力」ではないのか?

2011年04月20日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。


私の履歴書─昭和の経営者群像〈2〉


木川田一隆のお話の続きです。


紆余曲折を経て、昭和26年5月1日、
「東京電力」がスタートしました。

営業部長として木川田は奮闘します。


しかし、一年もしないうちに
新会長がアメリカ大使に任命されるなどして、
東電内では人事の混乱が起きました。

木川田は、組合との闘い、電力再編成を経て、
スポーツで鍛えた体とはいえ、
心身ともに疲れ切っており、

このころから仕事の合間を見ては
会社の別室にしつらえたベッドにもぐりこんでいたのだそうです。

休養は許されない時とがんばっていましたが、
心身をあまりにも酷使したため、
循環系統に故障を生じ、週二回銀座の教文館に通い詰めます。

健康回復には二年かかったそうです。




ところで、「東京電力」の名前は
なぜついたのか?

この電力再編準備の終わりごろ、
社名をどうするかの議論があったそうです。

関東配電内部では

「東京電力」



「関東電力」

がほとんど伯仲していたそうです。


木川田も決定には迷ったそうですが、
ふと気づいて準備室の幹部連中に、

「関東と東京と、どっちが大きいと思うか」

と妙な質問を出してみたのだそうです。


すると、岡氏(のちに常務)が



「東京」という名は世界中に知られているが、
「関東」という名を知っている人はまずないだろう



と発言したそうです。おもしろい話です。



そして、昭和36年木川田は東京電力の社長に就任します。


電力事業は戦後間もなくのころとはちがい、
高度経済成長期を迎え日本が発展すると、近代産業に発展しました。


単なる「アカリ」ではなく、
高度の社会性と公益性をもつものとなったのでした。

木川田は「企業の社会的責任を果たすこと」の重要性を説いていました。


この昭和45年の段階で
企業の社会的責任について唱える人は少なかったのではないでしょうか。


このころの木川田の悩みは、「公害」でした。

研究と対策に力を入れていたものの、
なかなかむずかしい問題で、
無公害をめざす努力をしていたようです。


そしてエネルギー革命は、
大火力時代から原子力時代へと移行していきます。

量的な需要が急増し、将来に支障がないよう、
電源や流通部門の拡充に計画を進めていきました。


──────────────────────────
【引用ここから】


第三の火といわれる原子力発電については、つとに研究と慎重な準備を進め、
さきに福島県地元の理解の下に双葉郡大熊、双葉両町に
当社最初の原子力発電所四十六万キロワットを建設していたが、
この秋(渡辺注:昭和45年)には完成の見込みである。

近くの第二地点にも計画の手を延べている。

そして将来は一大原子力発電センターとして
地方開発にも裨益したいものである。

(中略)

東電管内の需要の増加は年々一四%を超す有様で、
ニューヨークの重なる大停電により都市機能が一時マヒ状態に陥ったことを思うと慄然とする。

安定供給のための供給力拡充の先見的な努力に対して
大方のご理解とご協力を熱望してやまない次第である。


【引用ここまで】
──────────────────────────


今回の東日本大震災に伴う福島原発の事故は、
私にとっても、そしてきっと多くのみなさんにとっても、
原子力に対する考え方を
大きく変えさせるきっかけとなったことでしょう。


原子力に対するリスクをしっかりと認識し、
最悪の事態を想定していたのかどうか、
再検討しなければならないと思います。




一方でこの結果は、
私たちの電力需要に応えてきた結果である
ともいえるでしょう。

問題解決は容易ではありませんが、
一つの答えを木川田の考え方から見つけ出すことができるのではないかと思いました。


──────────────────────────
【引用ここから】


技術革新を軸とする経済発展が、あまりに急激なため
かえって人間の真の幸福が阻害されるので、

人間尊重の立場から、機械文明や技術中心の経済発展を、
あらためて見直すべき


【引用ここまで】
──────────────────────────



木川田の趣味は「釣り」だったそうです。

そして花木を愛でて、鳥のさえずりに耳を傾けるのが好きだったのだそうです。


美しい花や木が横たわり、
またたくさんの鳥がさえずる土地として

福島に再び静かな時が戻ることを心より祈ります。









私の履歴書─昭和の経営者群像〈2〉









関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/264-8766cb29
    この記事へのトラックバック



    fx