木川田一隆(東京電力社長)―昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

木川田一隆(東京電力社長)―昭和時代の私の履歴書

2011年04月19日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。


私の履歴書─昭和の経営者群像〈2〉


木川田一隆は、昭和期の経営者・財界人。
元経済同友会代表幹事(1960年~1962年(複数代表幹事制)、1963年~1975年)。

「企業の社会的責任」を唱導した、哲人的財界人として名を残している。


明治32年福島県生まれ。
大正15年東大卒、東京電燈へ。
昭和17年関東配電。20年労務部長。
26年東京電力取締役から累進、36年社長。
46年会長。38年経済同友会代表幹事。
財界のオピニオンリーダー。
52年3月4日死去。


「私の履歴書」は昭和45年1月に連載している。


木川田一隆は、明治32年8月23日、
福島県梁川の医者の三男坊として生まれる。
父は仙台藩士の出、母は神官の娘だったそうです。

「福島出身の東京電力社長」という、

福島原発が世界的にも注目を集めている、
いまこの時に読んでみると、

何ともタイムリーな人物で、
興味深く読み進めました。

そして旧制角田中学校出身。




「私の履歴書」を読んでいくと、
それぞれの人生のなかでいつごろの出来事が
その人にとって重要だったのか、

ということがよくわかります。

井上貞治郎の履歴書は極端に
前半生がものすごかったわけですが、

木川田一隆の場合は、
社会人になってからの記述がほとんどで、
これは相当働くビジネスマンだったのだろうなと推測します。


学生時代の話などわずかの記述なんですが、
河合栄次郎の影響を受けたということが書かれています。


河合栄次郎という学者は、社会思想家でもあり、
自由主義者でした。

そしてファシズム批判・軍部批判をしながら、
共産主義・社会主義とも対立するものでした。

木川田は河合栄次郎に心酔していましたが、
これは当時の危険思想であって、

東京電燈は木川田入社の時からはじめて
一般公募の採用を実施したそうですが、
当初は警戒されたようです。


そして木川田は採用され、入社すると、
自分は一つの部分品でしかなかったということに気づきます。

朝から晩まで、電気料金を計算機で数える日々。


――――――――――――――――――――――――――
【引用ここから】


だれも学校を卒業して企業の中にはいれば、最初に手がけるのは、
きわめて簡単な部分的な仕事であるのは、もちろん当然だろう。

だいたいは、そこであたえられた仕事を、
言われた通りに、千篇一律なものとして行っていれば、
一応の責任は果たしていることになるだろう。

しかし、それでは、ただそれだけで、
人間的にも、仕事の方もそこをどのようにして
突っ切るかについて思い悩んだものである。

自分がのちのち全体と個の調和ということに
思いをいだいたのも、その結果であった。


【引用ここまで】
――――――――――――――――――――――――――


木川田は入社後、
調査、文書、企画、秘書系の仕事をこなしていきます。

しかし昭和11年駒込営業所長に。
初めての現場になりました。
昭和13年には浅草営業所へ。


浅草は盗電も激しく、
料金を集めに行くと日本刀を抜いて

「とれるものならとってみろ」

とすごみをきかされるような土地柄。

そんな土地柄で木川田は、営業成績を立て直します。



そして戦争も終わると、
会社は労働組合の激しい攻勢を受けます。

木川田はこのころ労務部長として対応。

戦争中、職場を死守し、
会社のためには命を捧げると誓った人々が、

今度は赤旗を振り回し、社長や役員を睥睨して
自己批判をさせるようなことになります。

つらを洗って出なおしてこい!
と怒鳴られるのは日常のこと。

ある支店長は、非民主的と呼ばれて、
組合幹部の前に土下座して謝らされるということが
随所で起こります。

そして争議のたびごとに、
電源ストや一般停電ストになったので、
世の顰蹙を買います。


すると組合員の間にも変化がみられ、

われわれ組織労働者のほかに
数千万人に及ぶ一般市民の幸福を忘れてはならない、

と組合が分離します。

労使関係には新しい明るい秩序が生まれてきたのでした。



戦後の電力は、九会社に再編成されますが、
その過程に木川田も深くかかわっていました。

組合は全国一社化の要求、
技術者の中でも効率化の観点から一社化に賛成する人もありました。



木川田は、


人間の創意工夫を発揮するためには、民有民営の競争的な自由企業とすること

電源部門と配電部門を分割する現状は、責任経営上面白くないので、
これを縦の一貫経営に改めること

全国一社は、需要家に対する行き届いたサービスを提供する上から不都合なので、
適当に地域的に分割すべきこと


と考えていたそうです。



昭和の初めの電力業界は、各社が乱立し、
会社側も危機を切り抜けるために、
年々社員の人員整理を容赦なく行う状態。

弱肉強食の時代であり、
なおかつ政権交代のたびごとに
電力政策が逆転し、電力供給の許認可さえ変わってしまったのだとか。


「電力の鬼」と呼ばれた、松永安左エ門と意見調整し奮闘の末、

ついに昭和25年ポツダム政令が出され、
九電力体制が確立したのでした。


会社の合併を経験してきた木川田は、以下のように述べています。



――――――――――――――――――――――――――
【引用ここから】


寄り合い所帯の調和の道は、平凡のことだが、
人材をよく観察し、誠実の人をポイント、ポイントに据えて、
信をその人に置くしかないことを知っていた。

人の和は言うごとく容易ではない。

時間をかけて、いろいろ調和に気を配っているうちに、
おのずと良貨と悪貨とはけじめがつき、一般も融合に向かうものである。


【引用ここまで】
――――――――――――――――――――――――――


こうして、昭和26年5月1日、
「東京電力」がスタートしました。








私の履歴書─昭和の経営者群像〈2〉









関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/263-9bda334b
    この記事へのトラックバック



    fx