死んでしまおうなんて悩んだりしたわ - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

死んでしまおうなんて悩んだりしたわ

2019年05月05日 23:13

74c9737078e6f53f12f08595e4de519e_s.jpg


今日はこどもの日ということで、
広瀬川ではたくさんのこいのぼりが泳ぎ、

さわやかな青空のもと、
たくさんの子供たちが笑顔で走り回っています。


私の子供たちは吹奏楽部で連休中も学校に行っていて、
政治家並みに忙しいため、
夜にゆっくり話すぐらいしかできませんが、

この連休、夜は十年以上前の幼いころのビデオを見て、
目を細めて過ごしています。


どんな人も赤ちゃんのときは、
たくさんの人にかわいがられたことと思います。

だんだん大きくなって自分の足で歩けるようになったり、
自我が芽生え自分の意見を言えるようになると、
大人と対等になって生意気になってくるわけですが、

やはり親からしてみると、
いくつになっても子供はかわいいものです。


しかしちいさな子供も大人になっていくと、
だんだん世の中へ出ていくので、

つらいこと、苦しいこと、
悲しいことがふりかかってきます。

親に守られて生きていたころから比べれば、
自分で人生を決めることができるようになりますが、
風雨にさらされることも多くなってきます。


まして政治の道を志し選挙に出たり、
自分の好きなことを実現したいと会社を起こしたりすることは、
強力な台風の中へ一人裸で進んでいくようなもので、たいへんですね。


思い出してみると、
私も失業し、震災に遭い、選挙に落選した後は、
必死にいろいろなことをやっていました。


落選直後などは意外と多くの方がまわりにいたり、
声をかけてくださる方がいてくださりありがたいのですが、

しばらくすると孤独になる時が訪れます。

つらいことが続いておきたり、
もうダメだと思うことも何度もありました。


いまこのメルマガを読んでいる方の中には、
いまがそんなつらいときだという方もいらっしゃるかもしれませんね。



島倉千代子の歌に「人生いろいろ」という歌がありました。

「死んでしまおうなんて悩んだりしたわ」
「自分ばかりをせめて泣いてすごしたわ」

島倉千代子さんご自身も、
結婚生活に失敗したり、
だまされて巨額の借金を背負ったり、
大変な人生であったと言われています。

この歌自体がご自身の人生を描いていたんですね。


人生はいろいろ、
いいときもあれば悪いときもあり、
悪いときがあれば後はよいときが続きます。

そう考えると、
つらいとき、人生のどん底のときに、
自ら命を絶ってしまうのはもったいないことでもありますね。


できるだけ長く生きて、
苦しみも悲しみも経験すれば、
必ず喜びや楽しい人生を経験できる。

いま人生最大の苦しみや辛さを経験している方がいらっしゃるとすれば、
これから大チャンス。

これから楽しいことや喜びの人生がひたすら続く。
そう思います。



私は、落選中の四年間は、
いろいろな経験をしましたが、
そのなかでも生きていく原動力になったのは
たくさんの方の笑顔でした。


私は、この落選中に、
時間があったこともあり、
たくさんの仲間の選挙の応援に行きました。

魅力的な候補者が多く、
選挙の応援の最後に、
当選の瞬間に立ち会うことが多かったのですが、

どの候補者の選挙事務所でも、
当選が決まった瞬間というのは、

たくさんの支援者の方がすばらしい笑顔で
よろこんでいらっしゃって、
何とも言えないステキな空間が生まれます。


そこで自分が落選したときのことを思い出し、

一生懸命自分を応援してくれたみんながみんな、
心から悔しい顔をし、つらそうな顔をし、
何とも言えない気まずい空間が生まれたことを、

仲間が当選した瞬間の、
支援者の方々のすばらしい笑顔を見て
毎回思い出したのでした。


「次の選挙では自分を応援してくれているみんなに必ずよろこんでもらう」

笑顔をつくることを一つの目標にしたのでした。


四年後、その目標は実現できました。
ほんとうに素晴らしい瞬間を経験できました。

自分はもうダメだと思ったところから、
あきらめないでよかったと、
みんなの笑顔を見ることができてよかったと思いました。



どん底をいま見ている人がいても、
人生を棄ててはいけません。

どんな形であれ、必ず笑顔の瞬間がきます。


むしろ「もうダメだ」という経験をした人の方が、
素晴らしい笑顔の瞬間をつくることができるはずです。



まもなく10連休も明けて通常の生活が始まります。

5月は絶好調で進むぞという人もいれば、
もうダメだという状況が
連休明けから始まる人もいることでしょう。


ときに逃げることも大事ですし、
新しい道を模索することもよいと思います。

しかしどの道を進もうと、
「人生いろいろ」という前提で、

山あり谷ありの人生を楽しんでいくということが
大事なのだと思うところです。

今後の私の人生も、
さらに大きな山あり谷ありになることでしょう。

楽しみですね。

関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2626-27f7a30a
    この記事へのトラックバック



    fx