GWに読むオススメの本その2ー平成31年版 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

GWに読むオススメの本その2ー平成31年版

2019年04月17日 22:47

ゴールデンウィークがはじまります。
みなさんはどのように過ごされますでしょうか。

ふだんは分単位の予定を刻み、
ビジネスに追われている方も、
少し余裕ができることでしょう。

こんな時にわずかの細切れ時間を使って、
読書をし、五月以降の自分の糧をつくっておくことは大事なことと思います。



このメルマガでは毎年恒例のことですが、

お休みの合間に私渡辺が読んでみようかなと思っている本、
積ん読になっている本、すでに読んでいる本、
そして周囲からおすすめされている本を、
複数回にわたってお伝えしようと思います。

この中から早速Amazonや近所の書店などで購入していただき
ゴールデンウィーク期間中に英知を養っていただければ幸いです。


今年は特に平成から令和にかけての10連休ということですので、
ぜひここから一冊でも読書にあててみてはいかがでしょうか。



【1、デービッド アトキンソン『日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義』】

政策立案の前提となる考え方を、
この主張に合わせると今までとは違う解決手法も
見えてくるのではないかと感じています。

人口減少、高齢化はおなじみのキーワードですが、
本書からはやはりわが国に大きな変化が
なければならないということも感じさせられます。



────────────────────────────────────
【引用ここから】


「日本人の優秀さ」こそ、この国の宝だ──。

日本在住30年、元ゴールドマン・サックス「伝説のアナリスト」
日本文化に精通する「国宝の守り人」、日本を愛するイギリス人だから書けた!

外国人エコノミスト118人の英知を結集して示す、日本人の未来
「人口減少×高齢化」というパラダイムシフトに打ち勝つ7つの生存戦略とは。

■筆者からのコメント■
日本に拠点を移してから30年、さまざまな出来事を目の当たりにしてきました。
経済の低迷、それにともなう子どもの貧困、地方の疲弊、文化の衰退
──見るに耐えなかったというのが、正直な気持ちです。

厚かましいと言われても、大好きな日本を何とかしたい。

これが私の偽らざる本心で、本書に込めた願いです。
世界的に見て、日本人はきわめて優秀です。
すべての日本人が「日本人の勝算」に気づき、
行動を開始することを願って止みません。
──デービッド・アトキンソン

■主要目次■
第1章 人口減少を直視せよ──今という「最後のチャンス」を逃すな
第2章 資本主義をアップデートせよ──「高付加価値・高所得経済」への転換
第3章 海外市場を目指せ──日本は「輸出できるもの」の宝庫だ
第4章 企業規模を拡大せよ──「日本人の底力」は大企業でこそ生きる
第5章 最低賃金を引き上げよ──「正当な評価」は人を動かす
第6章 生産性を高めよ──日本は「賃上げショック」で生まれ変わる
第7章 人材育成トレーニングを「強制」せよ──「大人の学び」は制度で増やせる

内容(「BOOK」データベースより)
在日30年、日本を愛する伝説のアナリスト×外国人エコノミスト118人だから書けた!大変革時代の生存戦略。


【引用ここまで】
────────────────────────────────────







【2、田所 雅之『入門 起業の科学』】

起業するというととてつもないハードルがあるように見えますし、
実際困難の連続なのですが、

しかし成功の必勝パターンのようなものもないわけではありません
こうした法則を科学的に示しているのが本書であり、

これから起業したい、
あるいは起業したばかりという方にはぜひ読んでほしいと思う書籍です。


────────────────────────────────────
【引用ここから】


起業・新規事業のバイブル『起業の科学』の著者が教える
これから「ゼロイチ」を目指す人のための入門書。

「おっ、これはわかりやすくなった! 」
──『1分で話せ』著者・伊藤羊一氏 推薦! 

2017年秋刊行の『起業の科学 スタートアップサイエンス』は、
異色のロング&ベストセラーとなりました。
起業家の熱烈な支持を得て累計5万部突破。
大企業や官公庁でも続々採用。新しいバイブルとして定着しています。

そのエッセンスをコンパクトに凝縮したのが本書。
「起業が成功に至るプロセス」の全体像が、
すっきり素早く頭に入ります。

ボリュームたっぷりのオリジナル版は、
実際に起業した人が「いま悩んでいること」について、
辞書的に調べるのには好適ですが、1冊を読み通して
起業の全体像を俯瞰するのは大変だったかもしれません。

本書では、
これから起業したい人、新規事業を立ち上げたい人に、
「この先に待ち受ける課題と解決策」の全体像をお伝えすることで
起業への不安を解消し、
起業へのモチベーションを高めることを目指しました。

「ゼロからイチ」を生み出せる人になりたい──。
そう感じたとき、ぜひ手にとってください。

【主な内容】
■STEP 0:「成功に至るプロセス」を理解する
■STEP1:アイデアを検証する
1-1 良いアイデアとは?
1-2 スタートアップが持つべきアイデアのメタ原則
1-3 アイデアの検証
1-4 プランAの策定
■STEP2:課題の質を上げる
2-1 課題仮説の構築
2-2 前提条件の洗い出し
2-3 課題から前提の検証
■STEP3:ソリューションの検証
3-1 UXを紙1枚に
3-2 プロトタイプの作成
3-3 プロトタイプの検証
■STEP4:人が欲しがるものを作る
4-1 MVPの構築
4-2 MVPを市場へ
4-3 MVPの評価測定
4-4 新たなスプリント
4-5 UXの改善
4-6 ピボット

【オリジナル版『起業の科学』との違い】
・専門用語を必要最低限に絞り、わかりやすくしました。
・スタートアップの成否を分ける最大のハードル、
「PMF」(プロダクト・マーケット・フィット)の達成までに内容を絞り、
丁寧に解説しました。
・PMF達成までの全体像がさっと頭に入る、導入編「STEP 0」を用意しました。
・PMF達成の過程を4ステップ39のチェックポイントに分けて時系列で整理。
・1つのチェックポイントは各4~6ページの見開き単位。
少しずつ読み進められます。
・チェックポイントごとに、要点を3カ条で整理。
そこを読むだけでも学びがあります。
・オリジナル版より一回り小さい、A5判サイズで持ち歩きやすくなりました。
・電子書籍版は、スマホなど小型端末でも読みやすい「リフロー型」です

内容(「BOOK」データベースより)
起業・新規事業の「成功/失敗」を分けるのは
たった1つのハードルを超えられるか否か─。
成功に至るまでのプロセスは長いが、そこには型があり、
型を知れば失敗は潰せる。
成功の型を、4ステップ、39のチェックポイントに、因数分解したのが本書。
長い道のりを、最初に概観すれば、失敗の99%は潰せる。
だから、やりきる自信と勇気が湧いてくる。


【引用ここまで】
────────────────────────────────────




【3、レイ・ダリオ著、斎藤 聖美訳 『PRINCIPLES(プリンシプルズ) 人生と仕事の原則』】

592ページとボリューミー、4320円と高価ですが、
内容も濃い本です。

世界最大のヘッジファンドの創業者が、
どのような視点をもって人生と仕事に取り組んできたのか。



────────────────────────────────────
【引用ここから】


全世界100万部突破! 
世界最大のヘッジファンド、ブリッジウォーター・アソシエイツ創業者が、
独自の哲学をすべて明かす。

私はいま、自分の成功よりも、
他人の成功を手伝いたいと思う人生のステージに来た。
これから、私の人生に役立った
「原則」をお教えしよう。

世界最大のヘッジファンド、ブリッジウォーター・アソシエイツの創業者であり、
世界の経済界が注目する偉大なる投資家が「人生と仕事の原則」を明かす。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★

イントロダクション

私の考えを伝える前に、私は、知っているべきことに比べたら
知らないことばかりの「馬鹿なヤツ」だということをはっきり言っておこう。
人生で成功と言えることがあったとしたら、
私が何かを知っていたからというよりも、
知らないことにどう対応するかを知っていたからだ。
私が学んだいちばん重要なことは、
いくつかの原則(Principles)に基づいて人生にアプローチすることだ。
それは、何が事実で、それをどうするかを知るのに役立った。

これから、この原則をお伝えしていこう。
それは、自分がもっと成功するよりも他人の成功をお手伝いしたいと思う
人生のステージにきたからだ。
この原則は私や周りの人の役に大いに立った。だからあなたに伝えたい。
ほんとうに原則が役に立つか、役に立つとしてどう使うか、
すべてはあなたが決めることだ。
原則は、人生で望むことを手に入れるための
基本的な行動に役立つ基本的な事実だ。
同様の状況下であれば、何度も繰り返し目標達成のために使うことができる。

毎日、対応しなければならないことが嵐のようにやってくる。
原則がなければ、人生でぶち当たるすべてのことに、
初めて遭遇する経験であるかのように、いちいち対応せざるを得なくなる。
そうする代わりに、状況をタイプ分けして、
それらに対応する原則を持っていれば、もっとよい判断をもっと早くできる。
その結果、もっとよい人生が送れる。
よい原則のパッケージを持つのは、成功のレシピを持っているようなものだ。
成功した人はみな彼らを成功に導いた原則を持っている。
何に成功したいと思うかは、じつにさまざまだから、原則もさまざまだ。

原則に基づくというのは、明確に説明できる原則を使って、一貫して動くことだ。
残念ながらそうできない人が多い。
また、原則を書き出して、人に伝えようという人は稀だ。
これはまったく残念だ。
アルバート・アインシュタイン、スティーブ・ジョブズ、
ウィンストン・チャーチル、レオナルド・ダ・ヴィンチなどが、
どのような原則に導かれていたのか知りたいものだ。
そうすれば、彼らが何を求めていたのか、
どのように達成したのかをよく理解できただろう。
そして、異なるアプローチを比較することができたのに。
政治家がどんな原則をもっとも重視しているのかがわかれば、
投票するのに役立つ。
私に影響を与える決定をする人すべての原則を知りたい。
家族、コミュニティ、国家、そして世界各国の友人たち、
みんなを結び付ける共通の原則を私たちは持っているだろうか?
あるいは、私たちを分裂させるような対立する原則を持っているのか?
それは何か? 具体的に言おう。
原則をはっきりさせるのが今はとりわけ重要なときだ。

本書を読んであなたがベストと思う原則を見つけ、できれば書き留めてほしい。
そうすれば、原則を明確にでき、相互理解が深まるだろう。
より多くの経験を重ねじっくり考えていけば、
原則に磨きをかけていくことができる。
それはよりよい決断をするのに役立ち、
あなたはよりよく理解してもらえるようになるだろう。


自分自身の原則を持つ

私たちはさまざまな形で原則にたどりつく。
自分自身の経験や反省から。
あるいは両親のような周りの人の原則を受け入れることもある。
宗教や法体系のような総合的パッケージを適用することもある。

私たちは誰しも自分の目標を持ち、異なる性格を持つから、
それに合った自分自身の原則を選ばなくてはいけない。
他の人の原則を使うのは必ずしも悪いことではない。
だが、深く考えずに使うと、
自分の目標や性格にそぐわない行動となるリスクがある。
同時に、あなたも私と同様、知るべきことすべてを知ってはいないだろう。
その事実を受け入れるほうが賢いというものだ。
オープンに、冷静に、何をするのが自分にとってベストかと自分の頭で考え、
それを実行する勇気を持てるのなら、
あなたは人生を最大限謳歌することができるだろう。
それができないのなら、それはなぜかを考えよう。
人生で望むものを手に入れようとするときに大きな障害となる可能性があるからだ。

そこで、私の最初の原則となる。


●自分で考え、
1)何を望んでいるのか
2)何が事実か
3)2 に照らし合わせて1 を達成するには何をすべきか、
決めよう


それを謙虚に、オープンな気持ちで行おう。
そうすれば可能な限りベストな考えを得られる。
原則を明確にすることは重要だ。
原則は1 日に何度も生活のあらゆる局面で影響を与えるからだ。
新たな人間関係を築くとき、どう付き合うかは、
あなたの原則とその人の原則で決まる。
価値観と原則が同じであれば、仲良くやっていける。
さもなければ、つねに誤解と衝突に悩まされる関係になる。
身の回りの人を考えてみよう。価値観は同じか?
そもそもその人の価値観や原則を知っているか?
人との付き合いでは、相手の原則がはっきりしないことが多い。
これは組織においては問題だ。
成功するためには、同じ原則を共有する必要があるからだ。
だから、本書の文章1 つひとつで私の原則が明確になるように努力した。

どのような原則を選ぼうとかまわない。それが本物であれば。
つまり、あなたのほんとうの性格と価値観を反映していればということだ。
人生では山のような選択をしなければならない。
自分の原則に照らし合わせて選択するだろうから、
あなたはどのような原則に基づいて行動するかを
周りの人はすぐにわかるようになる。最悪なのはまやかしだ。
まやかしだったら人の信頼を失い、あなたも自尊心を失うことになる。
だから原則を明確にし、「言行一致」させねばならない。
整合性に欠けることがあれば、説明すべきだが、それを書き留めるのがいい。
そうすれば、自分の書いた原則に磨きをかけることができる。

私自身の原則をこれから伝えていくが、よく考えもせずにそれに従わないでほしい。
それははっきりしておきたい。
1 つひとつ疑問を抱き、それから選んでいってほしい。
そうすればぴったりの原則を得られるはずだ。


内容(「BOOK」データベースより)
大成功に導いた「人生と仕事の原則」。
世界最大のヘッジファンド、ブリッジウォーター・アソシエイツ創業者が独自の哲学をすべて明かす。


【引用ここまで】
────────────────────────────────────



おもしろそうな本がいっぱいあります。

オススメの本がありましたら、
ぜひみなさん教えてください。

明日以降に続けます。



関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2615-474ee9ce
    この記事へのトラックバック



    fx