宮城県議会自民会派で県外調査─愛知県、京都市、大阪府 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

宮城県議会自民会派で県外調査─愛知県、京都市、大阪府

2019年04月12日 23:05

宮城県議会の自由民主党・県民会議で、
県外の先進事例等調査視察に行ってまいりました。

私は途中合流という形で完全参加はできなかったのですが、
一部について政策形成のヒントにもなりますので、
皆さんにシェアしたいと思います。


●あいち産業科学技術総合センター(愛知県豊田市)

愛知県豊田市にある「知の拠点あいち」では、
付加価値の高いモノづくり技術の研究開発拠点として、

あいち産業科学技術総合センター
あいちシンクロトロン光センター
新エネルギー実証研究エリア

からなる施設です。

特に、宮城県においては仙台市の東北大青葉山新キャンパスにおいて、
国内初となる次世代型放射光施設の運用を令和5年より開始する予定です。

「知の拠点あいち」では学術研究というよりも、
地の利を生かした自動車産業を中心とした、
様々なモノづくりのためにこうした高度技術が役に立っているようです。


近年、ものづくりのレベルも高度化し、
こうした最先端の施設を大学や大企業だけではなく、
中小企業も利用することによって、
表面分析、成分分析、構造解析、試作造形など、
多様なニーズに安価に応えられるようになっているそうです。


次世代放射光施設もそうですが、
中小企業がこうした最先端の技術を利用することで、
新たなモノづくりの展開、
大学の研究などのシーズをビジネスにしていくことができるのだと思います。


実際にここでは、

介護医療コンシェルジュロボットの研究開発など、
「次世代ロボット社会形成技術開発プロジェクト」、

燃料電池フォークリフト用充填装置と水素製造触媒装置の開発など、
「近未来水素エネルギー社会形成技術開発プロジェクト」、

シンクロトロン光の清酒製造プロセスへの活用など、
「モノづくりを支える先進材料・加工技術開発プロジェクト」などなど

種々のイノベーション創出が起こっています。


村井県政が始まって以来、
宮城県で自動車産業などモノづくりが大きくなってきています。

このよい流れをさらに進め、
イノベーションを起し続けるためには、
東北大などの研究成果、こうした高度な施設を利用して、
中小企業の発展につなげていきたいものです。



●デンソー本社(愛知県刈谷市)

デンソーは、自動車部品の世界シェア第1位という、
日本のみならず世界を代表する企業です。

前身はトヨタ自動車の開発部門であり、
現在もトヨタグループに属しており、
売上高は年間5兆円。

自動車やバスのエアコンシステム、トラック用冷凍機、ラジエータ、
エンジン関連製品、油圧制御バルブ、
ハイブリッド車、電気自動車の駆動・電源システム、
ワイパシステム、パワーウインドウモーター、
コックピット製品、産業用ロボット、農業生産向け機器・クラウドサービスなどなど、
多岐にわたります。

過去には携帯電話端末なども生産していましたが、
超大企業と言えると思います。

多くの製品を世の中に送り出している企業ですが、
東日本大震災後の復興支援にも大きな力をいただいています。




宮城の子供たちはじめたくさんの支援をいただきましたが、
有難く感じるとともに社員の方々にとっても有意義な活動であるとも感じられました。

あらためて感謝です。



●京都市役所(宿泊税政策)

京都市では平成29年11月に宿泊税の導入が議会で条例可決されました。
インバウンドはじめ京都を訪れる観光客の増加により、
受入れ環境整備や交通渋滞対策などの課題が生じていました。

これを受け、宿泊者から2万円未満の宿泊料金の場合200円を徴収し、
平成30年度は19億円、平成31年度は42億円を以下の事業に充てているとのことです。

混雑対策・分散化、民泊対策、宿泊事業者支援・宿泊観光推進、
受入環境整備、国内外への情報発信、
京都ならではの文化振興・美しい景観の保全


宿泊税は、東京都や大阪府も導入していますが、
京都市の場合は渋滞などの課題を踏まえて、
有識者会議や宿泊事業者、商工会議所も、
観光客のさらなる呼び込みにつながる使途であれば賛成ということで、
街をあげての後押しがあったようです。

徴収対象と使途の関係、受益と負担の関係をよく考えていかなければならないと感じたところです。



●大阪府津波・高潮ステーション(大阪市西区)



大阪は海抜0メートル地帯が多く、

この地表の高さが満潮時の平均海水面よりも低い土地に住む人口は、
約108万人なのだそうです。

仙台市の人口ぐらいあります。

大阪では昭和初期から工業用水として多量の地下水を汲み上げたため、
地盤沈下が起こり深刻な問題に。

そして防潮堤が、
海水面より低い住居地域を守っています。

昔から大阪では高潮の被害が多いそうで、
室戸台風やジェーン台風では人的被害が大きかったとのこと、
水との戦いが歴史的にあるのだそうです。


また、津波災害体感シアター(ダイナキューブ)もあり、
実際に大阪で津波が発生したらどうなるかを体感できる施設でした。

大阪市浪速区の大正橋のたもとにある
石碑のレプリカも設置されており、

安政南海地震の翌年(1855年)に建てられたこの石碑は、
148年前の宝永南海地震の教訓を活かせずに多くの犠牲を出した悔しさとともに、
教訓を活かすことの大切さを伝えています。


東日本大震災の教訓を全国で生かしていくとともに、
次の世代にどう伝えていくかということは、
宮城県にとって大きな課題であると感じます。

人は忘れていくものですが、
どうやって後世に伝えていくか、
むずかしいことではありますが、
まずは私も子供や孫たちに伝えていかなければと思っています。

南海地震、東南海地震、東海地震は
いつ起こってもおかしくないと言われています。

あまり思い出したくない記憶でもありますが、
知見は共有し後世に伝えていかなければなりません。



────────────────────────

今回も今後の県政に生かせる情報、お話をたくさんいただきました。
インターネットでの情報収集、書籍や雑誌での情報収集も大事ですが、
本質的な部分は直接見聞しなければと今回も感じたところです。

今後の県政活動に生かしていきたいと思います。

関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2613-b3c15b4c
    この記事へのトラックバック



    fx