受験に失敗したあなたへ - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

受験に失敗したあなたへ

2019年03月25日 23:59

7a91532c933fbf03337a264b283d43cb_s.jpg


日ごとにあたたかくなり、
しかしときどき寒さが戻りまたあたたかくなり、
春の季節がやってきたなあと感じます。

私の年齢になるともう無縁なのですが、
若いころ、この時期は受験シーズンだったことを思い出します。


私は大学受験に失敗し浪人しました。
浪人が決まったときに、浪人を経験した大学生の先輩に、

「長い春休みの始まりだよ!」

と言われたことを思い出します。


そういえば、大学院受験も一度目は不合格、
政策秘書資格試験も一度目は不合格でした。

他にもいろいろ受験に失敗しましたが、
一番大変だったのは原付免許で三回失敗したことですね。

なかなか大変でした。


大学受験で浪人したことはいま思うと、
親に迷惑をかけたのだなあと感じますが、
これだけいろいろな受験に失敗すると
一つのパターンが見えてくるものです。

ちなみに県議選も一度目は落選でしたので、
まあ失敗だらけの人生とも言えます。



幾多の受験に失敗した経験から得られた知見は何かというと、
まず第一には、「失敗の分析をする」ということです。

受験に不合格、一年頑張って来年こそは!
と考えるプラス思考はもちろん大事なのですが、

志望校合格の点数に今回は何点足りず、
教科の得点バランスは平均的にどうだったのか、

単元ごとに得意不得意があったのかどうか、
自分の勉強する姿勢として科目ごとに好き嫌いがあり
好きな科目だけ勉強するようなことはなかったか、

などなど失敗の分析をするということから、
再出発することが必要です。

分析せずになんとなく落ちたと思っていると、
同じことを繰り返してしまったりするわけです。



第二には、「スケジュール管理をする」ということです。

たとえば4月から6月まで、
各科目の何を勉強するのか、
問題集なのか予備校の講義を受けるのか、
時間軸と教科を含め何をやるのか、
計画を立ててスケジュール管理をするんですね。

計画通り行っているか進捗確認も大事です。



第三には、「選択を柔軟に考える」ということです。

受験で浪人する方の中には、
この学校に入らなければ自分の人生は終わったも同然、
とまで考える方がいます。

浪人までせずとも志望校ではない学校に入学し、
「不本意入学」と考える方もいます。

これはけっこうもったいない考え方です。
学校生活を充実したものにできるかどうかは、
実際のところは「自分の考え方次第」なんですね。

校風と自分の性格は合わないとか、
学校の制服は自分には似合わないとか、
いろいろな「好み」「思い込み」が人生を苦いものにしたりするものです。


しかしご縁があって入った学校では、
実は自分の運命を左右するような出会いや学校生活が待っていたりします。

結局は自分の考え方次第なんです。


私もいま思い返すと、学生時代、
「不本意」な気持ちでいたときがあり、
そうなると必然的に周囲の人間関係もうまくいかず、
もったいない生活を送ったなあと反省です。

しかし自分の考え方を変えていった後からは、
いい意味で自分の人生を変えるような出会いがたくさん生まれたように
いま振り返ってみてそう思います。


選択を柔軟に考え、
与えられた環境をありがたく受け入れることもまた、
よりよい学生生活を送るためには必要なことだなあと思うのです。


受験の失敗から何を学ぶか。
学べない人もいれば学べる人もいます。

学べる人には新しいステージが待っているでしょう。


学生の皆さんの大健闘を心より祈念しています!


関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2605-36537045
    この記事へのトラックバック



    fx