大阪の有限会社ユウキはなぜドライアイスを寄付したのか? - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

大阪の有限会社ユウキはなぜドライアイスを寄付したのか?

2011年04月15日 12:00


ドライアイスというものは
ふだんの生活であまり使わないですね。

冷凍製品をスーパーで買って持ち帰るぐらいでしょうか。


そもそも、ドライアイス (Dry ice) は、
二酸化炭素を固体にしたもので、
水に入れると大量の白煙を出します。

見たことがある人は多いのではないでしょうか。

冷凍食品、アイスクリーム、ケーキ等の食品を腐らせないように輸送するとき
などの保冷剤として使われるのが主な用途なのだそうです。



東日本大震災から一カ月が経過し、
いろんな支援物資が続々と被災地へ届けられています。

本当にいろんな個人や企業の方々が
日本だけでなく海外からも、
熱い思いでご協力してくださっています。

私は宮城県出身ということもあり、
いろんな方からご相談いただき、
多くの企業や個人がいろいろなものを被災地へ届けていただき、
本当にありがたく思っております。



しかしドライアイスというのはちょっと頭から抜けていましたね。

大阪市にあるドライアイス会社、有限会社ユウキの社長は
なんとドライアイスを3t寄附してくださったそうです。


そしていろんな方々のご支援の結果、

もしご協力いただける方は
電話やメールで直接注文することなく、


(有)ユウキの専用振込口座に振込するだけで、
金額分のドライアイスを被災地現地に届けることができるのだそうです。


参考までに、自社便2tフル積載での輸送料等諸経費込単価は
約¥2,000/10㎏となるのだとか。




なぜドライアイスが被災地に必要なのでしょうか?

そして、ドライアイスを全国各地の方が被災地に届けてくれるのはなぜか?




こちらの有限会社ユウキのサイトをご覧いただき、ご協力いただけるとうれしいです。




合掌
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

  1. もも | URL | -

    ドライアイスが必要というのは哀しいけど大事なことですね。
    私も”ドライアイス”のこと、震災後気にしてました。

    3月中旬に見た国交省HP災害情報の中にある緊急物資輸送状況を見て衝撃を受けました。
    飲料、食料、簡易トイレなどなど生活に必要な物資にまじり、非常な数の棺、ドライアイス、防腐剤などが入っていたのです。
    当時、報道に関する限り、まだ人的被害の状況把握が(数字の上で)進んでいない状況でした
    。が、緊急物資の項目を見て、この大震災の恐ろしさが現実となって私にヒシヒシとせまったのです。
    それと同時に、今送られている緊急物資は最低限の必要なものだけれど、きっと他にも沢山必要なものが足りていないはず!
    私にも何かできることがあると思いました。

    前述、災害情報は日々更新されているので、被災地が一歩一歩前に踏み出していることが違う視点からわかります。

    …えんぴつ送ります!

  2. カツユキ | URL | -

    ももさん

    えんぴつありがとうございました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/259-174c33ad
この記事へのトラックバック



fx