宮城県議会文教警察委員会の県外調査へ行ってまいりました(愛知県、岐阜県可児市、長野県飯田市、東京都) - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 総務企画委員会副委員長。
 宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会委員。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。

宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。42歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。
平成28年 宮城県議会 保健福祉委員会 委員。 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

宮城県議会文教警察委員会の県外調査へ行ってまいりました(愛知県、岐阜県可児市、長野県飯田市、東京都)

2019年01月30日 22:58

310130 文教警察県外調査 警察大学校 


平成31年1月28日から本日1月30日までの3日間、
宮城県議会の文教警察委員会の県外調査ということで、

超党派の県議で愛知県、岐阜県可児市、長野県飯田市、東京都の
先進的取り組みについて調査に行ってまいりました。


三日間で中央道を名古屋から東京まで
バスで横断するというハードスケジュールでありましたが、
各地の先進事例を様々インプットすることができました。

今回は、教員の多忙化、主権者教育、
民俗芸能継承、警察幹部教育などのテーマで、
得るものが多くあったように感じます。

視察受け入れにご協力いただいた機関の皆様に感謝申し上げ、
今後の宮城県の政策に反映させていきたいと思います。


文教警察委員会で取り組む政策分野は、
教育と警察、わかりやすいわけですが、
住民の身近にありながらなかなか課題解決が容易でない分野であるとも感じています。

しっかり取り組んでまいります。




ーーーーーーーーーーーーーーーーー

●愛知県
「『教員の多忙化解消プラン』に基づく学校における業務改善の取組について」

●岐阜県可児市
「地域課題解決型キャリア教育の取組について」

●長野県飯田市
「南信州における民俗芸能継承のための取組と成果について」

●警察大学校(東京都府中市)
「警察大学校の概要について」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


まずは愛知県の、「教員の多忙化解消プラン」
に基づく学校における業務改善の取組について、うかがいました。


●愛知県
「『教員の多忙化解消プラン』に基づく学校における業務改善の取組について」





教育をめぐる課題は、いじめ・不登校をはじめとして、
部活動の問題など課題が山積しており、
その一つ一つを解決すべく、昨年は私も、
宮城県議会で制定したいじめ防止条例の審議に関わったり、
一般質問でも教育分野については重点的に取り組んできたところです。

しかし課題解決のための手法は市町村、
あるいは都道府県だけでできることには限界があるように最近感じているところです。

国をあげて教育の課題を根本的に変えていかなければいけない
時期に来ているのだろうと思いますし、
中教審の審議においても教育の世界に大きな変化を起そうとする動きを感じます。


そんななか、愛知県教育委員会においては、
教員の多忙化を解消するべく、4つの取組を進めているとのことでした。


1、長時間労働の是正に向けた在校時間管理の適正化
2、業務改善に向けた学校マネジメントの推進
3、部活動指導に関わる負担の軽減
4、業務改善と環境整備に向けた取組


主としてこの4点、
まず1ですが、県立学校5校でICカードと読み取り機を試行設置し、
出退勤記録の電子化をすすめ、まず正確に実態を把握する取組が進められています。

また3では、単独で指導、引率ができる「部活動指導員」の配置を実施、
県立高校12校でモデル配置、配置を希望する市町村への補助を実施しているとのこと。

部活動指導員は、教員免許を持ち、部活動指導歴のある元教員が多いとのことで、
平成30年度は1500万円の予算措置とのことでした。

また4では、県立学校3校(取組実践検証校)と県内1市町村を対象に、
民間コンサルタントを派遣、
教員の業務内容を洗い出し、学校における具体的な業務改善を推進しているとのことです。


教員の多忙化を解消するため、
愛知県では様々な取組を実施しているようです。

宮城県はもちろん各県で多忙化解消のための工夫をしていますが、
まず仕事の洗い出しをしたうえで、
必要な業務と外部委託できるものは何かを見ていくことが必要です。

気をつけなければいけないのは、
これは教員だけではなくあらゆる仕事がそうだと思うのですが、

「多忙化解消」だけが目的になってしまうと、
仕事の質が低下し本来為すべき仕事がなされず、
子供たちをめぐる問題の解決どころか事態が悪化してしまうこともあるということです。




●岐阜県可児市
「地域課題解決型キャリア教育の取組について」


可児市が進めている「地域課題解決型キャリア教育」、「主権者教育」について、
川上文浩 前可児市議会議長よりご説明をいただきました。

来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」で描かれる、
明智光秀のゆかりの地ということ、
また名古屋に近いベッドタウンということで、
勢いのあるまちという印象がありました。


可児市議会は議会改革に熱心に取り組まれており、
議会と若い世代との交流サイクルをつくっています。

また、一般質問からの委員会所管事務調査への追加、
ママさん議会からの施設への提言・要望、
議会BCPの策定、

また予算決算委員会からの当初予算に対する附帯決議から
日本初のいじめ防止条例の制定、委員会代表質問などなど、
積極的な議会の動きの中で、

可児市が抱える地方都市の悩みとして、
「若い世代の都市部流出」があったのだそうです。

そこで大人と若い世代(高校生)がつながり、
若い世代に可児市の魅力を知ってもらい、
ふるさと発展に寄与する人材育成をするため、
この地域課題解決型キャリア教育が生まれたようです。


子ども議会では小学6年生に議会体験をしてもらい、
実際に以下の四政策を示し、
財政難のなかどの事業を廃止するか意見を出し合い最後に採決を行っているのだそうです。

1、こども医療費助成の廃止
2、お年寄り向け無料バスの廃止
3、市立図書館の廃止
4、市民温水プールの廃止

小学生も真剣に議論し、4番の温水プールを廃止し、
プールは夏だけにしたらどうかと採択されたそうです。


また地元の可児高校と連携し、
若い世代の意見を聞く高校生議会も開催、

さらには地域包括支援センターと連携し、介護事例を題材に、
多職種間連携教育(IPE)を議員を交えて実施しているとのことです。

また地元医師会の協力を得て医師と議員と高校生が健康づくりをテーマに意見交換、
金融協会の協力を得て同様にまちづくりについて意見交換、
商工会議所と連携して同様に「企業が求める人材・高校生が求める企業」で意見交換をしています。


また若者の投票率がなぜ低いのかを考え、
高校生の段階でも「人を選ぶ」という経験がない、
どうやって選んだらよいのかということで、

可児高校で模擬選挙を実施、マニフェスト作成争点案の抽出に高校生が参加、
模擬選挙では候補演説会も開催、選挙公約を見ながら演説を聞き、
本物の投票箱投票用紙で模擬選挙を実施しました。


私は以前に日本JC(青年会議所)に所属していたときに、
主権者教育の事例として話をうかがったことがあり、
また全国都道府県議会議員の研修でも同様の話をうかがっていたのですが、

あらためて実際に取り組んでいる方のお話をうかがって、
これはまだ全国的に広がってはいないけれども、
重要なテーマの一つであるなと感じたところです。


政治は遠い世界のもの、
また自分には関係ないものと感じている若い世代が、
だんだん年齢を経て、
その感覚がそのままになっているのが現代であるようにも感じます。

前回の宮城県議選若林選挙区の投票率は約31%でした。
私が選ばれた選挙には有権者の3分の1しか投票をしていない、
そんな選挙でした。


若い世代が選挙に足を運び、
まちづくりに関心を持つようになれば、
そのまちはまちがいなく活性化します。

そう考えると非常に重要な取組だと感じるところです。
応用して宮城県でも生かしていきたいと思います。



●長野県飯田市
「南信州における民俗芸能継承のための取組と成果について」

南信州は民俗芸能が盛んであり、
それは日本民俗学の創始者である柳田國男が、
元飯田藩士柳田家の養嗣子にあたることもあり、

また貴重な民俗芸能が現在も多くあり「民俗芸能の宝庫」と呼ばれています。

しかし少子高齢化による後継者不足から、
民俗芸能が失われてしまうという危機感があり、

平成27年に、南信州の民俗芸能の継承団体、
市町村、広域連合、県が連携し「南信州民俗芸能継承推進協議会」を設立、
地域をあげた取組が行われています。

さらには8年後に、リニア中央新幹線の新駅が飯田市に設置されるとのことで、
名古屋まで20分、東京まで40分という現在の地政学的位置づけが激変することが予想されています。

長野・飯田が注目される土地になることは間違いありません。


行政が連携してこうした民俗芸能の継承に携わる
というのも素晴らしいと思うところですが、

さらに「南信州民俗芸能パートナー企業制度」を実施し、
こうした芸能の取組に協力し、支援いただける企業を県が登録し、

企業と芸能団体をつなぐ役割を果たしているとのことです。


宮城県内にも民俗芸能がたくさんありますが、
それを支える仕組みはちょっと弱いかなと感じます。

こうした取組は伝統文化を維持していくうえでも一つの手法ですね。




●警察大学校(東京都府中市)
「警察大学校の概要について」

最後は東京都府中市にある警察大学校を訪問。
全国の都道府県警察の幹部警察官、幹部教養の中心施設です。


サイバーセキュリティ対策、
国際化対応のための語学教育、
逮捕術、ぞれぞれの実際の講義の現場を見せていただきました。

ここは詳細をオープンにはできないところであると思いますので、
詳しくは述べませんが、
犯罪内容の変化に対応するためには、
先手を打っていくことが重要であると感じます。

制度や予算面で支援をしていくことで、
結果として住民の生命と財産の維持が図られると考えれば、
先進的な取組を警察が担っていかなければなりません。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回も密度の濃い視察調査でした。

中央高速道を名古屋から東京へということで、
行程はバス移動で体力的にはなかなかきついものがありましたが、
得られた知見は大きかったと感じます。


いずれにしても、
三日間密度の濃い活動でしたが、

宮城県に持ち帰り、
宮城県なりの政策提案をすることが私の仕事でもありますので、

今後の政治活動の糧としていきたいと思います。


お忙しいところ、
お時間をいただき視察を受け入れていただいた皆様に
あらためて感謝申し上げます。

ありがとうございました。


関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2588-1f4f545c
    この記事へのトラックバック



    fx