高知県に障害者スポーツ、文化芸術振興分野の視察調査に行ってきました!その1 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 総務企画委員会副委員長。
 宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会委員。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。

宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。42歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。
平成28年 宮城県議会 保健福祉委員会 委員。 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

高知県に障害者スポーツ、文化芸術振興分野の視察調査に行ってきました!その1

2018年11月08日 23:59

45743109_2414764155217463_5202864751775842304_n.jpg 


11月7日、8日と、
宮城県議会会派、自由民主党・県民会議の先輩議員である、
菊地恵一県議、高橋伸二県議とともに、

障害者スポーツ、文化芸術振興分野の行政調査ということで、
高知県に視察に行ってまいりました。

今日は、前半障害者スポーツ振興について、
皆さんにシェアします。



【高知県立障害者スポーツセンター】


高橋伸二県議は宮城県障害者スポーツ協会副会長、
私も協会の理事を務めているということもあり、
他県の障害者スポーツ振興の先進事例を共有し、
また抱える課題を共有するという意味でおうかがいいたしました。

指導員の北村さんに現場の課題など詳細にうかがうことができ、
参考になる話ばかりでした。

障害者スポーツの国体といわれる、

「全国障害者スポーツ大会」

は、例年皇太子殿下御臨席のもと、
今年は福井県で第18回目の大会が開催されたところです。

この全国障害者スポーツ大会、
実は第1回大会が平成13年宮城県で開催されており、
第2回大会が翌平成14年に高知県で開催されたのでした。

高知県は東西に長く、移動にも時間がかかるため、
障害者スポーツの地域格差が大きく、
センターの設置条例にも地域振興がうたわれていないため、
高知市から離れるほど
障害者がスポーツに触れる機会を提供するのが難しいとのことで、
このことは高知ほどではないにしても宮城県においても課題となることであると感じました。

センターの職員体制は限られた予算のなかで、
頑張っておられるようでしたが、
体制として今の30代が弱い部分があり、
2020年東京パラまでは障害者スポーツ振興の機運があるわけですが、
その後の継続性に不安があるのではないかとのことでした。
宮城県の障害者スポーツの世界も同様の面があるように感じます。


障害者スポーツの世界は分野によって、
またパラリンピックのレベルから
普通の障害者の方が日常スポーツを楽しむというレベルまで多種多様ですが、

指導員の方のお話では、
知的障害の方が「ゴロ卓球」に熱心に取り組まれ、
少し上達しラリーが好きになって、
バスを乗り継いでこのセンターに通ってくれるようになった、
ということがあったそうです。

また、障害者スポーツを推進するにあたり、
特に子供たちは「自信がない子が多い」とのこと、
人に見られることに抵抗感があったりもするのだそうで、

しかし少しずつスポーツに取り組むことで、
できなかったことができるようになったり、
タイムが向上することで「自信」が生まれてくるとのこと。

これは、障害者スポーツ推進のひとつの大きな価値だと私も思っていることで、
障害者・健常者に関わらず、
スポーツを通して「自信」を持つことができる、
それは自己肯定感であるのだとも思いますが、
結果として周囲との人間関係も良好になったり、
社会性も生まれてくるきっかけになるのだと思います。

スポーツで優秀な成績を上げることも大切であるとは思いますが、
それ以上に人生に豊かさをもたらしてくれるものでもあると思う次第です。


しかし課題もないわけではありません。

とくに発達障害児は18歳まで児童デイサービスを通して、
様々な支援や情報を得ることができるのですが、
社会へ出たあとの支援体制が課題であるようです。

支援学校を卒業するときに障害者スポーツの情報提供や登録をしてもらい、
課題がある子は社会福祉協議会でバックアップするなどの仕組みづくりが必要で、
一般就労した方が支援の網からもれてしまうという現状について、
大きな課題であると感じました。


また高知県では福祉教育の推進にも力を入れているとのことで、
ウィルチェアー(車いす)ラグビーで東京パラリンピックに挑む
池透暢選手が高知県出身とのことで、

前回銅メダルを獲得したリオパラより上の成績をめざし、
努力をされているそうですが、

この池選手が小中学校など学校現場に出向き、
子供たちとともにスポーツで汗を流し、
自身の体験を語っているのだそうです。

障害者スポーツを通した福祉教育の推進であり、
障害者の方々にとっても非常に意義のあることとのお話でした。


池選手は自分にも厳しく、
また車いすラグビーの選手の方々は、
体育館での練習後、自分たちで床掃除をしっかりやっているのだそうです。

こうした姿勢を障害者の人たちにもみてほしいというのが、
指導員の方のお話でした。

もちろん社会的にそして制度的にも、
障害者の方々を応援していかなければならないわけですが、

あれをくれこれをくれというのではなく、
障害を持ったからこそ社会に還元できることがあるのであって、
何ができるかを考えることだということでした。

こうした選手や指導員の方の思いが、スポーツを通して、
障害者の世界にとどまらない大きな世界をつくっていくのではないかと感じました。


私のテーマとしては障害者スポーツの指導者育成も課題でしたので
いろいろとお話をうかがうことができました。

指導者育成には職業として関わる方に
重点的に取り組むことがよいのではないかとのことで、

市町村、保健師、社協職員、民生委員など福祉関係、
スポーツ推進委員、学校の先生などに、
部分的に推薦でもよいので取っていただくのが必要であろうと。

また民間でも児童デイなどは自主的に指導員資格を取っているそうです。

課題としてはこれも地域性が偏らない仕組みづくりが大事と。


現場の障害者スポーツ指導員の方のお話は大変勉強になりましたし
高知県としての課題、宮城県としての課題のちがいも参考になりました。



ーーーーーーーーーーーーーーー

ひきつづき明日以降、文化芸術振興、
インフラ整備についての内容を皆さんにシェアしたいと思います。



関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2548-1a47cd6f
    この記事へのトラックバック



    fx