fc2ブログ

モンゴルオルレ観光政策調査に行ってまいりました-宮城オルレは10月スタート

41694383_2331387600221786_777311766869704704_n.jpg



平成30年9月10日から13日にかけて、
2泊4日の弾丸出張ということで、
宮城県議5名と宮城県観光課の職員の方とで、
モンゴル国に出張してまいりました。

なかなかハードスケジュールで体も悲鳴を上げているところですが
成果は非常にあったように感じます。



宮城県は平成30年3月、
「第4期みやぎ観光戦略プラン」を策定しました。
いま、宮城県、そして東北の経済は
観光産業が力強くけん引をし始めているところです。


特に沿岸被災地では、
観光客の数が震災前になかなか戻らず、
宮城県としても重点的に取り組んでいかなければなりません。



こうしたなかで、新たな取り組みとして、
今年10月7、8日より韓国版トレッキングコース「オルレ」の宮城版、
「宮城オルレ」が気仙沼、東松島両市に開設されます。

ここ数日、新聞等でも報道されているところです。


オルレは済州島で誕生し、
九州に波及、九州オルレは韓国や国内各地から誘客、
30万人以上が九州のコースを歩いたとされています。


さらに昨年、モンゴルにおいてもオルレ2コースが開設され、
今後さらに世界のハイカーとのネットワークが
展開される見込みです。


モンゴルオルレ1コースは全長14.5キロメートルで、
モンゴルの首都ウランバートル市周辺の道。

2コースは全長11キロメートルと、
ユネスコ世界自然遺産に指定された「テレルジ国立公園」周辺の大草原を歩いて
モンゴルの自然を体験することができます。

2つのコースを全部歩く途中に草原で馬やヤクに乗る体験ができ、
また、モンゴル遊牧民の伝統家屋である「ゲル」で
一夜を過ごしながら夜空にある星を眺めることもできるそうです。 


残念ながら私たちは、
星空も見ることはできず、
ゲルに泊まることもできませんでしたが、

弾丸ツアーでしたが、バスで数時間をかけて
テレルジ国立公園の草原コースを確認し、
今後の参考にすることができました。


モンゴルコースでは、
雨量が多いと川の流れが自然に変化してしまうので、
コース設定の目印が重要ですが、
リボンの数が足りなく、コースがわかりにくいのではないかということを感じたところです。

宮城オルレではどうなるか、
日本だからこそのきめ細やかなコース設定も重要ですね。

途中、乗っていたバスがスタックするという
アクシデントにも見舞われましたが、
なんとか無事に帰ってくることができました。



また私たちの宮城県訪問団は、
バットソフ・ウランバートル市観光庁長官との面会を実現、
宮城県、ウランバートル市と
お互いの観光政策の状況について意見交換をすると同時に、

ウランバートル市観光庁から、
10月の宮城オルレ開設にあたって2名の使節団を派遣するとの回答もいただきました。
お互いの行き来が大切であることをあらためて感じたところです。

観光政策全般に関わりますが、
インバウンドだけではなく、アウトバウンドをどうするか
ということを考えることが重要ですね。



弾丸ツアーで駆け足のモンゴル訪問でしたが、
来月からスタートする宮城オルレを契機として、
宮城県とモンゴルとの連携がさらに進んでいくと、

韓国にとどまらず、ヨーロッパ、ロシアとの足がかりが
今後できてくるのではないかと期待しているところです。



今回はモンゴルということで、
しかも弾丸ツアーでしたので
体力的には大変きつかったのですが、
おかげで合間の移動中に歴史の勉強もしていたところです。


北方健三の『チンギス紀』は実に面白かったのでオススメです。

北方謙三『チンギス紀 一 火眼 単行本』
⇒ http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4087711323/cuccakatsu-22/ref=nosim



私の今任期も来年で終わりですが、
海外調査については、
ベトナム、韓国、台湾、モンゴルをまわり、
麻生太郎副総理提唱の「自由と繁栄の弧」をなぞってきたといえます。


宮城県としては、まずこうした関係をつくることのできる近隣諸国から、
積極的に構築し、観光政策の推進、そして県産品の輸出といったところまで進めていきたいですね。


感じるところは、
やはり人間関係をそれぞれの国のキーパーソンと
作っていかなければならないというところです。

一朝一夕ではできませんが、
県職員の皆さんもここ数年、
海外のキーパーソンと地道にこうした人間関係をつくり、
宮城県を売り込んでいただいていますので、
私も後押ししながらさらに関係構築を進めていきたいと思っています。




関連記事

コメント

非公開コメント

ご支援御礼(令和元年10月)

渡辺勝幸は令和元年10月に行われた宮城県議選に若林選挙区から立候補し、10,273票という貴重な票をいただき、宮城県議会議員に二回目の当選を果たしました。今後ともふるさと宮城の復興完遂のために尽力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

宮城県議選若林選挙区(令和元年10月27日執行・投票率28.18%)
当 渡辺勝幸    自民現  10,273
当 三浦奈名美   立民新 7,634
当 福島一恵    共産現 7,047
次 高橋克也    自民新 6,486

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
137位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
東北地方
21位
アクセスランキングを見る>>

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

メルマガを毎日書いています!

【仙台発!】政治家であり起業家である渡辺勝幸の日刊メルマガ。9年以上、3,300日以上連続でメルマガを書いています。政治経済の裏事情、起業家、経営者向けのおトク最新情報を、独自の視点と素早く貴重な情報で、意識の高い経営者、ビジネスパーソンに毎日お届け。1通20円ですが、得られる情報はメディアにないものとなります。失業、起業、震災、選挙落選、そして当選とここ数年波乱万丈な人生を送っている筆者が、東北の真の復興のための活動報告も。著者は宮城県議会議員(仙台市若林区)44歳。起業集団株式会社つくる仙台経営(起業支援、創業スクール事業)、東北大学大学院講師。
メルマガ購読・解除
 

ご支援御礼(平成27年10月)

渡辺勝幸は平成27年10月に行われた宮城県議選に若林選挙区から立候補し、10,041票という貴重な票をいただき、宮城県議会議員に初当選しました。今後ともふるさと宮城に強い経済をつくるために尽力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

宮城県議選若林選挙区(平成27年10月25日執行・投票率31.28%)
当 渡辺勝幸    自民新  10,041
当 福島かずえ   共産新 9,433
当 細川雄一    自民現 7,490
次 千葉あさこ   民主新 5,849

渡辺勝幸後援会事務所

渡辺勝幸後援会事務所
984-0816 仙台市若林区河原町1-7-29-101
TEL 022-398-6266 FAX 022-398-6269

最近の講演報告・講演実績

検索フォーム

アクセスランキング

ご支援御礼

渡辺勝幸は平成23年11月に行われた宮城県議選に若林選挙区から立候補し、5,042票という貴重な票をいただきましたが、落選いたしました。残念な結果ではありましたが、今後ともふるさと宮城の復興のために尽力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

宮城県議選若林選挙区(平成23年11月13日執行・投票率34.65%)
当 細川雄一    自民現 7,728
当 本多祐一朗   社民現 6,536
当 千葉達     自民現 6,031
  福島かずえ   共産新 6,000
  渡辺勝幸    無新  5,042
  菊地ゆきお   み新 2,903
  小野寺かずたか 無新 978


120216 gaitorokuchonomeAkXOfoVCMAAmJYo 早朝街頭を続けています。平成24年1月撮影。

渡辺勝幸の政治活動を応援していただける方は、まず無料の「渡辺勝幸後援会メールマガジン」にご登録ください!

【渡辺勝幸応援団よりのお願いです】
渡辺勝幸後援会に入る方法

このブログについてご説明

このブログは、渡辺勝幸が3,300日以上毎日書いているメルマガ「日本一元気になるビジネスマガジン」の過去記事を中心に構成しています。メルマガでは、ブログに書けない話なども書いていますので関心のある方はぜひどうぞ。メルマガ登録はこちらから。

メルマガを3,300日以上毎日書いています

【仙台発!】政治家であり起業家である渡辺勝幸の日刊メルマガ。 9年以上、3,300日以上連続でメルマガを書いています。 政治経済の裏事情、起業家、経営者向けのおトク最新情報を、独自の視点と素早く貴重な情報で、 意識の高い経営者、ビジネスパーソンに毎日お届け。 1通20円ですが、得られる情報はメディアにないものとなります。 失業、起業、震災、選挙落選、そして当選とここ数年波乱万丈な人生を送っている筆者が、東北の真の復興のための活動報告も。 著者は宮城県議会議員(仙台市若林区)44歳。 起業集団株式会社つくる仙台経営(起業支援、創業スクール事業)、東北大学大学院講師。

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QRコード

Facebookページに「いいね!」

「いいね!」するだけで、つくる仙台の日々の更新情報が届きます。たまに「ここだけの情報」をお伝えします!