台湾視察にいってまいりました! - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 総務企画委員会副委員長。
 宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会委員。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。

宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。42歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。
平成28年 宮城県議会 保健福祉委員会 委員。 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

台湾視察にいってまいりました!

2018年07月27日 14:50

unnamed.jpg 


平成30年7月23日から26日にかけて、
宮城県議会自由民主党・県民会議と21世紀クラブの二会派合同、
宮城県議会議員16名と宮城県庁のアジアプロモーション課長で、
台湾に視察に行ってまいりました。


宮城県では現在県の事業として、
台北市に宮城県サポートデスクを設置、

台湾から宮城県への観光客誘致を図るため、
旅行会社などに働きかけ、
ツアーの造成を図ったり、

宮城県産品の輸出を促進しており、
徐々にその成果も出てきているところです。

現在宮城県を訪れる外国人の約4割が台湾人とのことで、
第1位となっており、台湾が本県にとって経済的側面からも重要であることから、
情勢をうかがいにおもむいたところです。



今回の台湾視察では、


世界台湾商會聯合総會(台湾の華僑団体)

雄獅旅行社(台湾最大の旅行会社)
向日遊顧問有限公司(宮城県サポートデスクを運営)
中華民国工商協進會(台湾における経団連)

台湾立法院 台日交流聯誼會(台湾における日本友好の国会議員の議員連盟)副会長の李鴻均立法委員との面会
台湾外交部 台湾日本関係協会(台湾における外務省日本担当)張淑玲秘書長はじめ幹部との面会
台湾総統府 劉建忻副秘書長(台湾における官房副長官)との面会

李登輝元総統表敬
台北市議会 陳錦祥副議長との面会
台日文化經濟協會 杜恒誼会長ほか幹部との面会


などなど、実質二日間の日程で、
精力的に活動をこなしてきたところです。

詳細をここでお伝えすることは憚られますが、
宮城県と台湾の交流をさらに進めていく契機となるに
十分の活動であったと自負しています。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
特に雄獅旅行社では、
日本旅行を実際につくる担当者の方々と率直に意見交換をしながら

各県議が地元の観光地名所などを説明し、
その良い点や課題などを議論できたのは非常に意義深かったことと思います。


現在の台湾から東北への旅行は、
4泊5日が主流で仙台空港インの函館空港アウトが多いとのこと。

仙台に一泊、中尊寺、角館、奥入瀬など一日一県一泊とのことでした。

今回は宮城県議会としての活動でしたが、
東北各県への観光誘客にもつながる、
広域観光の視点でもPRはできたように思います。


仙台秋保は場所としてはよいものの、
まとまった部屋を確保することが難しいとの話もあり、

今度実施する山形空港経由のツアーでは150人75部屋の確保が前提でしたが、
東北各地ではなかなかこの数を確保することが難しいとのことでした。


人気のある場所は、
風光明媚なところだけではなく、
ドラッグストアやイオンだというお話もありちょっと驚きでしたね

景色の良いところだけではなく、
体験があるとなおよいとのお話もありました。


しかしまだ一般の台湾人には、
原発被害のイメージがありこわがっている人もいるとか、
津波のイメージがまだあるという率直な話もあったところです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


また政治関係や経済関係の要人ともお会いすることができましたが
台湾人はほかの国と全く違う気持ちを日本に持っていて、
みなさんとても日本が好きだということを感じ
本当にありがたく思った次第です。


特に、先の東日本大震災では
約250億円もの義援金を台湾からいただきました。

李鴻均立法委員のお話では、
実はそのうち政府としての義援金はわずかなもので、

そのほとんどが、テレビのチャリティ番組や電話など
民間で募金を集めたものだとのことでした。

昨年は台湾の人口2300万人のうち400万人が日本を訪れているとのことで、
日本をとても身近に感じている表れであるとのことでした。


気仙沼本吉選出の守屋県議からは、
南三陸病院が台湾からの義援金のうち約30億円によって建設され
地域で大変助かっていると感謝の言葉を地域を代表してお伝えされていました。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回の台湾視察では、
様々な政府機関のご協力をいただき、
日本台湾交流協会台北事務所の沼田幹夫大使ともご一緒する機会がありましたし、
台湾を代表するたくさんの方々とお会いすることができました。

これも宮城県日台親善協会の会長でもある相沢光哉元宮城県議会議長の、
長年にわたる台湾親善の活動の賜物と感じたところです。

われわれ若手議員も後を受け継ぎ、
台湾の方々と交流を深め、

宮城県が震災でお世話になったことに感謝しながら、
隣国として今後とも地方から議員外交を進めていきたいと感じました。



訪れた台北市議会もまた興味深く、
議会の真っ最中でしたが、

8月16日告示、11月24日投開票ということで、
日本の政治家にとっては驚きの3か月選挙ということを知り、
大変だなあと感じたところです。

台北市議会も世界各国との都市間交流を進めるため、
議員外交を展開しているようで、
様々参考にする点がありました。



いずれにしても、今後、
台湾と中国の関係が一層厳しいものになっていくといわれていますし、

今回私たちが台湾を訪問したことに対して、
様々な形で政治的批判をされる方もいることでしょう。

宮城県にとって、
また日本にとって
有意義な訪問であったと私は思いますが、

政治的にこの台湾訪問をよく思わない方々は、
圧力や訴訟などを私たちに向けて来られるかもしれません。


その際にはしっかりと説明していきたいと思いますが、
台湾という国が宮城県にとって日本にとって重要であるということは、
ぜひ多くの方々に知っていただきたいなと思うところです。




関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2509-92f2df3a
    この記事へのトラックバック



    fx