「いかなる理由があってもいじめを行ってはならない」という文言に共産党が反対したのはなぜか? - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 総務企画委員会副委員長。
 宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会委員。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。

宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。42歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。
平成28年 宮城県議会 保健福祉委員会 委員。 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

「いかなる理由があってもいじめを行ってはならない」という文言に共産党が反対したのはなぜか?

2018年05月23日 21:17

33141792_2155114287849119_7416318942823579648_n.jpg 

宮城県議会いじめ・不登校等調査特別委員会が
昨日平成30年5月22日、開催されました。

かねてよりこの特別委員会では、
条例制定に向けて3年近く議論が積み重ねられ、
今秋の条例制定に向けて動いているところです。


いじめや不登校の問題は、
時代の変化とともに多様化しつつあり、
その解決には多方面の協力を
いただかなければならない時代になってきています。


平成25年には、
国でいじめ防止対策推進法が制定され、
各自治体でもいじめ条例が制定されつつあります。


平成28年12月に宮城県議会議長に報告された、
「いじめ・不登校等調査特別委員会報告書」(すどう哲委員長)においては、

「いじめは人間として絶対に許されない行為であり、
 本県においてはいじめ根絶を目指すことを
 子どもたちにかかわる全ての人々が強く決意して、
 各種取り組みを実施していくことが大変重要である。
 そのため、学校現場では、いじめの未然防止やいじめが発生した場合においても、
 適切に対応及び解消し、それが子どもたちの成長の糧となるような教育を行うべきである。」

という総括がなされていました。


さらに、平成29年11月に宮城県議会議長に報告された、
「いじめ・不登校等調査特別委員会報告書」(吉川寛康委員長)においては、

「いかなる理由があってもいじめをしてはならないとの
 児童生徒の意識を一層高めるとともに、
 地域で子どもを見守り、いじめを許さない、いじめを見過ごさない社会を実現するため、
 学校、保護者、地域社会、関係機関が強固に連携する取り組みを推進すること。」

などの総括・提言がなされ、
次期委員会等での条例制定を目指すとしていました。


こうした流れのなかで、昨年12月に
今期の「いじめ・不登校等調査特別委員会」がスタートし、

「(仮称)宮城県いじめ防止等に関する条例」の骨子案について、
現在議論を進め、各市町村教育委員会や団体などに
意見をうかがっているところです。


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●


しかし昨日22日の本委員会において、
共産党会派から、

「いかなる理由があってもいじめを行ってはならない」

という表現を削除するべきであるという意見があり、
議論になったところです。


条例案の「基本理念」として骨子案原案においては、

「いかなる理由があってもいじめを行ってはならない。
 また、児童生徒をはじめ、学校及び教職員、
 保護者、行政機関、県民、事業者は、
 いじめが行われてはならないことを十分認識しなければならない。」

という文言になっていましたが、
ここまでの議論のなかで、

「いかなる理由があってもいじめを行ってはならない」
という文言があることによって、
いじめが起きた時に担任が他の教職員に相談することを
ためらうようになってはいけない、
という意見があったところです。


そして今回、共産党会派がこの文言を削除すべきとした理由は、

「いじめはどの学校、学級、子どもにもありうると文科省も言っている。
 また、国立教育政策研究所の調査では、
 8割以上の子どもがいじめの被害はもちろん、
 加害者にもなっている実態が明らかになっている。
 このことは、当委員会の参考人からもいわれてきた。
 いじめは起きる。
 だからそれをひどくならないうちに克服して、
 その積み重ねでいじめのない学校に限りなく接近していくよう努力することが大事。
 『いかなる理由があってもいじめを行ってはならない』
 『いじめを根絶する』
 と大上段に構えることは、逆に水面下で陰湿ないじめを広げることになりかねない。」

というものでした。


私の意見としては、

「いかなる理由があってもいじめを行ってはならない」

という基本的認識は大切な理念であり、
国も自治体も関係機関もこれまでこうした考え方で取り組んできたことや、
本委員会のこれまでの議論の積み重ねからいっても、

この文言こそがむしろ、
いじめ防止対策の一丁目一番地であり、

県民運動としていじめ防止に取り組む観点からも、
この基本理念は、原案通りにするべき。

様々な課題がある点については、
他の条文や運用上配慮していくべきものである、

という発言を委員会でしたところです。

他の委員からも同様の発言がありましたが、
共産会派の意見をまず共有していただいてから議論をということで、
持ち越しになったところです。


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●


「保護者の責務」について踏み込んだ表現にするべきではないか、
という私の意見も共産会派とは対立していましたが、

今回の

「いかなる理由があってもいじめを行ってはならない」

に共産党が反対案を出してくるのは、
なかなか理解に苦しみます。



何のための議論なのか、
前提条件を一致させてからの議論であったはずでしたが、

委員長、副委員長が丁寧に、真摯に、
取り組まれてきた委員会運営に突如として
このような形になってしまったことは残念に思うところです。


この問題については、
多くの方が多くの意見をお持ちのことと思います。

皆さんはどのように考えますか?

私も折に触れ、
様々な形でこの問題についてご意見をうかがっていますが、

引き続き皆さんからご意見をうかがい、
そして私の意見を取りまとめて、
次回以降のこの委員会につなげていきたいと思っております。


関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2492-a1ccd3f8
    この記事へのトラックバック



    fx