朝日新聞!「宮城)「杜の都の早慶戦」仙台一高・二高野球部が定期戦」 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 総務企画委員会副委員長。
 宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会委員。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。

宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。42歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。
平成28年 宮城県議会 保健福祉委員会 委員。 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

朝日新聞!「宮城)「杜の都の早慶戦」仙台一高・二高野球部が定期戦」

2018年05月13日 21:41

先日、朝日新聞社の取材を受けた内容が、
本日朝刊記事宮城県版に掲載されました。


宮城)「杜の都の早慶戦」仙台一高・二高野球部が定期戦 2018年5月13日03時00分(朝日新聞宮城)



最初、朝日新聞の記者さんから取材要請があったという連絡を受けたとき、
県政がらみの何かかと思ったら、

「仙台一高応援団長の経験者としてのお話をうかがいたい」

ということでしたので拍子抜けしましたが、

仙台一高仙台二高定期戦、
そして応援団長としての経験は、
私にとっての「原点」のようなものでもありますので、
取材を受けた次第です。


記事内容についてはリンク先をご覧いただければと思いますが、

応援団長の実像をOBに聞く、
という話で私の話と二高の先輩団長のお話がまとめられていました。


記事の補足をしておきますと、
「バンカラとは何か」という話のなかで、

なぜぼろぼろの学ランを着るのか、
長髪にしたりひげを伸ばしたりするのかという質問を
取材の際に記者さんからいただきました。


私が先輩方から教えていただいたり
日々先輩方の背中から感じていた、
そして自分自身も高校を卒業してから感じた結論の一つとして、

「極端な外見をしていても、
 人間としての人格を磨いていく」

ということが大事だというのが、
仙台一高応援団の核なのではないかと思っています。


極端な外見を超越して、
本質で勝負していく。


高校生ですので、
それが勉強なのか、友人関係なのか、
応援団幹部としての厳しい練習なのか、
いろいろあるかと思いますが、

私自身、現在の政治家生活で、
いざ重大局面に接したときに立ち返る考え方はやはり、

「表面にとらわれず本質は何か」

というところにあるなとあらためて感じます。


そう考えると、高校生活というのは
人生において重要な時期なのだろうなと
あらためて感じるところです。


また私にとって、仙台二高応援団は、
相手校であり戦友であり兄弟のような感覚があります。

さらに交流のある仙台三高応援団も含め、
応援団経験者の方々と話すと、
いくつになっても同じ価値観を共有しているなと感じます。

ありがたいことです。


応援団幹部としての練習や、
厳しい先輩方の指導などは、
当時は地獄のような感覚を持っていましたが、

あの経験が今の自分の多くを形づくっているなあと、
いまになるとあらためて感謝の思いがわいてきます。


なかなかこのご時世ですので、
応援団などというのは流行らないものかもしれませんが、

仙台一高の伝統文化の核みたいなものでもありますので、
後輩諸君のさらなる奮起を期待し、
ぜひつなげていただきたいなと思う次第です。


関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2488-c7372aa0
    この記事へのトラックバック



    fx