GWに読むオススメの本その3ー平成30年版 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 総務企画委員会副委員長。
 宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会委員。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。

宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。42歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。
平成28年 宮城県議会 保健福祉委員会 委員。 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

GWに読むオススメの本その3ー平成30年版

2018年04月29日 22:16

日本一役に立つ龍の授業 


ゴールデンウィークがはじまりました。

みなさんはどのように過ごされますでしょうか。

ふだんは分単位の予定を刻み、
ビジネスに追われている方も、
少し余裕ができることでしょう。

こんな時にわずかの細切れ時間を使って、
読書をし、五月以降の自分の糧をつくっておくことは大事なことと思います。



このメルマガでは毎年恒例のことですが、

お休みの合間に私渡辺が読んでみようかなと思っている本、
積ん読になっている本、すでに読んでいる本、
そして周囲からおすすめされている本を、

複数回にわたってお伝えします。

この中から早速Amazonや近所の書店などで購入していただき
ゴールデンウィーク期間中に英知を養っていただければ幸いです。






【1、小野寺S一貴『日本一役に立つ! 龍の授業』】


友人、小野寺S一貴さんの最新刊。
全国で人気が沸騰し、なんと今回も5万部を突破しているのだそうです。

大人気ですね。

内容は、神社や龍神をはじめ、
日本古来の伝統について書いていらっしゃるのですが、

ソフトタッチでわかりやすい説明で、
読みやすい文章でもあるので、
物語として気楽に読めるというのが、
たくさんの読者の人気を獲得している要素なのだと思います。

難しくもなく、
説教臭くもなく、
それでいて日本人にとって知っておかなければならない
根本概念を学べるという点では、
もっとこの本を多くの人に読んでいただきたいと思います。



────────────────────────────────────
【引用ここから】


内容紹介
1時限目 龍神ってなに? 気になるアレコレを聞いてみた

2時限目 龍神とコンビを組むための3ステップ

3時限目 龍神から聞いた幸せの法則

4時限目 とかくこの世は人間関係。心が晴れるお悩み解消術

5時限目 日本の神様ルールを守れば、ご利益だって自由自在

出版社からのコメント
大好評を博した『妻に龍が付きまして…』の続編、登場! 龍と出会って「あっ! 」という間に幸せをつかんだ夫婦の実話です。 「龍ってなに?」という基本的な疑問から、日々の生活がハッピーになる
龍との関わり方まで、これ一冊で龍のすべてがわかります!


【引用ここまで】
────────────────────────────────────






【2、伊集院静『いろいろあった人へ 大人の流儀 Best Selection』】


伊集院静のエッセイは、
けっこう好きなのですが、

読みごたえがあるかといえばそんなにはないかもしれません。

ただ、ところどころ、
行間を感じるところがあって、

自分の固い思考を柔軟にしてくれたり、
熱を冷まさせてくれたりするところがあるんですね。


こういう本もなかなかいいです。


────────────────────────────────────
【引用ここから】


内容紹介
累計170万部突破! 国民的ベストセラー『大人の流儀』シリーズより
珠玉のエッセイを抜粋。人は何かを失って、何かを手にする……。
そして、あなたの困難、悲しみにもいつか終わりが来る。
最後の無頼派作家が送る、希望と勇気、励ましの一冊。

内容(「BOOK」データベースより)
人は何かを失って、何かを手にするのだ…。
最後の無頼作家が贈る希望と勇気、励ましの一冊。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
伊集院/静
1950年山口県防府市生まれ。72年立教大学文学部卒業。
81年短編小説『皐月』でデビュー。
91年『乳房』で第12回吉川英治文学新人賞、92年『受け月』で第107回直木賞、
94年『機関車先生』で第7回柴田錬三郎賞、
2002年『ごろごろ』で第36回吉川英治文学賞をそれぞれ受賞。
16年紫綬褒章を受章。
作詞家として『ギンギラギンにさりげなく』『愚か者』『春の旅人』などを手がけている
(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


【引用ここまで】
────────────────────────────────────






【3、草薙龍瞬『反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」』】


感情を上げもせず、下げもせず。

ムダに反応しないということは、
現代においてなかなかできないことかもしれませんが、

世のなか、何か、何事も、
過剰に反応し過ぎているように感じます。

私自身も気づかないうちに、
やはり過剰に反応してしまいがちです。


私も未熟なので、
なかなか心を整えることはむずかしく、
課題ばかりですが、
過剰な反応をしないような努力もしていきたいと思います。



────────────────────────────────────
【引用ここから】


商品の説明
メディア掲載レビューほか
ネット・ヘビーユーザーの琴線に触れた

原始仏典に学び、宗派に属さず活動する僧侶の書いた、
一風変わった仏教本がロングセラーになっている。

「著者いわく、原始仏典に書かれたブッダの考え方というのは、
物事を合理的に理解し、考え、具体的な方法論で
問題を解決するためのものなのだそうです。
宗教で悩みを解決するというと、漠とした心の持ち方を説くと考えられがちですが、
そうではない、と」(担当編集者の間[あいだ]孝博さん)

実際、「自分はいま◯◯している」と心の状態を言葉で確認することや、
手のひらや足の裏の感覚を意識しながら体を動かすことで心を落ちつけるといった、
物事に無駄に反応しないための方法が盛り込まれている。

「反応しない」という言葉への共感もヒットの一因か。

「この本はネットメディアとの親和性が高いんです。
ネットメディアに草薙さんの文章やインタビューが掲載されると、
大きな反響が起こって、本の売上も伸びる。
そういうサイトをチェックする人というのは、
おそらくネットに接する時間の長い、情報に反応し続けている人が多い。

その中には、今の状態をまずいと感じている人も多く、そこに響くのかな、と。
この本は電子書籍のダウンロード数も3万を超えていて、
それもITに関わりの深い読者に響いている証拠ではないかと思います」(間さん)

今年4月には、より実践的な内容の第2弾『これも修行のうち。』も刊行。
こちらも順調に版を重ねている。

評者:前田 久

(週刊文春 2016.10.12掲載)


内容紹介
◎ブッダは実は、「超クール」──
“独立派"出家僧が教えるあなたの悩みを解決する「原始仏教」入門! 

誰かの言葉にすぐ反応。
SNS、ツイッター、ネット記事に常に反応
……毎日、ムダな「反応」をしていませんか?

すべての「苦しみ」は、自分が「反応する」ことから始まっています。
それを理解することが、悩みを解決する第一歩です。
その事実と、具体的な方法論を教えてくれるのは、2500年前の悟った人、
ブッダ(原始仏教)。

本書では、原始仏典を紐解きながら、
現代人の人生に活かせる合理的な考え方を紹介します。
何歳からでも始められる──「感情を、上げもせず、下げもしない」ブッダの方法。


【引用ここまで】
────────────────────────────────────



【4、山岡淳一郎『神になりたかった男 徳田虎雄:医療革命の軌跡を追う』】


世界屈指の病院グループを一代で築いた男。

そして激しい選挙を勝ち抜いてきた政治家でも知られています。

徳田虎雄の生きざま、
思いを悪評も含めて知っておく、
そんな必要があるように感じます。



────────────────────────────────────
【引用ここから】


メディア掲載レビューほか
神になりたかった男─徳田虎雄

医療法人徳洲会は、鹿児島県・徳之島出身の医師徳田虎雄が
自らの生命保険金を担保に建てた病院から始まった。

すべての命を平等に扱う医療を志し、
世界屈指の病院グループを一代で築いた。

本書は徳田の元秘書や元徳洲会ナンバー2など周辺人物にもスポットを当てる。
彼らは既存の医療への反発から徳洲会に合流し、
いつしかグループと徳田のために泥沼の選挙戦や危険なマネーゲームに身を投じる。


2013年、親族と徳洲会幹部らが衆院選での公職選挙法違反容疑で逮捕されると、
徳田は表舞台から退いた。

しかし、徳洲会が僻地医療や患者本位の医療を確立し、
数多の命を助けたのは揺るがぬ事実だ。

著者は徳洲会の狂騒を、関係者たちの「青春」という。
徳田たちの理想を追いかけた日々を描く本書は、確かに青春群像劇だ。

評者:内山菜生子

(週刊朝日 掲載)


内容紹介

かつては大都市でも急患の受け入れ体制がなく、
「医療砂漠」が広がっていた。

そこに「年中無休・24時間診療」を謳って、
徳田虎雄は病院を開設。

「世界じゅうに病院を建てる」と宣言し、
70ちかくの病院を開いた。

なぜ一代で、これほどの巨大な病院グループをつくれたのか?
カネまみれの荒ぶる選挙、
経営を傾けた自由連合への資金注入、
邦銀との対立、
オランダ、イギリスの銀行からの支配の回避、
徳洲会事件、そしてファミリーと病院の衝突──。

ALSに罹患後も“神"のごとく君臨し続ける病院王の一代を、
徳田を支えた側近たちの奮闘、
愛憎こもごもとともに描く。


【引用ここまで】
────────────────────────────────────







おもしろそうな本がいっぱいあります。

オススメの本がありましたら、
ぜひみなさん教えてください。

明日以降に続けます。



関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2482-2122ae46
    この記事へのトラックバック



    fx