GWに読むオススメの本その1ー平成30年版 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 総務企画委員会副委員長。
 宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会委員。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。

宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。42歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。
平成28年 宮城県議会 保健福祉委員会 委員。 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

GWに読むオススメの本その1ー平成30年版

2018年04月27日 23:59

ゴールデンウィークがはじまります。
みなさんはどのように過ごされますでしょうか。

ふだんは分単位の予定を刻み、
ビジネスに追われている方も、
少し余裕ができることでしょう。

こんな時にわずかの細切れ時間を使って、
読書をし、五月以降の自分の糧をつくっておくことは大事なことと思います。



このメルマガでは毎年恒例のことですが、

お休みの合間に私渡辺が読んでみようかなと思っている本、
積ん読になっている本、すでに読んでいる本、
そして周囲からおすすめされている本を、

今日から複数回にわたってお伝えしようと思います。

この中から早速Amazonや近所の書店などで購入していただき、
ゴールデンウィーク期間中に英知を養っていただければ幸いです。








県議会一般質問でも、
事業承継について取り上げましたが、

今後の中小企業支援政策において、
後継者不在の中小企業問題は大きな課題になるものと思われます。

この書籍のアイデアが斬新だったので、
実現するかどうかはともかくとして、
興味深い内容です。



────────────────────────────────────
【引用ここから】


堀江貴文さん推薦!「終身雇用は現代の奴隷制度」

ネットメディア「現代ビジネス」に
「飲食店経営に手を出したら、その先には『地獄』が待っている」
「60過ぎたら、退職金で会社を買いなさい」
などをアップ、累計500万超のPVという記録を打ち立てた話題の記事の書籍化です。

サラリーマンには定年・早期退職後、飲食業を始める夢を描く人がたくさんいます。
しかし、それは「地獄への道」。

廃業率は20%で全業種トップ。
実際には素人では勝てない世界。
一方で、起業を考える人もたくさんいます。
こちらも「地獄」。日本で起業して10年後に残っている会社はわずか5%。

著者の三戸さんは言います。
業界大手企業でマネジメント経験があるなら、
会社を買って社長になったほうが遥かにいい、と。

黒字経営であるにもかかわらず、
後継者不在のために休廃業する優良中小企業はたくさんあります。

事実、中小企業380万社の約7割で後継者がおらず、
中には株式1円でもいいから譲りたいと考えているところも。

在職時同様30~50人規模のチームを率いて、
今度はサラリーマンではなく社長として力量を発揮し、
役員報酬を得て、最後は会社を売却してキャピタルゲインを手にする。

雇われる人生を脱して、資本家になる。

中小企業が後継者不足で事業承継に悩む「大廃業時代」は、
本当はサラリーマンの「期間限定」の大チャンス。

本書は、人生を変える「あかるい資本家講座」です。


【引用ここまで】
────────────────────────────────────








世のなかにはいろいろな投資法が紹介されていますが、
あやしいものもあれば成功していらっしゃる方もいるのだろうと思います。

そんななか、軍用地に投資をするという、
あまり聞きなれない、しかしそんな世界があるのかという書籍が出ました。

いろいろなことを考える人がいるんだなあと感じます。




────────────────────────────────────
【引用ここから】


富裕層に秘かに人気の軍用地投資のノウハウを、初公開! 

業者の倒産も、ビジネスモデルの心配も、
家賃不払いや不動産価格下落の心配もぜ~んぶ皆無! 

安定的で長期的な収益が見込める掟破りの不動産投資……それが軍用地投資です。

<信用最強の国>を相手とした借地権付きで、
換金性が高く、固定資産税は低い。

そしてもちろん、沖縄県外からも投資可能! 

本当は誰にも教えたくない超安定型の不動産投資のノウハウを、
軍用地投資の専門家が細かく解説。

投資家待望の1冊です! !


【引用ここまで】
────────────────────────────────────





私も45歳直前になりました。

自民党的に言えば、45歳まで「青年」なのですが、
世のなか的に言えば、会社人生は半分以上を超えたことになります。

そして人生90年。

自分を振り返るきっかけになるでしょうし、
一番働き盛りで大変な時期だからこそ、考える必要があるのでしょう。


私としては、
次の選挙で落ちてしまうともう厳しい状況になりますので、
次の仕事を考えるとなるのでしょうが、
これもまた大変です。

45歳というのはなかなか厳しい年齢だなとあらためて感じます。



────────────────────────────────────
【引用ここから】


大事な折り返し地点。このままいく?それとも…

誰もが70歳まで働いて、90代まで生きるこれからの時代、
折り返し点の「40代半ばの決断」が人生全体の充実度を決める鍵となる。

自らも40代後半にリクルートから教育界に転身した著者が、
自身の経験もふまえ、迷える世代に向けてアドバイス。

読むと将来に対する不安と迷いが消え、元気が湧いてくる人生戦略論。


※堀江貴文著『多動力』や西野亮廣著『魔法のコンパス』の中でも紹介された
「キャリアの大三角形を作り、100万人に1人の人材になる方法」を、
本書でも40代読者に向けて丁寧に解説。
さらに、そのエッセンスを1枚のカラー口絵に集約。
切り取って、デスクに貼ったりダイヤリーとともに持ち歩いたりするのがおすすめ! 

※本邦初公開! 自分の「信用度」を数値化できるチェックリスト付き! 


【本書「はじめに」より抜粋】
「迷える世代だと言われます。
悩みは深く、一部の読者は八方ふさがりのように感じているかもしれません。

仕事の責任が圧倒的に増しますし、
部下の失敗のカバーもしなければなりません。

直接のお客様を担当しない中間管理職の場合はなんとなく立場が浮遊して、
どんどん仕事のできない人になる恐怖もある。

いっぽうで、家族の危機に見舞われている人もいるでしょう。

この本は、私自身の経験を基にしながら、
もう一度、読者が自信、あるいは自己肯定感(セルフエスティーム)を取り戻すお手伝いをします。

読者の40代の危機からの脱出に役立てば、望外の幸せです」


【本書の構成】
序 章 僕自身は、どれほど「中途半端な存在」だったか
──ライフワークは慌てず、じっくり探せばいい

■第1章 40代で「キャリアの大三角形」を描こう
──「人生の自由度」を高めるたった1つの方法

■第2章 信用(クレジット)とは何か?
──本邦初公開! 自分の「信用度」を数値化できるチェックリスト

■第3章 40代の「よくある悩み」に答えます! 
──「正解」ではなく「納得解」を導き出すヒント

■第4章 45歳からの「くらしと家族」
──人生後半を充実させるために、今やっておくべきこと

■第5章 40代で一歩を踏み出せば、ここまでできる!
──奈良市立一条高校での改革を例に

■特別コラム 大仏よ、立ち上がれ!

■あとがきにかえて──地球上に初めて出現した「人生が100年ある国」にて


【引用ここまで】
────────────────────────────────────





おもしろそうな本がいっぱいあります。

オススメの本がありましたら、
ぜひみなさん教えてください。

明日以降に続けます。






関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2480-ae922d41
    この記事へのトラックバック



    fx