儀式の重要性、日本の伝統文化について──「三種の神器の承継など 国事行為にすべきでない」共産委員長 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 総務企画委員会副委員長。
 宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会委員。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。

宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。42歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。
平成28年 宮城県議会 保健福祉委員会 委員。 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

儀式の重要性、日本の伝統文化について──「三種の神器の承継など 国事行為にすべきでない」共産委員長

2018年03月22日 23:59

b8b1a1341e0a5ff680e72d3f252194de_s.jpg 

来年、新たな天皇に即位される

皇太子殿下の「即位の礼」について、

共産党の志位委員長が今日、
三種の神器の承継などの儀式について、

「国事行為にすべきでない」

という考えを明らかにしたとの報道を目にしました。


全国の共産党員の方々のなかにはやさしいステキな人も
たくさんいらっしゃるとは想像しますが、

組織のトップがこのような発言をするということは、
やはり日本の伝統文化の原点を否定する政党なのだなと感じます。

過去や歴史を全否定することには
違和感を感じざるを得ません。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【引用ここから】


「三種の神器の承継など 国事行為にすべきでない」共産委員長(NHK)
3月22日 18時08分
⇒ https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180322/k10011374861000.html


新たな天皇に即位される皇太子さまの「即位の礼」をめぐり、
共産党の志位委員長は、
歴代天皇に伝わる剣や曲玉などを受け継ぐ儀式などは国事行為にすべきではないとして、
政府に申し入れたことを明らかにしました。

来年の天皇陛下の退位と皇太子さまの即位に向け、
政府は皇太子さまの「即位の礼」の検討も本格化させており、
このうち歴代天皇に伝わる剣や曲玉などを受け継ぐ
「剣璽等承継(けんじとうしょうけい)の儀」が、
国事行為として最初に行われる見通しです。

これに関連して共産党の志位委員長は記者会見で

三種の神器の承継をもって天皇の代替わりの証しとする儀式を国事行為として行うことは、
 憲法の国民主権の原則と両立しない」と指摘しました。

そのうえで、「剣璽等承継の儀」や、
天皇が皇后とともに即位後初めて国民を代表する人々と会う
「即位後朝見(そくいごちょうけん)の儀」などは
国事行為にすべきではないとして、
政府や衆参両院の議長に対し国民的な議論を行うよう申し入れたことを明らかにしました。


【引用ここまで】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


あらゆる「儀式」には意味があります。

一般家庭でも赤ちゃんが生まれれば、
「お食い初め」をしたり、
一定の年齢になれば「七五三」、
成人すれば着物を着て「成人式」をするでしょう。

結婚式にも意味がありますし、
お葬式にも意味があります。


こうした人生における通過儀礼は無意味であり、
省略してもよいのではないかという人も最近は増えているかもしれませんが、
やはり「人間が人間たる所以」、
親が子を大事にする姿勢や家族の在り方についての考え方と、
こうした「儀式」についての考え方は関連付けられるものであると私は考えますし、

儀礼を軽視したり先例を全否定することによる弊害は、
近年大きくなってきているようにも感じます。


「三種の神器」とは何か?

ウィキペディアによれば、以下の通りです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【引用ここから】

三種の神器(みくさのかむだから、さんしゅのしんき(じんぎ、しんぎ))は、
日本神話において、天孫降臨の時に、
瓊瓊杵尊が天照大神から授けられたという鏡・玉・剣のこと。

また、神話に登場した神器と同一とされる、
あるいはそれになぞらえられる、日本の歴代天皇が継承してきた三種の宝物のこと。

三種の宝物とは、八咫鏡・八尺瓊勾玉・草薙剣を指す。

中でも八尺瓊勾玉・草薙剣は併せて剣璽と称される。

皇族はもとより天皇でさえもその実見はなされておらず、
多くの面が謎に包まれている。

【引用ここまで】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


それぞれに意味があるわけですが、
この三種の神器をめぐって
日本史上においては大きな争いがおきたこともあったり、

1185年(元暦2年)の壇ノ浦の戦いで、安徳天皇が入水し
神器が水没したこともありました。

日本史の教科書ではさらっと書かれていたりするわけですが、
南北朝時代などはこの三種の神器を持っているほうが
正統だとして戦になっていますので、

昨今の風潮のように、
「三種の神器継承」などという儀式はやめてしまえ、
と言って実際にそのような流れになった後に、

三種の神器を継承していない天皇は正統ではない!
などとして内乱が起きることだってありえないとは言えません。

皇位継承男系男子の問題についても同様ですね。

歴史を否定し、慣習を失わせることができれば、
外部から国を壊すことは簡単ですし、
結果として争いの世の中にすることもたやすいものです。

平和を守ることは難しいことですし、
戦争は国内の激しい対立から起きることは非常に多いわけで、

平和を主張しながらケンカを売ってくる人がいたならば、
気をつけなければなりません。



今回の皇位継承関連の儀式について、

たとえば共産党のホームページを見ると、
以下のように記されています。



天皇の「代替わり」にともなう儀式に関する申し入れ
2018年3月22日 日本共産党中央委員会
⇒ https://www.jcp.or.jp/web_policy/2018/03/post-778.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【引用ここから】

「三種の神器」を、天皇家が家宝として大切にあつかい、
代々受け継いでいくことを否定するものではありませんが、
それは天皇家の私的行為として行うべきであり、
国事行為とすべきではありません。

【引用ここから】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



この主張には、けっこう多くの方々が
納得されるのではないでしょうか。

「三種の神器」継承の儀式を
天皇家の私的な儀式としてやれば、
継承自体はされるのだから伝統は引き継がれるのではないか。

この文章を入れるところが共産党の「巧妙」なところだと感じます。

儀式と言っても、
私たちの七五三とちがって、
この儀式は大掛かりなものです。

政府の平成30年度予算案では、
皇位継承関連の儀式の準備や、退位儀式に関係する経費として
16億5300万円が計上されています。

わが国の象徴であり、
海外各国からは国家元首として
国際儀礼上も上位に位置する天皇陛下ですので、
やはり国をあげてこの儀式を執り行うべきであると考えます。


しかし仮にこの費用を私的行為として
天皇家で負担することが可能かと言えば、
むずかしいことでしょう。

一説に昭和天皇の崩御後に
天皇家の財産は6億円程度にまで減少しており、

今回譲位をされるとなれば、
皇太子殿下に財産が贈与されるわけで、
その贈与税は約3億2千万円と想定されます。


平成16年に高松宮妃殿下が亡くなられたときには、
親族が約8億円の相続税を支払うために、
家具や工芸品などを宮内庁に寄贈したとも報道されています。


天皇家も私たちと同様、
相続税の支払いにご苦労をされているというのが現状なわけです。

そのあり方自体にも問題があるとは思いますが、
GHQ時代以来変わらず現行制度上もそうなっているわけです。



今後、共産党の志位委員長が主張するように、
即位の礼関連の儀式は天皇家の私的行為として行うべきとなれば、
その費用の面から現実的に、

儀礼は簡略化せざるを得ず、
即位の礼の儀式そのものを実施することも難しくなることでしょう


「巧妙」の意味はそこにあります。


多くの方々は、天皇陛下が贈与税や相続税に
四苦八苦しているとは想像もしないでしょうし、

海外の王室やセレブの方々から見たら
これは「クレイジー」と思われることでしょう。


革命を起こすためには、
わが国の伝統文化を否定するのが一番よいのでしょう。


しかし私たちの日々の生活や行動様式は、
多くの先人の努力や、わが国の自然、天候や地理的条件などから、
長きにわたって生み出されてきたものでもあり、

また地域のお祭りや四季折々の行事などは、
それぞれの伝統文化から生まれているものであり、
日本人の思考様式に自然と組み込まれているものです。


今回の件にとどまらず、
「儀式」の重要性を私たちは、
もう一度考えていく必要があるのではないかと感じます。





関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2462-2995bd79
    この記事へのトラックバック



    fx