fc2ブログ

【渡辺勝幸一般質問】大綱1前半 少人数学級制をはじめとする教育現場の課題について

本日2月27日、
第363回宮城県議会(平成30年2月定例会)において、
渡辺勝幸は一般質問に立ちましたので、

このメルマガで数回に渡って、
一般質問の内容等についてお伝えしたいと思います。


1回目として、

大綱1前半 少人数学級制をはじめとする教育現場の課題について

内容をお伝えしたいと思います。


───────────────────────────

【渡辺勝幸一般質問要旨】


大綱1 少人数学級制をはじめとする教育現場の課題について
以下6点について知事及び教育長の所見を伺いたい。

(1)羽生結弦選手のパレードについて

 イ 羽生選手への県民栄誉賞の授与とパレードの実施を表明したが、
  現時点において具体的な考えはどうか。

 ロ 前回のパレードでは、日の丸紙手旗の用意ができなかったとのことだが、
  羽生選手が国旗を大事にしていることや、
  国を挙げてのお祝いであることを踏まえ、
  今回のパレードでは抜かりなく準備すべきだがどうか。

(2)少人数学級制の推進が惹起する課題について見解如何

 厳しい財政事情の中での少人数学級制の推進は、
 学級数の増加に見合った教員の確保が難しいため、
 児童生徒と向き合う時間の確保という点ではむしろ逆効果であり、
 現時点では、いじめや不登校など真に必要な課題対応のために
 教員を増やすことに重点を置くべきだがどうか。

(3)いわゆる「講師」の増加について見解如何

 正職員以外の講師を増やすことは、
 大きな課題であるいじめ・不登校の解決には不十分であり、
 児童生徒と向き合う時間の確保、教職員の多忙化防止の点からも問題がある。
 本県における正規職員以外の講師の採用状況について見解はどうか

(4)義務教育費国庫負担割合削減の弊害について見解如何

 どの地域でも教育を受ける機会を確保することは国力の基礎であり
 量・質とも充実を図るため、
 教職員の一時的な加配ではない恒久的な基礎定数化や、
 地方に対する義務教育予算の増額を国に強く要望すべきだがどうか

(5)長期休業期間の一定程度削減が必要ではないか

 新しい学習指導要領による取組は、学校現場では大きな負担となり、
 児童生徒と向き合う時間が減少する恐れもある。
 それぞれの地域事情も把握しながら、
 全県的に統一して長期休業期間を一定程度削減することも必要と考えるがどうか。

(6)県内小中学校の学校図書館図書標準達成状況について

 公立小中学校の学校図書館は、国が蔵書数の基準を定めているが、
 厳しい財政事情の中、図書購入に十分な予算が充てられていないとの報道もある。
 「学校図書館図書標準」を達成している県内小中学校の割合について、
 状況に対する見解と併せてどうか。


大綱2 安全・安心のまちづくりについて
以下3点について知事、教育長及び警察本部長の所見を伺いたい。

(1)県立高校の地域連携、「コミュニティスクール」の導入について
 県立高校における、防災・防犯も含めた地域連携の推進や、
 学校・地域・保護者が一体となった「コミュニティスクール」の
 導入について見解はどうか。

(2)県内における救急車に関する事故の現状、運転者の救急車への対応について

 救急車に進路を譲らない、あるいは一時停止をしないドライバーが散見され、
 運転免許の更新時などに、道路交通法の緊急自動車への対応を
 運転者に広報・周知すべきと考えるがどうか。
 また、県内における救急車に関する事故の現状はどうか。

(3)中小企業の事業承継について

 支援体制の整備に向けて、
 金融機関や商工会・商工会議所等の支援機関の連携を図るためには
 県の積極的な取組が重要だが、
 今後の地域経済活性化の核となる事業承継支援施策について
 県の取組や今後の展開はどうか。


大綱3 生活に困難を抱えた方への取り組みについて
以下3点について知事及び警察本部長の所見を伺いたい。

(1)県内における生活保護受給の現状及び近年の傾向について

 生活に困難を抱えた者への確実なセーフティネットにより、
 必要な保護、最低限度の生活を保障しつつ、
 自立を促進していく政策が重要だが、
 県内における生活保護受給の現状及び近年の傾向についてどうか。

(2)家計相談支援事業の導入について

 生活困窮者の将来の生活の見通しを立てるためには、
 専門的な支援が有効であり、
 自立促進によって生活保護受給者数の減少にも繋がることから、
 県として家計相談支援事業に積極的に取り組むべきと考えるがどうか。

(3)県内における逮捕・勾留した容疑者の、生活保護受給の可能性について

 現時点において、県内で逮捕・勾留された容疑者が、
 公費で食事や医療が提供されるにも関わらず、
 生活保護費を受給する可能性についてどうか。
 また、容疑者の生活保護受給の情報を協定締結自治体に通知する
 「留置施設等収容情報通知制度」の導入について見解はどうか。


【一般質問要旨ここまで】
───────────────────────────



【大綱1前半】 少人数学級制をはじめとする教育現場の課題について



自由民主党・県民会議の渡辺勝幸でございます。
議長のお許しをいただき、通告に従いまして以下大綱三点につき、質問いたします。



(1)羽生結弦選手のパレードについて


大綱一点目、「少人数学級制をはじめとする教育現場の課題について」おうかがいいたします。

まずはじめに、平昌冬季五輪において、
日本は史上最多の十三個のメダルを獲得、
なかでもフィギュアスケート男子シングルでは、
本県出身の羽生結弦選手が二大会連続の金メダルを獲得しました。

宮城県民の一人としてお祝い申し上げるとともに、
この偉業は県民にとっても大きな喜びであり、
宮城の子供たちにも大きな希望を与えてくれたことと思います。

銀メダルを獲得した宇野昌磨選手とともに、
表彰の場で二つの日の丸が掲げられたことには、
多くの日本人がよろこびを感じたのではないでしょうか。

これを受けて知事は、羽生選手への県民栄誉賞の授与、
パレードの実施を表明されたとのことですが、
現時点においての具体的な考えをお聞かせください。


また前回パレードにおいては、日の丸紙手旗について、
前例がないという理由で用意できず、
諸団体が急遽準備をしたとのことであります。

羽生選手が国旗を大事に扱っている様子や、
表彰後、国旗に向かって「ありがとうございます」と
ささやいていたことについて報道されております。

国をあげてのお祝いでありますので、
パレードにおいては日の丸紙手旗も抜かりなく
準備するべきと考えますが見解をおうかがいいたします。



(2)     少人数学級制の推進が惹起する課題について見解如何

次に、少人数学級制の推進が惹起する課題についてうかがいます。

私は昭和五十七年に仙台市立沖野小学校に入学いたしました。

団塊ジュニアの世代ということもあり、一クラスは四十五人以上おり、
プレハブ教室で一学年七クラスであったと記憶しています。

この昭和五十七年度は沖野小学校の学校史上最大の児童数であったとのことで、
当時は全校で一五八九名の児童がいたと記録に残っているところであります。

思い起こせば、私は田んぼでイナゴやザリガニをとったり、
毎日たくさんの友達と勉強し運動する大変元気な小学一年生であり
様々な行事に取り組んだ小学生時代を記憶しています。

この時期は我々団塊ジュニア世代の入学により、
先生方も大量に採用された時代であったということは、
のちに大人になってから知りました。

当時多くの先生が二十代であり、手のかかるたくさんの子供たちを相手に、
若い先生は大変だったろうなと今になって感じるところです。

私たちの親世代である団塊世代では、
一クラス六十名、一学年二十学級という中学校もあったという話を、
地域でしばしば耳にします。

教育の量的拡大を追求していた時代から質的向上を求める時代へと変化し、
いまでは多くの先人、教育関係者のご努力により教育環境は整備されました。

現在では四十人を超えるクラスは存在せず、
私が通っていた沖野小学校の一年生も現在は、
三十二人と三十一人の二クラスになっており、
今後さらに子供の数は減少するとみられています。

宮城県だけではなくわが国の少子化は急速に進展する一方、
子供を取り巻く環境も大きく変化をしています。

それに伴い、学校の先生方はかつてに比べ、
いじめ・不登校をはじめとする児童生徒指導、保護者対応、
さらには防災・防犯を含めた地域連携など
様々な役割を果たすようになっており、
よりきめ細かい対応が必要になっているところであります。

なかでも仙台市においていじめによる大変残念な事案が発生したこともあり、
いじめ・不登校の問題は、近年、県民が大きな関心を持っているテーマとなっています。

平成二十七年に設置された、宮城県議会いじめ・不登校等調査特別委員会においては、
いかなる理由があってもいじめをしてはならないという児童生徒の意識を一層高めるとともに、
地域で子供を見守り、いじめを許さない、いじめを見過ごさない社会を実現するため、
学校、保護者、地域社会、関係機関が強固に連携する取組を推進すること、
そして、県民総参加によるいじめ防止等対策が行われるよう、
関係機関と十分な調整を図りながら、これまでの取り組みを踏まえ、
条例制定を検討することなどが提言されております。

県議会における議論においても、いじめ・不登校の問題は、
「教師が児童生徒にしっかりと向き合う時間を十分に確保し、
 問題事案が発生した際はいち早くその兆候をつかみ、
 学校全体でその対処に当たることが必要不可欠である」
との意見が出されており、私もその通りであると感じております。

この「教師が児童生徒にしっかりと向き合う時間」を確保することが
重要なポイントではないかと私は感じておりますが、
時間を確保する阻害要因のひとつが「少人数学級制の推進」にあるのではないかと考え、
以下質問をいたします。

まず当然のことでありますが、少人数学級制を実施するため、
一クラスの人数を減らせば、それに伴って学級数が増えるので、
そのための教員数を増やさなければなりません。

小学校であれば一クラス増やせば担任の先生を一人、
中学校であれば九教科の先生を一クラス当たり、
数コマ分増やさなければならないわけです。

そうなれば自治体は新たに教職員給与費を支出するための
多額の予算を必要とします。

教員が様々な理由で多忙化しているなか、
学級数が増えても教員が増えなければ、
その結果として、少人数学級制が拡大すればするほど、
教員が疲弊し、児童生徒と向き合う時間が失われていくのではないでしょうか。

現在の制度のもとでは、少人数学級が増えるに見合う教員数が確保されておらず、
かえって教員の多忙化が激しくなっていると感じますし、
実際学校には夜遅くまで明かりが灯っています。

「学級数が増えているほどは、
 先生は十分に補充されていない」
という現状の結果として、先生が児童生徒と向き合う時間が失われ、
いじめ・不登校問題に対応する時間もなくなってしまっている
といえるのではないでしょうか。

現時点の厳しい財政事情のなか、少人数学級制を推進すること自体、
先生方が児童生徒と向き合う時間を確保するという意味ではむしろ逆効果であり、
現時点ではこれ以上少人数学級制を推進するのではなく、
いじめや不登校など、真に必要な課題への対応のための
教員を増やすことに重点を置くべきではないかと考えますが、
見解をおうかがいいたします。



(3)いわゆる「講師」の増加について見解如何

平成十三年、公立小中学校の学級編制と教職員の定数の標準について
必要な事項を定めた義務教育標準法が改正され、
これにより、短時間勤務者であっても国庫負担の対象となり、

「教職員一人分の給与費で二~三人の非常勤教職員を任用できる仕組み」

がつくられました。

当時は、免許外教科担任の解消を図るためという事情もあったようですが、
結果としてこのころから非常勤教職員が増やされるようになり、
教育関係者の間では、
これを事実上の「定数崩し」と呼んでいるそうであります。

実際に多くの自治体が非常勤教職員を多用するようになり、
現在に至っています。

「教職員定数」は国により定められております。

また単年度ごとの財政折衝により変動する
「国庫加配定数」の制度もあり、
宮城県においては震災による特例も認められてはいるものの、
これは将来にわたって教職員給与費を確保できる見通しがないため
やはり非常勤教職員の採用がされやすい状況が続いています。

本県においては、県費臨時的任用教育職員など、
常勤ではあるものの正規採用されていない「講師」も数多くおり、
実際に学校現場では、教員採用試験合格をめざし
勉強中の講師の先生が担任となり、大活躍をされています。

若く、教育に熱心な講師の先生は子供たちに対する指導能力も高く、
保護者からも信頼され、朝早くから夜遅くまで働いていらっしゃいます。

そして日夜熱心に働いた結果、
教員採用試験には残念ながら不合格を重ねる、
そんな先生もいらっしゃると聞いております。

また有期任用のため「じっくりと腰をすえた教育」
を行うことができないとも言われ、
結果として教員採用試験に合格していない担任の先生が
増加しているようにも思われます。

冒頭に述べたように、学校の現場では
私のような団塊ジュニア世代が小学生になったころに大量に新規採用された、
現在五十代の先生の割合は高く、
正規採用された若い先生は少ないといわれております。

定数の枠内で財政上の工夫をしていると言えば聞こえはいいですが
正規教職員以外の、いわゆる「講師」を増やすことによって、
「少人数学級に見合う新たな教職員採用はしています」というのであれば、
これは表面上は学校運営がまわっていくかもしれませんが、
現在教育現場で大きな課題となっている
いじめ・不登校問題の解決には不十分ではないでしょうか。

先生が児童生徒と向き合う時間を確保し、
教職員の多忙化を防ぐという点からも問題があると認識をしております。

本県における正規教職員以外の、
いわゆる「講師」の採用状況について、
その見解をおうかがいいたします。






(大綱一後半、二、三は明日以降に続けます)





質問内容についてのご感想、
ご意見、ご質問などいただければありがたく存じます。

すべてにお返事はできませんが、
今後の活動に役立ててまいります。





「渡辺勝幸 宮城県議会県政活動報告」(ブログ)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-category-42.html


関連記事

コメント

非公開コメント

ご支援御礼(令和元年10月)

渡辺勝幸は令和元年10月に行われた宮城県議選に若林選挙区から立候補し、10,273票という貴重な票をいただき、宮城県議会議員に二回目の当選を果たしました。今後ともふるさと宮城の復興完遂のために尽力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

宮城県議選若林選挙区(令和元年10月27日執行・投票率28.18%)
当 渡辺勝幸    自民現  10,273
当 三浦奈名美   立民新 7,634
当 福島一恵    共産現 7,047
次 高橋克也    自民新 6,486

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
137位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
東北地方
21位
アクセスランキングを見る>>

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

メルマガを毎日書いています!

【仙台発!】政治家であり起業家である渡辺勝幸の日刊メルマガ。9年以上、3,300日以上連続でメルマガを書いています。政治経済の裏事情、起業家、経営者向けのおトク最新情報を、独自の視点と素早く貴重な情報で、意識の高い経営者、ビジネスパーソンに毎日お届け。1通20円ですが、得られる情報はメディアにないものとなります。失業、起業、震災、選挙落選、そして当選とここ数年波乱万丈な人生を送っている筆者が、東北の真の復興のための活動報告も。著者は宮城県議会議員(仙台市若林区)44歳。起業集団株式会社つくる仙台経営(起業支援、創業スクール事業)、東北大学大学院講師。
メルマガ購読・解除
 

ご支援御礼(平成27年10月)

渡辺勝幸は平成27年10月に行われた宮城県議選に若林選挙区から立候補し、10,041票という貴重な票をいただき、宮城県議会議員に初当選しました。今後ともふるさと宮城に強い経済をつくるために尽力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

宮城県議選若林選挙区(平成27年10月25日執行・投票率31.28%)
当 渡辺勝幸    自民新  10,041
当 福島かずえ   共産新 9,433
当 細川雄一    自民現 7,490
次 千葉あさこ   民主新 5,849

渡辺勝幸後援会事務所

渡辺勝幸後援会事務所
984-0816 仙台市若林区河原町1-7-29-101
TEL 022-398-6266 FAX 022-398-6269

最近の講演報告・講演実績

検索フォーム

アクセスランキング

ご支援御礼

渡辺勝幸は平成23年11月に行われた宮城県議選に若林選挙区から立候補し、5,042票という貴重な票をいただきましたが、落選いたしました。残念な結果ではありましたが、今後ともふるさと宮城の復興のために尽力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

宮城県議選若林選挙区(平成23年11月13日執行・投票率34.65%)
当 細川雄一    自民現 7,728
当 本多祐一朗   社民現 6,536
当 千葉達     自民現 6,031
  福島かずえ   共産新 6,000
  渡辺勝幸    無新  5,042
  菊地ゆきお   み新 2,903
  小野寺かずたか 無新 978


120216 gaitorokuchonomeAkXOfoVCMAAmJYo 早朝街頭を続けています。平成24年1月撮影。

渡辺勝幸の政治活動を応援していただける方は、まず無料の「渡辺勝幸後援会メールマガジン」にご登録ください!

【渡辺勝幸応援団よりのお願いです】
渡辺勝幸後援会に入る方法

このブログについてご説明

このブログは、渡辺勝幸が3,300日以上毎日書いているメルマガ「日本一元気になるビジネスマガジン」の過去記事を中心に構成しています。メルマガでは、ブログに書けない話なども書いていますので関心のある方はぜひどうぞ。メルマガ登録はこちらから。

メルマガを3,300日以上毎日書いています

【仙台発!】政治家であり起業家である渡辺勝幸の日刊メルマガ。 9年以上、3,300日以上連続でメルマガを書いています。 政治経済の裏事情、起業家、経営者向けのおトク最新情報を、独自の視点と素早く貴重な情報で、 意識の高い経営者、ビジネスパーソンに毎日お届け。 1通20円ですが、得られる情報はメディアにないものとなります。 失業、起業、震災、選挙落選、そして当選とここ数年波乱万丈な人生を送っている筆者が、東北の真の復興のための活動報告も。 著者は宮城県議会議員(仙台市若林区)44歳。 起業集団株式会社つくる仙台経営(起業支援、創業スクール事業)、東北大学大学院講師。

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QRコード

Facebookページに「いいね!」

「いいね!」するだけで、つくる仙台の日々の更新情報が届きます。たまに「ここだけの情報」をお伝えします!