国際リニアコライダー(ILC)誘致活動のための視察につくば市のKEK(大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構)を訪問しました - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

国際リニアコライダー(ILC)誘致活動のための視察につくば市のKEK(大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構)を訪問しました

2018年01月25日 22:28

本日1月25日、つくば市の

KEK(大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構)

を訪問しました。

宮城県議会では岩手県議会と共同で、
国際リニアコライダー(ILC)誘致の議員連盟を結成しており、
昨年総理官邸をはじめ関係機関に要望活動に行ったりもしたところです。



ILCとは何か?

最近新聞でもときどき記事を見かけるようになってきましたが、

ILC(国際リニアコライダー; International Linear Collider)計画は、
全長約30kmの直線状の加速器をつくり、
現在達成しうる最高エネルギーで
電子と陽電子の衝突実験を行う計画です。

昨年11月に国際将来加速器委員会(ICFA)は、
加速器の全長を20kmに短縮する新計画案を出しましたので、
現時点では20kmの加速器を建設する計画になっています。


この計画は、

「宇宙初期に迫る高エネルギーの反応」

を作り出すことによって、
宇宙創成の謎、時間と空間の謎、
質量の謎に迫るというものです。


ILC計画は、現在欧州CERN研究所で稼動しているLHCの
次に実現するべき有力な大型基幹計画として、
世界中の素粒子物理学者の意見が一致している計画。


ILC計画を進めるために、
アジア・欧州・米国の3極の素粒子物理学者による
国際共同研究チームが作られ、
日本の研究者も世界中の研究者と密接に協力しながら
研究を進めています。


あまり知られていないかもしれませんが、
わが国は世界が認める素粒子物理学と加速器技術の大国です。


岩手、宮城両県にまたがる北上山地が、
この超大型加速器ILC候補地となっており、
実現すれば東北地方としては久しぶりの超大型プロジェクトとなります。


人件費を含めたILCの総事業費は
約1兆912億円で年間運転経費は約491億円と試算されています。

加速器本体の建設費も5,000億円ということで、
予算としても大きなものになりますが、
このILC計画は加速器そのものの事業以上に、
多くの分野への波及効果が大きいものになるとされています。



素粒子物理学を中心として、
加速器建設にあたっては様々な技術の産業波及、
地質環境調査、教育、医療、文化をはじめ分野の垣根を超え、

「世界の知の拠点」

になるだろうといわれています。


世界中から研究者・学生が日本に集まり、
新しい文化・技術の拠点となっていくんですね。



素粒子物理学とは何か、
ということはなかなか難しいわけですが、

簡単にいうと、
私たちの暮らしを支えている技術の基礎研究だといえます。

たとえば、電子が発見されエレクトロニクス分野が発展し、
量子力学はライフサイエンス・ナノテク・ITを生み出し、
X線やPETなどの医療診断装置や粒子線治療を生み出しました。


仙台市青葉区に誘致決定間近とも言われている
放射光も加速器がつくるものですが、

これは新しい薬をつくったりする基盤となるものでもありますし、

インターネットの基礎であるウェブWWWも
素粒子研究から発明されました。



どういうことかといえば、
素粒子物理の研究は、
様々な産業分野に派生するものであり、
必然的に関連産業の企業立地が促進されることになります。

岩手・宮城にそうした「知の拠点」ができれば、
地域の先端科学技術産業の集積が加速されます。


わが国はものづくりの国とされてきましたが、
近年厳しい状況にあります。

ものづくり大国日本の再生にも
大きくつながる計画となることでしょう。


同時にILCの建設・運用で、
大きな雇用効果もあり、

「30年間で約25万人分の雇用機会が創出される」

という研究結果も出されているところです。


世界の研究者が共通の課題に取り組むことはとても大切なことであり、

アメリカにはNASAが、
欧州にはCERN(スイス)が、
そして近年はITER(フランス)が誘致され、
世界の研究拠点となっています。


アジア地域における代表として
日本にILC研究所が設置され、
宇宙の謎を探る世界の研究拠点となれば、

東洋の知の拠点となりますし、
多くのアジアの研究者もILC日本誘致に強い期待を寄せているところです。


近年このILC誘致に中国も名乗りを上げているそうでありますが
世界においてもやはりわが国への期待は高いものがあるようです。


世界からたくさんの研究者が集まり、
平和を愛する日本の精神をもとに
大きな文明の転換期にふさわしい
基礎科学拠点の誘致を、
この東北に実現するチャンスが今年であり、
重要な年となるんですね。




【今日の視察】

今日の視察内容としては、
つくば市のKEK内にある、

 超伝導リニアック試験施設(STF)

 先端加速器試験棟(ATF)


の二ヵ所を中心にお話をうかがってきました。


ILC計画が実現した際に、
建設の基礎となる加速器やその建設機械の研究をはじめ、
超伝導、極低温技術、
超高品質ナノビームの生成、制御などなど、

最先端の研究内容のお話から、
現在欧州スイスにある、
世界最大規模の素粒子物理学の研究所であるCERNが、

どのような研究所であるかというお話まで、
様々うかがうことができました。



ーーーーーーーーーーーーーーー

ILCの誘致にはまず日本政府の決断が必要です。
昨年12月に宮城県議会・岩手県議会が要望活動をしたのも、
政府に早期実現を要請するものだったわけですが、

この計画が実現すれば、
東北の復興にとどまらず、
日本が世界の知の研究拠点になる大きなチャンスとなります。

同時に宮城県・岩手県にとっても、
産業振興・雇用創出という点でも、
大きなチャンスになります。


今年はこの国際リニアコライダー計画の誘致に、
私も力を注いでいきたいと思いますし、
宮城県、仙台市がその大きな役割を担わなければならないでしょうから、
ILC計画誘致実現に向けて、

「世界の知の拠点をつくる」


ことを今年の活動の一つにしていきたいと思います。



関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2438-a7387faa
    この記事へのトラックバック



    fx