私が高校時代にとった物理のテストは2点!(注:100点満点) - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 総務企画委員会副委員長。
 宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会委員。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。

宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。42歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。
平成28年 宮城県議会 保健福祉委員会 委員。 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

私が高校時代にとった物理のテストは2点!(注:100点満点)

2018年01月22日 22:09

現在私は42歳なのですが、
人生好きなように生きてきました。

志をもってやりたいことをやる。

たくさんの人の支えのおかげで、
42年間やりたいことをやることができました。


したがって、
自分の人生で後悔していることはありません。

後悔するくらいなら、
大失敗してでもやってしまえ!

という性格なので、
実際には大失敗してばかりで恐縮なのですが、
後悔はしていません。


しかしそんな私でも、
人生で後悔していることが一つあります。


それは、

「物理の基礎的勉強を
 学生時代にしておくべきだった」

ということです。


現在、東北地方に誘致を実現しようと
宮城県議会でも要望活動をしている、

「国際リニアコライダー」

という施設がありますが、

物理の基礎的知識があったら、
様々な資料が読めただろうなと思うわけです。




どれくらい私が物理が弱かったかというと、
高校時代の物理のテストは

「2点」

でした。


私は高校2年時、
文系クラスで行くことを決めていたので、
世界史の勉強に熱中し、

大学受験の科目にない物理は最初から捨てていました。
この偏った姿勢は反省ですね。


その結果、あるときの世界史は
98点をとることができたのですが、

勉強しなかった物理は、
まったく意味が分からず、
唯一速さを求める問題で、

「距離÷時間」

で答えを2点分たたき出しました。

いま思うと小学生レベルですね。




物理のA先生は、
信じがたい点数のテストを
私に渡してくださいましたが、

「再テスト、がんばりなさい」

とやさしく言ってくださいました。


A先生は当時もう定年退職されて
何年も経っていたおじいちゃん先生で、
とても温厚な方でした。

なんだか申し訳ないなと思いながら、
再テストを受けたのですが、

申し訳ない気持ちとは裏腹に、
点数は忘れましたが再テストも落第でした。


「もう少し頑張って勉強してみなさい」

ということで、再々テストを受けました。

勉強してみたのですが、
それでもやはり手ごたえはなく、
再々テストも落第でした。

「仕方ないなあ」

とA先生は物理階段教室の掃除をするよう、
私に指示しました。

掃除をきちんと終えて、
A先生は物理の単位を認めてくださいました。

教育委員会規則上問題があったかもしれません。



あれから四半世紀の年月が立ちまして、
宇宙政策や基礎研究の予算などの資料を読むたびに、
A先生とのやり取りをときどき思い起こしたものです。

ーーーーーーーーーーーーーー



数日前、
A先生の訃報を新聞で目にしました。

世界史だけ勉強をして、
物理を全く無視したツケが
今になってきているなあと感じながら、

なぜか物理を毛嫌いするほど嫌いにはならなかったのは、
A先生のあの温厚な性格にあったのかなあと、
言い訳じみた気持ちになりながら、
思い出を回想した冬でした。



A先生に感謝申し上げ、
先生のご冥福を心よりお祈り申し上げます。



関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2437-6687c585
    この記事へのトラックバック



    fx