年末年始、渡辺のオススメ書籍!(平成29年末)その3(終) - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

年末年始、渡辺のオススメ書籍!(平成29年末)その3(終)

2017年12月29日 23:59

今年もあと少しで終わりですが、
ふだん分刻みのスケジュールの方も、
年末年始を生かして読書をしてみてはいかがでしょうか。


あらゆる人から学ぶ、
そんな気持ちを持っていると、
世の中のいろんな人々が書いた本を読むことこそ、
あらゆる人から学ぶことになるのではないかと感じます。


毎年このメルマガでは、
年末年始皆さんにオススメの本を紹介しています。

平成29年末、その3です。





【1、近藤康史『分解するイギリス: 民主主義モデルの漂流』(ちくま新書 1262) 】
⇒ http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480069704/cuccakatsu-22/ref=nosim


EU離脱後のイギリス政治について、
若手国際政治学者の注目作。

日本の政治はイギリスをモデルとしてきたわけですが、
現在混とんとしてきたイギリス政治の真相に迫る良著です。


───────────────────────────────────
【引用ここから】


EU離脱でイギリスは分解に向かいつつある。
機能不全に陥った英国政治はもはや民主主義のモデルたり得ないのか。
危機の深層に迫る。

内容(「BOOK」データベースより)
かつて世界で「民主主義のモデル」として賞讃されたイギリス政治。
だがそれはいまや機能不全に陥り、
ブレグジット(Brexit)=EU離脱という事態へと立ち至った。

イギリスがこのように「分解」への道をひた走っている
真の原因はいったいどこにあるのか。

安定→合意→対立→分解へと進んできた現代イギリス政治の流れを俯瞰し、
すでにモデルたり得なくなった英国政治の現状をつぶさに考察。

混迷をきわめる現代政治のシステムと民主主義モデルの、
今後あるべき姿を問いなおす。


【引用ここまで】
────────────────────────────────────






【2、楡周平『プラチナタウン』】
⇒ http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4396632983/cuccakatsu-22/ref=nosim


WOWOWでもドラマ化され、
Amazonビデオでも見ることができますので、
本で読まなくてもいいかもしれませんが、

地方創生の限界と、
地方を元気にするためには、
この手法が一番まっとうなのかもしれません。

伊吹文明・元衆議院議長が、
石破茂・地方創生大臣に勧めた本としても有名です。

地方に暮らす方々、
地方政策に携わる方々におススメの本です。



───────────────────────────────────
【引用ここから】


内容紹介
総合商社部長の山崎鉄郎は、
一寸したつまずきから出世街道から外された上、
150億もの負債を抱えて平成の大合併からも爪弾きされた
故郷・緑原町の町長を引き受ける羽目に陥ってしまう。

鉄郎のビジネススキルを当てにする故郷の人々。

しかし、町長に就任してわかったことは、
財政再建団体入りは不可避といえるような、想像以上にひどい現実だった。

そんな中でさえ、事態の厳しさが認識できない人々、
相も変わらず私腹を肥やそうとする町議会のドンなど、
鉄郎の前に田舎ゆえにまかり通る非常識が立ちはだかる。

そんな困難に挫けず、鉄郎が採った目からウロコの財政再建策とは?
一発逆転の大勝負ははたして成功するのか?

核家族というライフスタイルを造った
八百万団塊世代の定年で本格化する「老人問題」、
地方交付税や国県補助金の減額でますます強まる「地方の疲弊」、
大型団地だけでなく都市部の私鉄沿線でも始まった「町の虫食い化」など、
現代が抱えるビビッドな社会問題を、
追いつめられた男・山崎鉄郎と周りに集まったユニークな人々が、
様々な困難を乗り越え痛快に解決していく、著者の新境地を示す新社会派小説、
ここに誕生!

内容(「BOOK」データベースより)
これぞぐっ~ジョブ!?
平成の大合併からも爪弾き。
財政破綻寸前の田舎町が採った逆転の秘策とは?
シリアスな問題に明るく切り込む、硬派な新社会派小説。


【引用ここまで】
───────────────────────────────────






【3、出口治明『人類5000年史I: 紀元前の世界』(ちくま新書)】
⇒ http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4480069917/cuccakatsu-22/ref=nosim


先日、同じ会派の大先輩議員であります、
相沢光哉宮城県議会議員から、
これは読んでおいたほうがよいよとおススメいただいた本です。

出口さんは、
2018年1月より立命館アジア太平洋大学第四代学長に就任予定ということで、
最近もニュースで取り上げられていましたが、
話題の人です。

必ずしも主張のすべてに賛同するわけではありませんが、
歴史を大局的にとらえ、またわかりやすいその文章に、
新書とは思えないボリュームを感じるところです。




───────────────────────────────────
【引用ここから】


内容紹介
人類の五千年を5巻にまとめる、
どこにもなかった歴史書の第1巻、ついに刊行!
文字の誕生から知の爆発の時代まで紀元前三千年の歴史をダイナミックに見通す

内容(「BOOK」データベースより)
文明の誕生から現代まで、
五〇〇〇年の人類の歩みをまとめる著者のライフワークの第一巻。

文字の誕生と最初の文明(BC三〇〇〇‐BC二〇〇一)から、
チャリオットによる軍事革命と
紀元前一二〇〇年のカタストロフ(BC二〇〇〇‐BC一〇〇一)
世界帝国の時代(BC一〇〇〇‐BC五〇一)、
知の爆発の時代(BC五〇〇‐BC一)まで、
紀元前およそ三〇〇〇年の歴史をダイナミックに展開する。


【引用ここまで】
───────────────────────────────────






今回も、私の大学時代のゼミの後輩である大西氏に、
オススメ書籍を推薦していただき、
そのなかからもメルマガでご紹介しました。

ありがとうございます。


メルマガ読者の皆さんのなかでこれを読んだとか、
この本いいですよというオススメがあれば、
メールをください!

よろしくおねがいいたします!








関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2425-9bf63165
    この記事へのトラックバック



    fx