年末年始、渡辺のオススメ書籍!(平成29年末)その2 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

年末年始、渡辺のオススメ書籍!(平成29年末)その2

2017年12月28日 23:59

今年もあと少しで終わりですが、
ふだん分刻みのスケジュールの方も、
年末年始を生かして読書をしてみてはいかがでしょうか。


あらゆる人から学ぶ、
そんな気持ちを持っていると、
世の中のいろんな人々が書いた本を読むことこそ、
あらゆる人から学ぶことになるのではないかと感じます。


毎年このメルマガでは、
年末年始皆さんにオススメの本を紹介しています。

平成29年末、その2です。





【1、渡部恒郎『業界メガ再編で変わる10年後の日本』】
⇒ http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492961364/cuccakatsu-22/ref=nosim


日本M&Aセンターは、事業承継はじめM&Aで急成長している会社ですが、
この会社の執行役員・業界再編部長である著者が、
再編が進む各業界の今後を見通した本で、
現在ベストセラーになっています。

各業界のキーマンのインタビューとともに、
わが国のビジネスをマクロ的に見る視点が得られます。


───────────────────────────────────
【引用ここから】


【話題沸騰】
来る「大廃業時代」「人口減少時代」、あらゆる境界線はなくなっていく。
業界再編は、他人事ではない。


物真似や横並びのビジネスを得意としてきた日本企業が、
過去の延長線から抜け出す方法とは?

ビジネスにイノベーションを起こすため、
ビジネスパーソンに必要な視点とは何か?


M&Aの視点から、業界再編の今を読み解き、10年後の日本を予想する1冊。
人口減や少子高齢化、デジタルシフトなど、
ビジネスをとりまく環境は大きな変化を迎えており、
業界再編はますます進むであろう。

「業界再編の5つの法則」「業界再編を加速させる9つの要因」など
業界再編時代のトレンド解説はもちろん、
各業界のプロフェッショナルが予測する10年後の業界地図など、
変革の時代を生き抜くあらゆるビジネスパーソン必見の内容だ。

≪本書の主な内容≫

●業界再編5つの法則
<法則1>どの業界も大手4社に集約される
<法則2>上位10社のシェア10% 50% 70%の法則
<法則3>6万拠点の法則
<法則4>1位企業10%交代の法則
<法則5>Winner-Take-Allの法則

●10年後の日本へつながる業界再編の波

●業界再編時代のM&Aの特徴と、成功のポイント5つ

●M&Aの専門家や業界の経営者が予想する各業界の10年後

●M&Aで「第二創業」を実現する


【引用ここまで】
────────────────────────────────────






【2、ゾーイ フラード=ブラナー、アーロン M・グレイザー著、関美和翻訳
『ファンダム・レボリューション:SNS時代の新たな熱狂』】
⇒ http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4152097337/cuccakatsu-22/ref=nosim


集客の手法は日進月歩、変化をし続けています。
ファンが熱狂するということが、
一つの目標ですね。

具体例をもとにそれぞれのビジネスに置き換えてみると
面白いことになるかもしれません。




───────────────────────────────────
【引用ここから】


爆発的ヒットか大炎上か
決めるのは「熱狂者たち(ファンダム)」だ!

特定の商品やコンテンツ、人物に熱狂する集団=「ファンダム」の活動が
かつてないほど活発になっている。

フェイスブック、インスタグラムなどの
ソーシャルメディアがファン同士を結びつけ、
対象へのアクセスを容易にしたのだ。

ビジネスの成功はいまや、
ファンダムといかに良好な関係を築けるかにかかっている。

炎上を回避し、彼らが求める「最高の体験」を生み出すための戦略とは?

人気クラウドソーシング・ホビー会社の経営者コンビが高らかに告げる、
「ファンの時代」の夜明け。


あらゆる業界・業種で生かせる具体例が満載!

・初音ミクが北米ツアーで36,000人を動員する世界的コンテンツになるまで
・コカ・コーラ社を動かし炭酸飲料「サージ」を復活させたファン15万人の力
・ディズニーが40億ドルで買収したスター・ウォーズブランドの真価
・アップルの伝説的な広告スローガン「Think Different」に秘められた意味
・マクドナルドがツイッター上で立ち上げた
「#あなたのマクドナルドストーリーをつぶやいて」キャンペーンが、
2時間で中止に追い込まれた理由

解説/若林恵(「WIRED」日本版編集長)

内容(「BOOK」データベースより)
特定の商品やコンテンツ、
人物に熱狂する集団=「ファンダム」の活動が
かつてないほど活発になっている。

フェイスブック、インスタグラムなどのソーシャルメディアが
ファン同士を結びつけ、
対象へのアクセスを容易にしたのだ。

ビジネスの成功はいまや、ファンダムといかに良好な関係を築けるかにかかっている。

炎上を回避し、彼らが求める「最高の体験」を生み出すための戦略とは?
人気クラウドソーシング・ホビー会社の経営者コンビが高らかに告げる、
「ファンの時代」の夜明け。

あらゆる業界・業種で活かせる具体例が満載!


【引用ここまで】
───────────────────────────────────






【3、おおたとしまさ『名門校の「人生を学ぶ」授業』】
⇒ http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4797390352/cuccakatsu-22/ref=nosim


志が大事であるということはよく言われることでありますし、
私も常にそう思っているわけですが、
それではどうすれば志は生まれるのか、

あるいは自己肯定感、
忍耐力、やる気などなど、
わが国の将来を担う若者に必要不可欠なものはどこから生まれるのか、
大いなるヒントを本書からもらえます。




───────────────────────────────────
【引用ここから】


灘、開成、豊島岡…変な授業に理由がある


●受験勉強だけでは東大に行けない! ?

名門校と呼ばれるほどの進学校ほど、
実は受験勉強以外により大きな時間を割いています。

しかも、それは流行りのプログラミング教育でも、
ネイティブに迫る英語でもありません。

「裁縫」や「なわとび」など、
一見、大学受験には関係なさそうな授業なのです。

果たしてそれはなんのためにあるのか?
名門校が考える「どんな時代になっても生きていけるための力」の育て方を探ります。


●16校の白熱授業を実況中継
本書でとりあげる学校は16校。
実際に授業を見学・体験し、教室の躍動感そのままに実況中継しています。

・おりがみで数学の難問を解く・灘
・65年以上の歴史がある「なわとび」検定・桐朋
・文庫本の読み聞かせ・東大寺学園
・レゴブロックで数学理解を深める・聖光学院
・大運動会で組織力と「個」を育てる・開成
・「演劇づくり」で正解のない問いに挑む・海城
・1人1つのバイオリンを使う音楽・芝
・唱歌の替え歌を作り自己を見つめる・麻布
・都会の真ん中のたんぼで種から稲作・筑駒
・リベラルアーツとしての「園芸」・鴎友
・キャンパスが生きた博物館・早稲田本庄
・「聖書」と「礼拝」が教育の両輪・女子学院
・毎日上半身裸でラジオ体操・栄光
・岩を削り続ける理科実験・武蔵
・毎朝5分間の裁縫・豊島岡
・真夜中に8時間の山登り・巣鴨


経済サイトで500万ページビューを誇った超人気連載の書籍化!

内容(「BOOK」データベースより)
16校の白熱授業を実況中継!
名門校と呼ばれるほどの進学校ほど、
実は受験勉強以外により大きな時間を割いている。

しかも、それは流行りのプログラミング教育でも、
ネイティブに迫る英語でもなく、
「裁縫」や「なわとび」など、
一見、大学受験には関係なさそうな授業である。

果たしてそれはなんのためにあるのか?
名門校で日々実践されている
「どんな時代になっても生きていけるための力」の育て方に迫る。


【引用ここまで】
───────────────────────────────────







【4、経産省若手プロジェクト『不安な個人、立ちすくむ国家』】
⇒ http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4163907475/cuccakatsu-22/ref=nosim


今年注目された若手官僚のレポート完全版。
今後の未来はどのようになっていくのか、
どのように変えていかなければならないのか、
読んでみると新たな視点が得られることでしょう。

今年、このプロジェクトの方たちとお会いできる機会があったのですが、
残念ながら日程の都合が合わず。

来年以降はこうした有為の若手官僚の皆さんとも、
さらに議論をしていきたいと思います。




───────────────────────────────────
【引用ここから】


経産省若手官僚が問いかける、日本の未来!

150万ダウンロードを記録した資料を補足を含め完全版として書籍化。
20から30代の官僚たちが現代日本を分析した未来への提言。

2017年5月に産業構造審議会総会の配布資料として公開されると、
多くのメディアに取り上げられ、瞬く間に150万ダウンロードを記録し、
賛否両論を巻き起こした「不安な個人、立ちすくむ国家ーモデル無き時代をどう前向きに生き抜くかー」。

これは「経済産業省次官・若手プロジェクト」の一環として作られたもので、

今後日本が立ち向かうべき課題
「富の創造と分配」
「セーフティネット」
「国際秩序・安全保障」

について議論を重ねたものです。

この資料に補足を加えた完全版、
さらには養老孟司、冨山和彦、東浩紀らとの座談会、
プロジェクトメンバー6人のインタビューを収録。

内容(「BOOK」データベースより)
瞬く間に150万ダウンロードされ、賛否両論を巻き起こしたレポート完全版!
養老孟司、冨山和彦、東浩紀×経産省若手官僚。
日本の未来を一緒に考えませんか?


【引用ここまで】
───────────────────────────────────






【5、阿南友亮『中国はなぜ軍拡を続けるのか』(新潮選書)】
⇒ http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4106038153/cuccakatsu-22/ref=nosim


中国の動きが21世紀前半のわが国にとって、
そして東アジア情勢にとって大きなキーポイントです。

中国研究者から見た、
政軍関係の実態について学ぶことが多い書籍です。

また、日本では政治とカネについて厳しい視線が注がれ、
それはそれでよいことであると思うのですが、

たとえば習近平ファミリーは
資産だけで数千億円あるといわれており、
個人の政治家だけで一政府ぐらいの経済規模を誇っているようです

一党独裁体制における政治家と軍の関係、
中国共産党の今後については、
さらに勉強しておく必要があるでしょう。


───────────────────────────────────
【引用ここから】


?小平の「誤算」と「軍拡の底なし沼」とは──?
共産党独裁の「暴力依存」構造を解き明かす。

日本がいかに誠実な対応を取ろうとも、
どれだけ経済的相互依存を深めようとも、
中国共産党はこの先も軍拡を続けるし、
いつか武力衝突に発展する危険性がある。

それはなぜか──?
人民解放軍の分析を長年にわたり続けてきた気鋭の中国研究者が、
一党独裁体制における政軍関係のパラドックスを構造的に解き明かし、
対中政策の転換を迫る決定的論考。


<禍乱の中国現代史から、「軍拡政治」の謎を解く! >

●天安門事件後に日本がおかした「判断ミス」とは?
●毛沢東が解放軍元帥たちに仕掛けた「罠」とは?
●?小平の「改革・開放」における「設計ミス」とは?
●江沢民の「保身」が「軍事費の大膨張」を招いた?
●胡錦濤の「和諧社会」は、江沢民派に潰された?
●習近平の「反腐敗」は、「反薄熙来」「反胡錦濤」?
●解放軍と米軍の実力差は、さらに拡大する一方?
●「互恵関係」の維持は、中国の「軍拡」に直結する?



【引用ここまで】
───────────────────────────────────





メルマガ読者の皆さんのなかでこれを読んだとか、
この本いいですよというオススメがあれば、
メールをください!

よろしくおねがいいたします!




関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2424-99d8cc23
    この記事へのトラックバック



    fx