年末年始、渡辺のオススメ書籍3冊!(平成29年末)その1 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

年末年始、渡辺のオススメ書籍3冊!(平成29年末)その1

2017年12月25日 22:54

今年もあと少しで終わりですが、
ふだん分刻みのスケジュールの方も、
年末年始を生かして読書をしてみてはいかがでしょうか。


あらゆる人から学ぶ、
そんな気持ちを持っていると、
世の中のいろんな人々が書いた本を読むことこそ、
あらゆる人から学ぶことになるのではないかと感じます。


毎年このメルマガでは、
年末年始皆さんにオススメの本を紹介しています。





【1、田崎史郎『小泉進次郎と福田達夫』(文春新書) 新書】
⇒ http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4166611488/cuccakatsu-22/ref=nosim


日本政治の次の世代を担うのは、
やはり安定して選挙が強い世襲政治家で、
その中でも優秀な政治家にならざるを得ないと思います。

十年以内には小泉進次郎氏が
軸に展開する可能性は高いと思われますので、
この二人は要チェックです。


───────────────────────────────────
【引用ここから】


「小泉家って親子の会話もワンフレーズなんですか?」(福田)

「そりゃね、ワンフレーズじゃ済まないよね」(小泉)

自民党若手政治家の中でもっとも期待される2人、
小泉進次郎氏と福田達夫氏の対談本が実現しました。

総理だった父のこと、世襲政治家の家のこと、
そして自分の夢のすべてを、初めて語り合った衝撃的な1冊です。

2人は2017年の農政(全農)改革で、
自民党の農林部会長と部会長代理という立場で、
初めてタッグを組み、大仕事を成し遂げました。

その過程で、お互いを知り、認め合い、
まるで昔からの親友のような関係になったのです。

「うちの親父(小泉純一郎元首相)は、
 政治家になると友だちなんかできないと言ってた。
 それが政治の世界だと」(小泉)

「確かに友だちはいなかったかもしれなかったけど、
 お父様には仲間がいた。
 うちの親父(福田康夫元首相)とか森喜朗首相は兄弟だった」(福田)

2人は驚くほど素直に意見をぶつけ合います。

農政改革の現場では、
敵陣に真っ先に攻め込んで暴れまわる騎兵隊長が小泉氏なら、
そのあとを粛々と占領していく歩兵隊長が福田氏。

個性は違うけれどもぴったりと息のあったコンビは、
小泉純一郎総理─福田康夫官房長官時代を彷彿とさせます。

司会はテレビの政治解説でもおなじみの、
時事通信特別解説委員の田崎史郎さん。

2人の本音をどんどん引き出していきます。
日本の未来を担う2人の本当の姿が見えてきます。


【引用ここまで】
────────────────────────────────────




【2、藤重佳久『やる気と能力を120%引き出す奇跡の指導法』
⇒ http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4591153371/cuccakatsu-22/ref=nosim


吹奏楽の世界では指導者によって、
結果が大きく変わるといわれていますが、

どの世界でもトップによって大きくその組織が変わるということは
言えるかもしれません。

教師の間でもこの本は注目されているということで、
リーダー論としても面白い本といえます。




───────────────────────────────────
【引用ここから】


「世界一受けたい授業」
「めざましテレビ」などで話題!

・全日本吹奏楽コンクール出場19回のうち金賞10回
・全日本マーチングコンテスト出場16回すべて金賞
・メジャーデビューCD『熱血! ブラバン少女』が
第29回ゴールドディスク大賞『クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー』を受賞
(以上、精華女子高校)、

・就任1年目で全日本吹奏楽コンクール出場
2年目には中学生から大学生までの混成バンドでマーチングバンド全国大会に出場
・3年目にはマーチングバンド全国大会&全日本マーチングコンテスト出場
(以上、活水学院)

など、実績多数の著者が実践する指導法。

著者の藤重先生は、吹奏楽コンクールの全国常連校である精華女子高校を、
部員5人の時代から育ててきた高校吹奏楽の名指導者。

毎年入れ替わる生徒たちをその都度導いて、
全国大会常連校の吹奏楽部を作りあげた。

そして2015年に、前年まで吹奏楽コンクールに出ていなかった活水学院に異動、
たった1年で全国大会に導くという快挙を達成した。


吹奏楽部というと運動系部活のように厳しい指導をするイメージがあるが、
藤重氏は「生徒一人ひとりの能力を引き出す」ことを重視し、
厳しさとやさしさをうまく使い分ける指導をする。

そんな著者が語る子どもの能力を引き出す教え方の極意を紹介する一冊。

吹奏楽の指導者だけでなく、他ジャンルの指導者や子育てに悩む親御さん、
部下指導に悩むビジネスパーソンの方にもオススメの一冊です。

(もくじより抜粋)
第1章/音楽は「自己表現」
・吹奏楽の曲に「歌詞」をつけて歌う
・指導の第一歩は「いい音」を聞かせること
・生徒同士の声の掛け合いの風土が「いい音」をつくる など

第2章/「やる気」がすべてのエネルギー
・私が就任1年目から「全国大会を目指す」と宣言した理由
・笑顔は心のビタミン
・「いい無理」はしてもいい。「悪い無理」はするな など

第3章/「社会に通用する人間」を育てる
・「日誌」に人間性が出る
・生徒の可能性の芽を摘まない
・「ほめる」から「気付く」 など

第4章/「指導者」としての考え方
・指導者は「自分の音楽」を信じ「我流」を貫く
・生徒が壁にぶち当たったときの対処法
・「役割」を成し遂げるため自分を成長させる など

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
藤重/佳久
活水学院吹奏楽団音楽総監督。活水女子大学音楽学部特任教授。
福岡県久留米市出身。武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科卒。
在学中より東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団の一員として活躍。
1979年より精華女子高等学校教諭。
2008年に全日本吹奏楽連盟より長年出場指揮者表彰を受ける。
また、09年には文部科学大臣優秀教育表彰を受ける。
その後、15年より現職。
「全日本吹奏楽コンクール出場20回のうち金賞10回」
「全日本マーチングコンテスト出場16回すべて金賞」
「高校吹奏楽部としては異例となるメジャーデビューCD『熱血!ブラバン少女』が
第29回ゴールドディスク大賞
『クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー』を受賞」(以上、精華女子高校)、

「就任1年目で全日本吹奏楽コンクール出場」
2年目には中学生から大学生までの混成バンドでマーチングバンド全国大会に出場」
「3年目には全日本マーチングコンテスト出場」(以上、活水学院)
など実績多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


【引用ここまで】
───────────────────────────────────






【3、井上和弘『儲かる会社をつくるには赤字決算にしなさい』】
⇒ http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4478061866/cuccakatsu-22/ref=nosim


会社経営をされている方は、
ぜひご一読いただきたい財務の本です。

特に中小企業経営者にとっては、
貴重な情報が満載だと思いますし、
決算書の意味をもう一度確認することができると思います。




───────────────────────────────────
【引用ここから】


■強い会社はなぜか赤字 お金を残す秘密とは?

■赤字にしたら、銀行の評価が上がる!

■経営書の名著『カネ回りのよい経営』の著者が明かす絶対に会社をつぶさない方法

■タブーだった「銀行」「国税庁」に交渉できる(秘)ノウハウが満載!


キャッシュを残すには、収入を上げるか支出を減らすしかない。

国内人口が減少し、海外との競争が激しくなる中で、収入を増やすことは困難だ。
一方、支出を減らして資金流出を抑えることは意外に簡単にできる。

資金の社外流出をストップさせる手段が、赤字決算である。

資産売却やオフバランス化、新しい減価償却制度の活用など、
正当な手法で赤字決算することで、
銀行からも評価され、キャッシュリッチな会社になる方法を伝授する。

さらに、銀行と交渉して金利や担保条件などを自社に有利にする方法、
税務調査の断り方や効果的な否認方法など、
これまで企業にとってはある種タブーと言える相手と、
きちんと交渉できる(秘)ノウハウも紹介。目からウロコの1冊。

普段はあまり気にしない「借入返済」と「税金」という
2大キャッシュアウトを抑えれば、お金持ち会社に変身できる。

内容(「BOOK」データベースより)
99%の社長が知らない衝撃の真実!!
赤字にしたら、銀行の評価が上がる!税金も払わなくていい!
無担保・無保証は当たり前!税務調査も怖くない!
「銀行」「税務署」マル秘交渉術。


【引用ここまで】
───────────────────────────────────






メルマガ読者の皆さんのなかでこれを読んだとか、
この本いいですよというオススメがあれば、
メールをください!

よろしくおねがいいたします!

関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2421-f1968794
    この記事へのトラックバック



    fx