拉致問題啓発舞台劇公演「めぐみへの誓いー奪還ー」を鑑賞 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

拉致問題啓発舞台劇公演「めぐみへの誓いー奪還ー」を鑑賞

2017年12月21日 22:21

本日平成29年12月21日、

拉致問題啓発舞台劇公演「めぐみへの誓いー奪還ー」

が多賀城市で開催されお招きいただきました。

この舞台劇は、
政府の拉致問題対策本部、
宮城県、多賀城市が主催したもので、

原田大二郎さんが横田滋さん役で出演、
劇団夜想会の上演によるお芝居でした。

私は現在、宮城県議会拉致議連の事務局長をしていますので、
今回この公演にあたり、
様々お手伝いしたところです。


90分以上にわたって熱演されたこの公演ですが、
拉致された横田めぐみさんのあまりにも悲しい思い、
ご両親のつらさが手に取るように感じられ、
すぐ隣の国でこんなことが起き、
わが国の主権がいとも簡単に侵害されている現状に、

政治家として何ができるのか、
今後何をしていかなければならないか考えながら見ていました。

そして考えれば考えるほど、
北朝鮮という国家が異常な状況にあり、
政治がひどいとこんなにひどい世界が生まれるのかと、
あらためて感じたところです。


日本にある自由、
平和、そして当たり前のように私たちが享受しているしあわせを、
あらためて感じながら、
何とかして早く北朝鮮から拉致被害者の方々が帰ってくるよう、
祈らずにはいられませんでした。


特に私も小学生と中学生の娘がいるので、
横田ご夫妻の気持ちは本当に痛み入ります。


拉致議連としての活動は精いっぱいやっていますが、
なんとしても結果を出せるよう、
さらなる活動を、そして外交も含めた奪還の判断を
政治家としてしていかなければならない、
そんな思いでした。


一日も早い拉致被害者の方々の帰国、
そして異常な状態にある北朝鮮が普通の国になるよう、
様々な活動を今後とも進めていきたいと思った次第です。



今日の拉致啓発劇は大変すばらしいものでしたが、
某党の県議さんは、
来賓紹介と政府の拉致事案説明が終わった後、
予定があるとのことで退席され、
この啓発劇をご覧になられずに帰っていました。

大変残念に思うと同時に、
今日ご覧になれなかった方には、
ぜひ全国各地でこの啓発劇は上演されていますので、
そちらへ参加していただければと思いますし、

また政府インターネットテレビで、
アニメ「めぐみ」を見る事が出来ますので、
こちらをご紹介しておきます。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アニメ「めぐみ」(政府インターネットテレビ)
⇒ https://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg1754.html

このアニメ「めぐみ」は、
昭和52年、当時中学1年生で北朝鮮により拉致された
横田めぐみさんの家族の苦悩や、
懸命な救出活動の模様を描いたものです

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー



わが国は戦後70年、
平和を守ってきたといわれますし、

平和憲法のおかげで戦争に巻き込まれずに済んだという主張もあるようですが、
どう考えてもこの拉致事件は戦時状態であるように思えてなりません。

脚本演出の野伏翔さんもおっしゃっていましたが、

レバノン女性拉致事件においては、
レバノン政府が右も左も挙げて北朝鮮に強硬姿勢を示し、
国交断絶を宣言、北朝鮮も折れ、
全員が帰還することができました。


わが国の現状をただ嘆くだけではなく、
具体的に国民の生命と財産を守る手だてを
政治が考えていかなければなりません。


拉致事案こそ、
目を背けずにしっかりと対策を練る必要があります。







関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2418-efaf40b5
    この記事へのトラックバック



    fx