東京2020大会マスコット3候補を小学生が投票で選びます! - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

東京2020大会マスコット3候補を小学生が投票で選びます!

2017年12月10日 22:48

東京2020大会マスコット最終候補発表
⇒ https://tokyo2020.jp/jp/special/mascot/

東京オリンピック・パラリンピックの
大会マスコット3候補が発表されました。

この3候補から最終的に、
小学生のクラスが1票となり、
投票で選ばれることになりました。

小学生投票は明日12月11日より投票開始となります。

とても楽しみですね。

小学生の各クラスで、
どんなマスコットを選ぶのか楽しみですね。


この投票は事前に各校で登録することが必要とのことで、
小学校関係者の皆様はぜひ学校で登録し、
担任の先生とクラスのみんなで投票に参加されるとよいのではないでしょうか。

非常にいい思い出になると思いますね。


さらにはこの東京2020大会マスコットは、
全国の小学校の学級単位による投票によって選ばれるのですが、

「マスコット投票宣言」というものが必要のようで、
この宣言は組織委員会の東京2020参画プログラム認証事業、

域内の小学校等全校或いは一部の学校に
マスコット投票への参加を促進しようとする地方自治体が実施するものとなっています。


各地方自治体の早急な取り組みも必要とされますので、
こちらの御担当の方も急で大変ですが、
ぜひともよろしくお願いしたいところです。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【引用ここから】

「東京五輪・パラ 大会のマスコット3候補を発表」(NHK NEWS)

12月7日 12時14分東京五輪・パラ
⇒ http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171207/k10011249481000.html


東京オリンピック・パラリンピックの組織委員会は、
全国の小学生の投票で選ばれる大会のマスコットの
最終候補3つの作品を発表しました。

東京大会の顔となるマスコットは、
全国の小学生の投票で選ばれることになっていて、
7日は、東京 渋谷区にある小学校の児童たちの前で
2042件の応募の中から絞り込まれた最終候補3つの作品が発表されました。

マスコットは、オリンピックとパラリンピックのそれぞれで、
1つの作品になっています。

このうち「ア」の作品は、
大会のエンブレムにあしらわれている市松模様を身につけた人型のキャラクターで、
パラリンピックでは桜も表現されています。

「イ」の作品は、
オリンピックが招き猫やキツネ、
パラリンピックがこま犬をモデルに、
瞳に赤や青、緑といった大会のシンボルカラーがちりばめられています。

「ウ」の作品は、
オリンピックがキツネ、
パラリンピックがタヌキをモデルに紅白の色をしたキャラクターで
金色の水引を背負っています。

組織委員会によりますと、
これまでに海外の日本人学校を含め4150校が
投票に参加する手続きを終えているということで、
投票はクラスで1票を入れる方法で行われます。

投票は今月11日から来年2月22日まで行われ、
選ばれたマスコットは来年2月28日に発表される予定です。


「ア」案の特徴
3つの候補のうち「ア」の作品は、
東京大会のエンブレムにあしらわれている伝統の市松模様が表現されています。

オリンピックのマスコットは、
藍色の市松模様を仮面のようにつけて青い瞳をのぞかせ、
体にも市松模様が描かれており、
「伝統と近未来が1つになった温故知新なキャラクター」としています。

パラリンピックのマスコットは、
赤い瞳の周りのほか、
耳やほおの辺りには桜の花びらがデザインされ、
ピンクの市松模様をマントのようにつけていて、
「桜の触角と超能力を持つクールなキャラクター」としています。

組織委員会は「性格は正反対ですが、お互いを認め合い、大の仲よし。
おもてなしの精神で、みんなを応援するためにベストを尽くします」
と紹介しています。


「イ」案の特徴
3つの候補のうち「イ」の作品は、
瞳に、赤、青、緑といったオリンピックとパラリンピックの
それぞれのシンボルカラーがちりばめられています。

オリンピックのマスコットは、
福を呼ぶ招き猫や神社のキツネをモデルに、
「日本を暖める炎と大地から生まれたキャラクター」ということで、
赤いしめ縄のようなものを首に巻き、
尻尾が炎になっています。

パラリンピックのマスコットは、
神社の守り神であるこま犬をモデルに、
「日本に四季を呼ぶ風と空から生まれたキャラクター」で、
たてがみは雲だということです。

組織委員会は
「生まれや見た目、性格は違うけど、ふたりは大親友であり、良きライバル。
日本の大地や大空を舞台に競い合い、お互いを高めあっています」
と紹介しています。


「ウ」案の特徴
3つの候補のうち「ウ」の作品は、
紅白の色合いをベースに金色を取り入れていて、
めでたさを表現しています。

オリンピックのマスコットは、
「日本の昔話の世界から飛び出してきたキツネのキャラクター」で、
おでこと、ほおの辺りに赤茶色のまが玉の模様があります。

パラリンピックのマスコットは、
日本古来の化けるタヌキをモチーフにした
「頭の上の葉っぱを使い、自由に変身するタヌキのキャラクター」で、
ほおには白のまが玉の模様が描かれています。

組織委員会は「おめでたい紅白カラーに金の水引を背負ったキツネとタヌキ。
仲がよく、お互いの得意分野を理解し、いつも励まし合っています」
と紹介しています。


「力くれるマスコットを」
大会の組織委員会のマスコット審査会のメンバーで、
タレントの中川翔子さんは、報道陣に対し

「たくさんの応募の中でも本当にクオリティーが高く、
『かわいい』、『かっこいい』、『個性的』、
『力強い』、『日本らしい』などあらゆるポジティブな言葉が詰まった作品だ。
 最後に選ばれたマスコットは教科書にも載り、
 永遠に残るマスコットになると思うので、とてもわくわくしている」
と話し、投票への参加を呼びかけました。

最終候補の作品を見た4年生の男子児童は
「どれもいろいろな個性があふれていて、
 よいマスコットがいっぱいあり感動しました」
と話しました。

また4年生の女子児童は
「応援してくれたらうれしくなったり、
 力をくれたりするようなマスコットを選びたい」と話しました。

【引用ここまで】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2412-011ac0d9
    この記事へのトラックバック



    fx