私心さえ除き去るならば - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

私心さえ除き去るならば

2017年12月01日 22:32

禹と后稷の二人は、
志を得て天下にこれを行い、

顔回は貧しい街に窮居したので、
その行動においては異なっていましたが、

その道を実践する精神においては同一でした。

そのことを深く考えるべきです。


顔回の精神は、
自己を修めることにあり、

禹と稷の精神は民を救うことにありました。


しかしそのいずれもみな、
仁を行う道です。

仁者は、自分が立ちたいと思うとき、
人を立たせるようにし、

自分が行きつきたいと思うとき、
人を行きつかせるようにします。


自己を修めようとする心があるからこそ、
このように民を救おうとする心が生まれるのです。

ここが、三人の精神の同じ点であります。

大賢といわれるより上の人物は、みなそうです。


しかしながら中人、
すなわち中等の人物でありながら
大賢の素質の一端を得ているならば、
これまた一種の人物というべく、
凡庸人とは別個の存在です。

たとえば孟子より聖の任なるものと呼ばれた伊尹、
聖の清なるものと呼ばれた伯夷のごとき人物は、

その境遇が二人をしてかくならしめたところがあるとはいえ、
その性質や好みのうえにおいて、
凡庸人と自然とちがったところがあり、

まして中人以下の人々に比較すれば、
まったく質を異にするものといってよい。


しかるに人々が、孟子の言う

「道を同じうする」、

禹や稷も顔回も、精神においては同じであったという言葉にとらわれて、
自己の出るべきか出ざるべきかという際に、
その進退に拘泥してしまうと、
かえってその行動、窮屈になってしまうことでありましょう。


だいたいにおいて、
私心さえ除き去るならば、
進むもよし退くもよし、
出るもよし出ざるもよし、
その時に応じて自由に道を選ぶことができますが、

私心がまだ除き去られないと、
その進退出処、みな私心にとらわれて
道に反することとなります。


わたくし(吉田松陰)は、
性格が狂っていて行動が常軌を逸しがち、
孟子が言う、
髪を束ねずに振り乱したまま、
ひもを結ぶ暇もなく、冠を頭にのせたまま駆け出し、であり、

隣近所のけんかにまで、
髪を振り乱したまま仲裁に駆けつけてゆくという欠点を持っていますが、

それは自己の名誉や利益を求めての行動ではなく、
顔回のごとく、
貧しい街に窮居して道を楽しむことこそ、
もっとも安心するところです。


ここにおいて私は、
禹や稷のごとく行おうとする人物は、
顔回の心を持っていなければならないことを知りました。

もし苦労を厭うて自分の体ばかりを心配し、
禹や稷の行動をせず、
顔回の態度を形だけ真似るようなものは、
絶対に真の顔回にはなれないのです。



孟子は、禹や后稷の時代は平和な世であり、
顔回の時代は乱世であったといっています。

孔子や顔回の時代が乱世であったことは、
『春秋』等の諸書で知ることができます。

しかし禹や稷の時代も、
洪水は天にまでみなぎり、
庶民は食に苦しんでいたのですから、
太平の世であったということはできません。


しかも孟子が本章において
平和な世であったといっている理由は、
上に尭帝・舜帝という聖天子がおり、
下に禹・稷という名臣がいたからなのです。

春秋時代には、天子たるものが天子の名ばかりになって
その職責を行うことができず、
孔子や顔回のごとき聖賢であっても、
民間に隠れ住んでいました。

このことが乱世といわれる理由なのです。


そうであるから、
君子が上におり小人が下におるならば、
天災時変、夷狄禽獣の恐れがなかったとしても、
乱世の道なのです。

乱ということは兵乱をいうのでなく、
平ということは五穀がよく実るというのでもありません。


君が君の道を尽くし
臣が臣の道を尽くし、
父が父の道を尽くし
子が子の道を尽くすとき、

天下平らかであるというのです。


なお今の時代は、
平和な世というべきであるか、
乱世というべきであるか。

深く考えこれを知っていなければなりません。






ということを約150年前の日本において、
政治犯として牢屋の中にありながら、

囚人と看守に対して
熱心に教えた人がいたのでした。

その政治犯は間もなく
斬首刑になってしまいます。


そして時は立ち、
その政治犯の弟子たちが、

明治維新の原動力となり

日本を変えていったのでした。






関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2409-cfc3478f
    この記事へのトラックバック



    fx