『陸王』と成功者の事情について - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

『陸王』と成功者の事情について

2017年10月30日 23:46

世の中では成功している人がたくさんいますが、
大概メディアで連日取り上げられるような成功している人は、

しばらくすると手のひら返しのように、
メディアで叩かれたりするものです。


しかしこの前提として、
テレビに出てくる成功者について、
多くの方々は、

「運がよかったので短期間に世の中に出てきた」

ように思っているのではないでしょうか。

実際のところそういう人もいるかもしれませんが、
世の中そう簡単に成功するはずもなく、

実は下積みを重ねていたり、
いろいろな苦労を経て成功しているという人がほとんどです。



今月からTBS日曜劇場で、

テレビドラマ『陸王』

が始まっています。

池井戸潤の小説のドラマ化なのですが、
役所広司の演技もいいですし、
ちょっとしか見ていませんが、

見ていると、
経営者の苦しみ、
資金繰りの苦しさが
私も会社と落選後の政治活動などで経験したので
痛いほどよくわかります。


『陸王』
http://www.tbs.co.jp/rikuou_tbs/

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
【引用ここから】


埼玉県行田市にある足袋製造会社「こはぜ屋」は
創業から100年の歴史をもつ老舗だが、
近年は業績が低迷し資金繰りに悩んでいる。

そんなある日、四代目社長の宮沢紘一はこれまでの足袋製造の技術力を生かし、
「裸足感覚」を取り入れたランニングシューズの開発を思いつき、
社内にプロジェクトチームを立ち上げる。

会社の存続をかけて異業種に参入した「こはぜ屋」だったが、
資金難、人材不足、大手スポーツメーカーの嫌がらせや
思わぬトラブルなど様々な試練に直面する。

宮沢たちは坂本や飯山の協力や有村や村野の助言を受けて、
試行錯誤を続けながらランニングシューズの開発に邁進するのだった。


【引用ここまで】
ーーーーーーーーーーーーーーーーー


まだこのドラマは始まったばかりですので、
事業が成功してはいないのですが、

成功した事業、
成功した人の陰には、

実はたくさんの登場人物がいて、
またたくさんのそれぞれの場で努力した人がいて、

多くのドラマの偶然、奇跡の積み重ねの結果が、

最終的に一つの「成功」を生み出すんだな
ということをあらためて感じます。


そう考えると、
決して一人の力だけでは、
いかなる「成功」も生み出せないなと思うわけです。


政治家にとっての選挙も一緒ではないかと思います。


多くの支援者がいて、
候補者の見えないところで、
一生懸命声がけをしてくれたり、
手紙を書いてくださったり、
メールを送ってくださる方がいて、
はじめて「当選」につながるのだと思います。

政治家一人の力だけではそうはいきません。



しかし一方で、
成功している人について、

「あいつはいいなあ」

とか、

「何も苦労せず成功してけしからん」

と心の底で妬みのような気持ちが起こる人も
いるかもしれません。


ところがどんなに成功している人でも、
人にはそれぞれ事情があります。

冒頭述べたように、
下積みに苦労していたけれど、
決してそれを見せない人だったり、

いつも笑顔で楽しそうにしている人などは、
苦労知らずでいいなあと周りからは思われがちです。


しかしながら、
実は素晴らしい成功を収めている時の人であっても、
家庭では問題を抱えていたり、

幸せそうな家族に囲まれているとされる人には、
仕事上の尽きない悩みがあったり、

やはり人にはそれぞれ事情があります。



そんななかでも、
やはり努力して成功した人を目標として、
みんながほめたたえる、
そういう社会にならなければ、

それを見ている子供たちは、
努力をしなくなってしまうのではないかなと思うのです。


そうした風潮がもし蔓延するならば、
結果として、
国力の衰退を招くことになるでしょう。


まずは私自身もそうしなければと思っていますが、
成功した方々の努力を見つけて、
敬意を持つこと、

そして私自身も、
これからさらに努力を重ねていかなければと思います。


まあなかなかむずかしいことですし、
我が身を振り返ると、
いろいろと反省点ばかりの日々ですが、

自分が目標とする方々の姿をめざして、
自分自身もさらにさらに成功できるよう、
努力はし続けていきたいと思っているところです。






関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2398-9e111af1
    この記事へのトラックバック



    fx