世の中をより良くする5つの類型 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

世の中をより良くする5つの類型

2017年10月23日 23:37

昨日平成29年10月22日、
宮城県知事選と第48回衆議院議員選挙が行われました。

私の地元若林区は、
衆議院宮城2区になります。
結果は以下の通りです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【宮城県知事選挙】

当選 村井嘉浩(無所属・現) 825,460票
   多々良哲(無所属・新) 184,776票

【衆議院宮城2区】

当選 秋葉賢也 (自民・前) 111,559票
   鎌田さゆり(無所属・元)110,243票

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


この10月は、
選挙運動がメインの日々でしたが、
思い返すといろいろなことがありましたね。

希望の党が立ち上がったかと思えば、
民進党が事実上解党したり、
立憲民主党が生まれたり、
そして希望の党が失速したりと、
目まぐるしい政局でした。


そして選挙戦中も様々な戦いがあり、
論戦も活発でした。


選挙戦を通して私が今回も感じたのは、


「私たちは選挙に主体的に関われば関わるほど、
 世の中をよりよくすることができる」


ということです。

逆にいえば、


「選挙を(あるいは候補者を)斜めから見て、
 ただ批判をしているだけ、
 ただ論評をしているだけでは何も変わらない」


とも言えます。


だからこその「投票行動」であり、
投票所へ足を運ぶ、
この行為が「世の中をよりよくする第一歩」なんですね。



その次に世の中をよりよくする行為、第二歩は、

「他者に投票行動を促すこと」

だろうと思います。

「●●さんを、●●党を応援してほしい」
とお願いすることは、
最初のうちは気が引けるものですし、
断られたらどうしようとか思うものですが、
ここが二歩目なんだろうと思います。



さらに世の中をよりよくする行為、第三歩目は、

「政治家を育てる」

ということだと思います。

後援会活動に積極的に参加したり、
ボランティアで選挙戦に取り組むことで、
自分自身が得られるものも大きいものですが、

政治家を応援することで、
世の中をよりよくする活動に本格的に参画することになるでしょう



そして次に世の中をよりよくする行為、第四歩目は、
やはり

「選挙に立候補する」

ことだと思います。

ここからのハードルは非常に高いと思いますが、
私はどの党であれ、どの立場であれ、
選挙に出ようと決意をした方を尊敬しています。

主張は異なったとしても、
立候補するという行為は、

「人生を賭けて世の中をよりよくしたい」

という志がその前提にあるわけですから、
結果の如何を問わず、
素晴らしいことだと思います。

政策論争はもちろんするわけですが。


政治家に不満はあると思います。
政党に対する嫌悪感もある方もいるでしょう。

しかし私は、
政治に対して本氣で不満を抱く人は、
この「立候補」という行為に、
必ずや行きつくはずだと思っています。

「アベ政治を許さない」

でもいいでしょう。

「経済活性化政策をもっとやるべきだ!」

でもいいでしょう。

「自分でなければこの世の中を変えられない!」

と本氣で思えば、
出馬にいたるはずだと思っています。


そこまでではない、
自分にはほかにもっと大切な価値観があるんだ、
それはそれでよいことだと思います。
そのことを否定しているわけではありません。

その場合には、
これぞという政治家を応援したり、
投票所に足を運べばよいのだと思います。


まったく世の中が変わらない、
またはむしろ悪くなっていくのは、

「選挙を(あるいは候補者を)斜めから見て、
 ただ批判をしているだけ、
 ただ論評をしているだけ」


の行為なのだと私は思います。



今回も私の友人たちが、
国政にチャレンジし、
再選しあるいは初当選を果たしています。

また残念なことに素晴らしい同志と思える方も、
苦杯をなめる結果となった選挙区もありました。


私も落選を経験しているので、
そのつらさはご本人にしかわからないものがあるのですが、

それでも立候補するという行為は、

「人生を賭けて世の中をよりよくしたい」

という志がその前提にあるわけですから、
結果の如何を問わず、
素晴らしいことだと思う次第です。


必ずその思いは、
よりよい世の中をつくるパワーとして生かされます。

そして残念な結果にもかかわらず、
今日から次へ向けて動き、
それを継続していった方には、
また新たな力が加わっていくはずと確信しています。



そして最後に、
最も世の中をより良くすることができるのは、

「現職の政治家」

であると私は思っています。


いろいろな人に後ろ指をさされたり、
新聞や週刊誌に悪口を書かれたり、
ネットでも嫌味を言われたり炎上されたりするわけですが、

政治家こそが、
世の中をより良くしていくことができるのです。


私はまだまだ力不足なので、
少しずつ少しずつしか変えていけませんが、
それでも「少しずつ変えている」という実感を持っています。



今日から月曜9時のフジテレビのドラマで、
女性市議会議員を主人公とした物語が始まるそうですが、
ひとりでも多くの方々が、
政治をシニカルに論評するのではなく、
行動してほしいものです。

一票を行使する、
あるいは政治活動をする、
そしてさらには立候補する
という方々がどんどん増えていき、

世の中をより良くしようという政治家が
競い合うようになるとよいなあと思います。



私もこれからさらにさらに頑張って
宮城県をよりよい県にしていきます。



民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~(フジテレビ)
http://www.fujitv.co.jp/minshuunoteki/

関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2395-c5b3c525
    この記事へのトラックバック



    fx