【渡辺勝幸一般質問】大綱2 地方税財政の在り方及び地方創生について - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【渡辺勝幸一般質問】大綱2 地方税財政の在り方及び地方創生について

2017年09月15日 21:07

9月14日、
第361回宮城県議会(平成29年9月定例会)において、
渡辺勝幸は一般質問に立ちましたので、

このメルマガで数回に渡って、
一般質問の内容等についてお伝えしたいと思います。


今回は2回目として、

【大綱2】地方税財政の在り方及び地方創生について

の内容をお伝えしたいと思います。


───────────────────────────

【渡辺勝幸一般質問要旨】


大綱1 名取川及び広瀬川におけるかわまちづくり、川床イベントについて
以下3点について知事の所見を伺いたい。

(1)国交省が進める「かわまちづくり事業」の活用等により、
現在事業が行われている閖上地区はもとより、
県内各地においても、まちづくりと一体的に良好な河川空間を整備し、
利活用を図ることが重要と思うがどうか。

(2)広瀬川でのイベントに当たり、
川床設置を認めた県の判断を評価する。
地域活性化や観光振興等の観点から、
河川の利活用について更に柔軟な対応や新たな視点を導入すべきだがどうか。

(3)NPOは復興の一翼を担う主体としても不可欠である一方、
活動実態の把握が困難なものも少なくないと聞くが、
県内NPO法人の現状と課題についてどうか。

大綱2 地方税財政の在り方及び地方創生について
以下3点について知事の所見を伺いたい。

(1)新生児聴覚検査は、交付税措置されているにも拘らず、
平成27年度には県内で公費負担を行う市町村はない。
発達等への影響を最小限にするためにも、全新生児に対し検査を実施すべきだがどうか。

(2)財政力の弱い地方ほど、
本来実施すべき施策すら行えない三位一体改革以降の現状を踏まえ
地方税財政の在り方について、
国に対し具体的な指摘や政策提言を東北の先頭に立って行うべきだがどうか。

(3)自治活動の発展や震災復興の観点などから、
町内会等の役割は更に重要となるため、宮城県自治会連合会への支援等により、
県内での自治組織の活性化を図るべきだがどうか。

大綱3 宮城県における危機管理への取り組みについて
以下3点について知事の所見を伺いたい。

(1)北朝鮮の弾道ミサイルについて、
警報時の対処方法を知りたいとの声も踏まえ、
住民避難訓練を実施するとともに、
課題把握や各方面との情報共有を行うべきだが、
県内での訓練実施状況及び今後の対応はどうか。

(2)宮城県国民保護計画について、
昨今の情勢も踏まえた具体的な見直しが必要だがどうか。
また、県民への広報、周知を今以上に徹底すべきと考えるがどうか。

(3)農業基盤整備は、今回の日照不足、低温のような異常気象やゲリラ豪雨などによる洪水対策など
不測の事態に備えるという面でも非常に重要だが、
農作物の異常気象対策の現状と今後の農業基盤整備への取組についてどうか。


【一般質問要旨ここまで】
───────────────────────────







【大綱2】地方税財政の在り方及び地方創生について


(1)新生児の聴覚検査について


大綱二点目「地方税財政の在り方及び地方創生について」おうかがいいたします。

まず、過去にも取り上げられておりますが、
「新生児聴覚検査の公費補助」についてうかがいます。

聴覚障害は、早期に発見され、適切な支援が行われた場合には、
聴覚障害による音声言語発達等への影響が最小限に抑えられることから、
その早期発見・早期療育を図るためには、
全ての新生児を対象として新生児聴覚検査を実施することが非常に重要であります。

しかしながら今年六月に日本産婦人科医会が
全国二千四百の医療機関を対象に新生児聴覚検査の実施状況を調査したところ、
約十五%の新生児が聴覚検査を受けていないという結果が明らかになりました。

国の新生児聴覚検査事業は、
平成十八年度をもって国庫補助を廃止し、
平成十九年度の地方財政措置において、
「少子化対策に関する地方単独措置」として総額において大幅な拡充がなされることにより、
所要の財源が確保され、市町村に対して地方交付税措置されたものであり、
現在、市町村はこの「新生児聴覚検査事業」に対し、
公費助成も含めた事業の実施が求められているところであります。

しかし現在の状況をうかがったところ、
平成二十七年度において公費負担を実施している
宮城県内の市町村はゼロであるとのことです。

生まれつき難聴の赤ちゃんを早い段階で見つけ、
治療を施す時期が早ければ早いほど聴力が回復しやすく、
言葉の学習をスムーズに行うことができると言われております。

こうした事業はなかなか目立つものではありませんが、
村井知事が近年進めている、
福祉の充実というテーマに合致する施策でもありますし、
「宮城に生まれてよかった」と心から思えるためには、
やはり宮城県で生まれたすべての新生児に対し聴覚検査を実施すべきであると考えますが、
知事の見解をおうかがいいたします。



(2)地方交付税措置を含めた地方税財政の在り方、「三位一体の改革」の結果について

さて、今年二月の県議会一般質問におきまして、
私は「県内小中学校への新聞配架について、国は地方財政措置を講じるとともに新聞活用を新学習指導要領で位置付けているが、現状の配架率はどうか」
ということをおうかがいいたしました。

高橋教育長からいただきました答弁は、
県内の「学校図書館への新聞の配備状況は、小学校で二七・六%、中学校では一六・八%」
とのことであり、大変厳しい水準であると感じたところであります。

再質問では、教育長から
「市町村の教育長の皆さんとの意見交換の場で促していきたい」
という前向きなお話もいただき、
その結果について今後に期待するところでございます。

先ほど指摘しました「新生児の聴覚検査」と、
この「学校図書館への図書・新聞配備」は、
まったく畑の違う分野のテーマのように見えますが、
どちらも「市町村に対して地方交付税措置がなされているとされる事業」であり、
この二つの事業の現状の実施状況から見ましても、
各市町村に交付税措置がなされていても事業自体はほぼ実施されていない状況であり、
これは大変由々しき事態であると言わざるを得ません。

この状況は、市町村の現状をうかがっていると、
市町村が事業実施を懈怠しているというよりも、
むしろ大変厳しい財政状況のなか「やりたくてもやることができない」という状況であると、
私は認識をしております。

小泉政権のときに行われた三位一体の改革の中で、
「国から地方への税源移譲」「国庫補助負担金改革」が大きな議論となり、
国から地方への税源移譲が実現しましたが、
同時に地方交付税の総額は大きく削減されておりました。

当時は「三位一体の改革」といえば、
地方分権の象徴、改革の象徴のように、
よいイメージで国民、県民にとらえられていた感がありましたが、
あれから十年以上の年月が立ち、
また宮城県は震災で大きな被害を被ったなかで結局、
学校図書館は廃れ、新生児に対し聴覚検査もできず、
財政力の弱い地方へ行けば行くほど、
本来実施されるべき施策が行われずに、
結果として住みにくいまちが生まれてしまっているのではないでしょうか。


こうした「交付税措置をしているものの市町村では事業実施されていない状況」は、
たとえて言うならば、国が各自治体に対して
百円おこづかいをあげるからこれをつかって特上の寿司の出前を取っておくように」
と無理を言っているような、乱暴な状況であります。


三位一体の改革から十年以上たった結果、
地方ではこのような状況になっているということを、
国に対し単に地方交付税の増額要望をするというだけではなく、
人口減少、少子高齢化が著しく進展している東北の現状を踏まえ、
宮城県が先頭に立って具体的に指摘、政策提言していくべきであると考えます。

宮城県知事は全国知事会においても今後ますます、
その果たすべき役割が大きくなっていくものと思われます。

こうした地方交付税措置を含めた地方税財政の在り方、
「三位一体の改革」の結果がこの十年以上の間、
地方に対してどのような影響を及ぼしたのか、
政府に対して厳しくものを申すべきであると考えますが、
知事の見解をおうかがいいたします。



(3)県内における自治組織(町内会・行政区等)の活性化について

次に、町内会・行政区等自治組織の活性化についておうかがいいたします。

各市町村の役割も大きいものですが、
自治体を支える町内会・行政区といった地域住民による自治組織は
「地方自治の土台」であります。

こうした組織があってはじめて、
地域の防犯、交通安全、自主防災組織など、
私たち県民一人ひとりの暮らしの安全・安心が守られるものであります。


平成二十八年六月に、
こうした県内各市町村の自治会、町内会の連合組織として、
「宮城県自治会連合会」が誕生しました。

全国組織としての全国自治会連合会は、
昭和四十七年に発足しているとのことで、
宮城県は都道府県としては全国で二十六番目の組織とのことであります。

良好な地域社会の維持及び形成に資する
自治活動の振興発展に寄与するものとして、
私も大きな期待を寄せているところでありますが、
残念ながらまだ、仙台市、白石市、利府町(りふちょう)のみの加入とのことであります。

昨年十一月には仙台国際センターにおいて、
「全国自治会連合会宮城県仙台大会」が開催されているとのことで、
知事も来賓として出席されているとうかがっております。


地方自治の土台である自治活動を発展させていくこと、
また震災からの復興途上のなかで、
ソフト政策としての地域コミュニティの再生、
そして人口減少、少子高齢化のなかで町内会・行政区の果たすべき役割は、
今後の宮城県においてますます高まっていくことでしょう。


宮城県として、宮城県自治会連合会に対して支援をするなど、
県内における自治組織の活性化を進めていくべきであると思いますが、
宮城県としての見解をうかがいます。





(大綱三は明日以降に続けます)





質問内容についてのご感想、
ご意見、ご質問などいただければありがたく存じます。

すべてにお返事はできませんが、
今後の活動に役立ててまいります。





⇒ 「渡辺勝幸 宮城県議会県政活動報告」(ブログ)



関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2382-619ea789
    この記事へのトラックバック



    fx