【渡辺勝幸一般質問】大綱1 名取川及び広瀬川におけるかわまちづくり、川床イベントについて - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【渡辺勝幸一般質問】大綱1 名取川及び広瀬川におけるかわまちづくり、川床イベントについて

2017年09月14日 20:58

本日9月14日、
第361回宮城県議会(平成29年9月定例会)において、
渡辺勝幸は一般質問に立ちましたので、

このメルマガで数回に渡って、
一般質問の内容等についてお伝えしたいと思います。


1回目として、

大綱1 名取川及び広瀬川におけるかわまちづくり、川床イベントについて

内容をお伝えしたいと思います。


───────────────────────────

【渡辺勝幸一般質問要旨】


大綱1 名取川及び広瀬川におけるかわまちづくり、川床イベントについて
以下3点について知事の所見を伺いたい。

(1)国交省が進める「かわまちづくり事業」の活用等により、
現在事業が行われている閖上地区はもとより、
県内各地においても、まちづくりと一体的に良好な河川空間を整備し、
利活用を図ることが重要と思うがどうか。

(2)広瀬川でのイベントに当たり、
川床設置を認めた県の判断を評価する。
地域活性化や観光振興等の観点から、
河川の利活用について更に柔軟な対応や新たな視点を導入すべきだがどうか。

(3)NPOは復興の一翼を担う主体としても不可欠である一方、
活動実態の把握が困難なものも少なくないと聞くが、
県内NPO法人の現状と課題についてどうか。

大綱2 地方税財政の在り方及び地方創生について
以下3点について知事の所見を伺いたい。

(1)新生児聴覚検査は、交付税措置されているにも拘らず、
平成27年度には県内で公費負担を行う市町村はない。
発達等への影響を最小限にするためにも、全新生児に対し検査を実施すべきだがどうか。

(2)財政力の弱い地方ほど、
本来実施すべき施策すら行えない三位一体改革以降の現状を踏まえ、
地方税財政の在り方について、
国に対し具体的な指摘や政策提言を東北の先頭に立って行うべきだがどうか。

(3)自治活動の発展や震災復興の観点などから、
町内会等の役割は更に重要となるため、宮城県自治会連合会への支援等により、
県内での自治組織の活性化を図るべきだがどうか。

大綱3 宮城県における危機管理への取り組みについて
以下3点について知事の所見を伺いたい。

(1)北朝鮮の弾道ミサイルについて、
警報時の対処方法を知りたいとの声も踏まえ、
住民避難訓練を実施するとともに、
課題把握や各方面との情報共有を行うべきだが、
県内での訓練実施状況及び今後の対応はどうか。

(2)宮城県国民保護計画について、
昨今の情勢も踏まえた具体的な見直しが必要だがどうか。
また、県民への広報、周知を今以上に徹底すべきと考えるがどうか。

(3)農業基盤整備は、今回の日照不足、低温のような異常気象やゲリラ豪雨などによる洪水対策など
不測の事態に備えるという面でも非常に重要だが、
農作物の異常気象対策の現状と今後の農業基盤整備への取組についてどうか。


【一般質問要旨ここまで】
───────────────────────────





【大綱1】名取川及び広瀬川におけるかわまちづくり、川床イベントについて


自由民主党・県民会議の渡辺勝幸でございます。
議長のお許しをいただき、通告に従いまして以下大綱三点につき、質問いたします。



(1)名取川閖上におけるかわまちづくりについて

まず大綱一点目「名取川及び広瀬川におけるかわまちづくり、川床イベントについて」おうかがいいたします。

東日本大震災から六年半の月日が過ぎ、
宮城県の震災復興計画においても、
平成三十年度からは「発展期」の位置づけに入ることとなり、
ここから三年間は、震災直後からまいてきた復興の種を結実させるための重要な三年間となります。

村井知事の訴える「創造的復興」とは、
復旧にとどまらない抜本的な「再構築」を行い、
先進的な地域づくりを行っていくことにある、とされていますが、
そのなかでも「災害に強いまちづくり宮城モデルの構築」は、
私も最重要テーマであると認識しているところであります。

しかし、まちづくりには「災害に強い」という概念に加え、
「観光」「景観」等の観点も含めた「にぎわいの創出」という概念も
付け加えていく必要があるのではないでしょうか。

災害に強いまちでありながらも、親しみのあるまち、人をひきつけるまち。

自動車のハンドルやブレーキペダルの操作において、
幾らかの遊びが設定されているように、
強さと親しさの同居したまちづくりが、
復興以後にはますます必要であると感じております。

さて、県内沿岸部の各地では震災復興まちづくりが進展しておりますが、
名取市閖上地区においては現在、国の直轄河川事業として「名取川かわまちづくり事業」が進んでおり、
名取川の右岸堤防沿いを親水性の高い空間として整備することになっています。

震災で甚大な被害を受けた名取川沿岸でもある閖上地区に、
先日私は足を運びましたが、土地区画整理事業により、
公共施設の再整備や地盤の嵩上げの工事が急ピッチで進んでおり、
現地再建、防災集団移転促進事業及び災害公営住宅整備事業を活用、
住宅地と商業地等の再編を実施し、
安全な市街地の形成と産業の復興を推進しています。

近年、国土交通省が主導し推進しているこの「かわまちづくり事業」は、
地域活性化のために景観、歴史、文化及び観光基盤などの
地域が持つ「資源」や、地域の創意に富んだ「知恵」を活かし、
市町村及び地元住民と河川管理者の連携の下、
「河川空間」と「まち空間」が融合した、
良好な空間形成を目指す取組みです。

民間事業者が参画できることにより、
全国各地でさらなる地域活性化につながる「かわまちづくり」が展開されております。

名取市閖上地区における「かわまちづくり」計画は、
同地区での河川堤防の復旧にあわせ、
地域と連携した賑わいのある水辺空間を創出するものとなっており、
「河川空間」と「まち空間」の融合が閖上地区においてどのような取り組みになるのか、
大いに期待されているところです。 

名取川閖上地区におけるかわまちづくり事業について、
また今後さらに県内各地においても、
まちづくりと一体的に、良好な河川空間を整備し、
その利活用を図ることが重要であると考えますが、
県としての見解をおうかがいいたします。



(2)広瀬川における「川床イベント」について
 
さて、その名取川の支川である「名取川水系広瀬川」は、
古くから仙台市民にとってふるさとの川であり、
さとう宗幸さんが歌う「青葉城恋唄」の冒頭「広瀬川 流れる岸辺」という歌詞は全国に知れ渡っており、
仙台を象徴する川であるといっても過言ではありません。

その広瀬川に今年七月、
初めて「川床」が設置されイベントが実施されました。

このイベントは、仙台市のNPO法人「都市デザインワークス」が七月七日から九日、
大橋の下流約百メートルの左岸で、
仙台七夕まつりの先行イベントとして企画したもので、
河川管理者の宮城県が使用を認めたものであります。

河川法は河川区域の利用を原則として公的機関に限っているものの、
今回は短期間の開催のため、
県仙台土木事務所が河川区域の使用を認めたとのことで、
先ほど述べましたかわまちづくりの「河川空間」と「まち空間」が融合した
良好な空間形成を目指す取組みとして、
宮城県としての粋な判断、また文化的な立場を尊重した、
過去にはあまり見られない判断であり、
これは大きく評価されるべきものと感じております。


このイベントは「伊達な川床」と名付けた企画で、
川にせり出すように足場を組み、
水面の上に広さ約二十畳分の木製の板を張り、
テーブルセットが数台置かれ、
川岸に張ったテントで販売するビールやワイン、イタリア料理を
セルフサービスで運びながら、納涼床での飲食を一般客に楽しんでもらうというものでありました。

当日は多くの県民、市民をはじめ観光客が訪れたとのことであります。

さらにはイベント主催者等により、
除草や清掃などの環境美化活動も付随して行われるなどしており、
こうした取り組みの積み重ねにより、
予算をかけなくとも、河川整備、堤防の維持管理等に
わずかながらでも寄与するのではないかと期待をしているところでもあります。


こうした川床イベントの実施は、
近年全国的に頻繁に起こっているゲリラ豪雨等洪水時の利用者の安全確保や、
設置物による河川の損傷等の防止など、
河川の適切な管理に支障がないよう、
行政として果たすべき役割は果たさなければなりません。

しかしながら、川床で有名な京都の鴨川では、
長期間にわたり料亭や洋食店が河川の堤体に沿って軒を連ね、
インバウンド誘客に大きな効果を上げております。

本県においても、地域の活性化や観光資源としての活用など、
かわまちづくりの視点を取り入れた、
親水空間としての河川の利活用について、
今後さらに柔軟な対応、新たな視点を取り入れていくべきであると考えますが、
その見解をおうかがいいたします。



(3)県内NPOのあり方、課題とその現状について

次に、こうしたイベントの実施など地域の活性化を直接的に担っている
NPO、特定非営利活動法人についておうかがいいたします。

NPOは復興実現の主体としても、現在重要な役割を果たしております。

平成十年に制定された「宮城県の民間非営利活動を促進するための条例」に基づき基本計画が策定され、
宮城県としても「NPO等の絆力を活かした震災復興支援事業」
「NPO活動推進事業」「みやぎNPOサポートローン」等の事業が推進されております。

しかし近年指摘されているのは、
先程述べたような地域活性化に積極的な活動をしているNPOもある一方で、
活動実態がほとんどないNPOも増加しているとされており、
毎事業年度終了後提出が義務付けられている「事業報告書」等の書類を
作成していないNPO法人も少なくないとの声も聞こえてきております。

震災直後から様々な活動をしてきたNPOは
復興の発展期に欠かせない主体であると考えますが、
県内NPO法人の課題、現状についてその見解をおうかがいいたします。





(大綱二、三は明日以降に続けます)





質問内容についてのご感想、
ご意見、ご質問などいただければありがたく存じます。

すべてにお返事はできませんが、
今後の活動に役立ててまいります。








関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2381-9d1f5d0c
    この記事へのトラックバック



    fx