私は愛国者で同時に平和主義者ですー『空母いぶき』 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

私は愛国者で同時に平和主義者ですー『空母いぶき』

2017年06月25日 23:13

都議選が始まりました。

「東京から流れを変えるために憲法9条を守ろう」

と主張している政党があるそうです。


憲法9条を守っていれば、
平和を守れるとの主張であり、

さらに憲法9条を変えると
戦争になるとの主張だそうです。


私も日本の平和を守るべきであるとは強く思いますし、
子供たちが戦争に巻き込まれないようにすることが、
政治家の大きな役割であると思っています。



しかし、憲法9条を守っているのに、
わが国領土から日本人が突然拉致されたり、

憲法9条を守っているのに、
わが国の領海にミサイルを撃ち込まれたり、
また不審船がわが国の領海内に何度も何度もやってきています。

さらには北でも南でも、
わが国固有の領土の一部は外国に占領されています。


また、憲法9条を守っているのにも関わらず、
中国の領海侵犯は平成24年以降激増しています。






憲法9条で平和が守れると主張されるのであれば、
ぜひ東京都よりも中国や北朝鮮に対して、
憲法9条を制定するよう主張していただきたいものです。


今後、憲法9条を守り続けている間に、

周辺諸国からミサイルが飛んでこない、
わが国領土から拉致されることはない、
わが国領土が攻め込まれることはない、

のであれば、
私も憲法9条を守り続けるべきであると考えますが、

国の平和と憲法9条には因果関係があるようには、
私にはどうも思えません。


現実の国際社会、アジア情勢、
とりわけ北朝鮮をめぐる情勢や、
南シナ海の東南アジア諸国と中国の情勢などを見ていると、

平和を唱えていても、
戦争を仕掛けられたら、
ミサイルを撃ち込まれたら、
わが国の平和を維持することは一瞬で不可能となることでしょう。




私は愛国者で同時に平和主義者です。

日本の平和を守るべきであると強く思いますし、
子供たち、孫たちの時代になっても、
なんとしても戦争に巻き込まれないようにしたい。


しかし、わが国の国民が拉致をされたり、
他国に占領されて自由を奪われたり残虐な仕打ちにあったときに、
戦う覚悟を失ってはいません。


何もせずに、子供たちや孫たちが殺されていくような状況を、
黙っているわけにはいきません。




とはいえ、
わが国は七十年以上にわたり平和を享受してきました。

これはたくさんの先輩方の努力のおかげであり、
英霊、先人の思いに心から感謝をしなければいけないと思います。


そしてこの平和を守るために、
今後、わが国の国民の生命と財産を守るために何が必要か、
周辺事態としてどんな状況が起こる可能性があるのか、

あらゆるシナリオを想定して、
事前に備えておくことが政治家の役割であると考えます。

決して目先の選挙に当選するために、
耳に心地よいことだけを言うことであってはならないと考えます。




ーーーーーーーーーーーーーーーー


最近、かわぐちかいじのコミックス、

『空母いぶき』

をキンドルで合間の時間などに読んでいました。

コミックスとしては6巻まで出ており、
まだ連載途中なのですが、

これは単なる漫画と見るのではなく、
一つの周辺有事のシナリオになるのではないかと感じています。








 
かわぐちかいじ著、惠谷治監修『空母いぶき 6 (ビッグコミックス)』




あらすじとしては以下の通りです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【ウィキペディアより引用】


20XX年10月、嵐の中で遭難者に擬装したと思われる工作員が、
尖閣諸島の南小島に上陸し、
「この島は中国固有の領土であり、中国本土の船舶を待つ」
と主張する「尖閣諸島中国人上陸事件」が発生。

さらに日本の領海に侵入を図る中国海警局の船舶と海上保安庁巡視船との衝突、
調査目的で派遣された護衛艦への威嚇射撃と事態がエスカレートし、
日本政府はなかば中国に屈する形で事態の収拾を図るが、
中国の行動に危機感を覚えた首相は、
同時に新型護衛艦の就役と、
その艦船を旗艦にした新護衛隊群の創設を柱とする「ペガソス計画」の前倒しを決定する。

事件から1年後、事実上自衛隊初の空母である「いぶき」が完成。
艦長には元航空自衛隊のエースパイロットという異例の経歴を持つ
秋津竜太一佐が任命され、副艦長兼航海長には新波歳也二佐が選ばれる。

自分たち自衛官は軍人であり、
万一の際は武力行使や命を懸けることも厭わない秋津の方針に対し、
自衛隊が専守防衛・人命第一で行動してきたことに誇りを持つ新波は違和感を覚えるが、
一方で彼の努力、部下を取りまとめる力は認めており、
反意を示すことは避けつつ各地で演習航海を続けていた。

翌20XY年4月、「いぶき」が南鳥島沖での演習航海中、
中国軍は「曙光工程」を発動、突如として日本への侵攻を開始する。

先島諸島の制圧を許し、自衛隊初の戦死者を出したことに加え、
中国に話し合いの余地がないと見た日本政府は、
内閣総理大臣である垂水慶一郎の指揮により、
海上警備行動に続き史上初の防衛出動を下令。

この時点で、自衛隊と中国人民解放軍との武力衝突は避けられないものとなる。

「いぶき」は前線へと急行するが、
中国も防衛出動に即応し、
新型空母「広東」を先島諸島へと向かわせていた。

日中両政府の交渉は決裂し、
ついに実力行使による領土奪還作戦「隼」が発動する。


【引用ここまで】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


全く空想のマンガの世界であると考えることもできますし、
中国が日本に侵略するなんてありえない話ともいえるでしょう。

しかし、憲法9条を守り続けた将来、
この『空母いぶき』のシナリオのように、
突然中国が侵攻を開始した場合のことを想定することは必要です。

そして、このシナリオのような事態に陥ったときは、


「憲法9条下でも、
 わが国は自衛権を発動し戦争になる」


ということは、
まちがいのないことと言えるでしょう。


憲法を守っても、
他国が侵略してきた場合は「戦争」になるわけです。

マンガの世界ではありますが、
現実的具体的な視点があると感じましたので、
シナリオの一つとして読んでみたところです。


いずれにしても、
日本を愛するからこそ、
平和を愛するからこそ、

厳しい国際情勢の流れのなか、
あらゆる最悪のシナリオを頭に入れながら、
政治の世界でできることを考えていきたいと思います。

県政とは直接的には関係のないことですが、
こうした大きな課題を地域でどう考えていくべきかは、
常に頭に入れておきたいですね。


関心のある方はぜひこの『空母いぶき』を
ぜひ読んでみていただけたらと思います。



関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2344-50eb5433
    この記事へのトラックバック



    fx