GWに読むオススメの本その3(終) - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

GWに読むオススメの本その3(終)

2017年05月04日 21:57

ゴールデンウィークがはじまりました。
みなさんはどのように過ごされますでしょうか。

ふだんは分単位の予定を刻み、
ビジネスに追われている方も、
少し余裕ができることでしょう。

こんな時にわずかの細切れ時間を使って、
読書をし、五月以降の自分の糧をつくっておくことは大事なことと思います。

このメルマガでは毎年恒例のことですが、

お休みの合間に私渡辺が読んでみようかなと思っている本、
そして周囲からおすすめされている本を、
お伝えしようと思います。

この中から早速Amazonや近所の書店などで購入していただき、
ゴールデンウィーク期間中に英知を養っていただければ幸いです。




【1、河村和徳、伊藤裕顕『現職落選ドミノの衝撃から二〇十六年参議院選挙まで─被災地選挙の諸相』】

東北大学河村和徳先生の最新書。
東北の地方政治、選挙がどのように動いているかを、
つぶさに描いた書です。

私も本書に一部登場します。

被災地、震災後の地方政治を見るには最もふさわしい本であると思います。


────────────────────────────────────
【引用ここから】


中央の政治は「自民1強」といわれます。
東北はどうでしょう。
東日本大震災後の選挙をみると、違った姿が浮かび上がります。
東北大大学院准教授の河村氏は宮城、福島、岩手県をくまなく回り、
震災復興と被災者の選挙行動を分析してきました。
本書はその集大成です。
昨夏の参院選をはじめ、岩手県知事選などで自民が独自候補を立てなかった内幕、
原発問題を抱える福島の事情、政務活動費の問題点を描いています。
「風化帰還はなぜ語られず、掛け声ばかりが響くのか」と地方政治のありようを問いかけています。

第1章 「現職落選ドミノ」の衝撃
第2章 師走選挙と低投票率
第3章 統一地方選挙再考
第4章 被災地知事選における自民不戦敗
第5章 福島市議選から考える地方議会議員選挙の仕組み
第6章 仙台市議会議員選挙にみる公約の変化
第7章 共産党躍進説の再検討
第8章 被災地県議選における現職議員の引退・不出馬
第9章 無投票当選は是か
第10章 県議選における選挙区定数の隠れた問題
第11章 なぜ現職閣僚は落選したのか
第12章 思惑が複雑に絡んだ野党統一候補の勝利
第13章 与党の若手よりも野党のベテラン
第14章 二〇一五年仙台市民意識調査からみえるもの
第15章 原子力発電をめぐる住民意識
第16章 政務活動費問題を考える


【引用ここまで】
────────────────────────────────────







現在ベストセラーになっている本です。
「ホワイト企業」と言われている、

株式会社日本レーザーの代表取締役、
近藤宣之さんの本です。

以下の記述はなるほどと思います。

私は、人生の喜びは「4つ」あると考えています。
ひとつ目は、「ほかの誰かに必要とされる」こと。
2つ目は、「ほかの誰かを助ける」こと。
3つ目は、「ほかの誰かに感謝される」こと。
4つ目は、「ほかの誰かから愛される」こと。
このうち、最初の3つは、働かないと得られない喜びです。

経営者は「働く喜び(人生の喜び)」を知る雇用者をひとりでも多
く増やす責任がある
ーーーーーーーーー

働くことは実は喜びなんだということを、
意外と多くの人が忘れてしまっているのではないでしょうか。

経営者も胸に刻まなければなりませんね。



◆社員が絶対に辞めない「3つ」の条件
(1)「言いたいことが何でも言える明るい風土がある」
(2)「社員が会社から大事にされていると実感している」
(3)「会社は自分のものだという当事者意識を持てる」

これも重要です。
離職率が高い業界にいると、
業界のせい、政治のせい、世の中のせいと考えてしまいがちですが、
この3つが自分の会社にあるか、
再確認する必要がありますね。


────────────────────────────────────
【引用ここから】


◆発売たちまち第5刷! 日経新聞4/17掲載で大反響!
◆「ビジネス・ブック・マラソン」&「トップポイント」書評掲載! 読者からの声続々!
「会社経営やマネジメントにおける最高の教科書」
「今年買った本の中で、間違いなくNo.1の著書でした」
「評価制度や特別付録が非常に有り難かった。経営や人事にそのまま使える」

◆どんな組織でも使える! 社員のモチベーションアップの秘密が満載! ◆
◎倒産寸前「7度の崖っぷち」から年商4倍、23年連続黒字、10年以上離職率ほぼゼロ!
◎「赤字は犯罪」&「黒字化は社員のモチベーションが10割」と断言!
◎学歴、国籍、性別、年齢不問! ダイバーシティで女性管理職3割!
◎「2-6-2」の「下位20%」は宝! 70歳まで生涯雇用!
……かつてこんな会社があっただろうか?

現役社長の傍ら、日本経営合理化協会、松下幸之助経営塾、
ダイヤモンド経営塾から慶應義塾大学大学院ビジネス・スクールまで年50回講演。
その笑顔と「人を大切しながら利益を上げる」深い哲学が話題を呼び、
全国から講演依頼が絶えない。
7500社超を視察した『日本でいちばん大切にしたい会社』
著者・坂本光司氏も太鼓判を押すありえない経営者、初の経営書!
第1回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞の「中小企業庁長官賞」、
第3回「ホワイト企業大賞」など受賞多数。
なんと、政府がこれから目指す施策を
20年以上前から実践している小さな会社があった!

◆2人の息子の死、ガンなど「7度の崖っぷち」からの復活
◆ファンドを入れない日本初の「MEBO」で親会社から独立し全員が株主
◆学歴、国籍、性別、年齢不問のダイバーシティ経営
◆理想主義・実力主義・家族主義が共存
◆人を大切にしながら利益を上げる会社
◆社員が言いたいことが言える風土
◆「赤字は犯罪」と断言
◆亡くなった外国人女性社員の子の面倒を見続ける
◆腎臓が両方ない59歳社員もイキイキ働ける
◆ガン闘病中社員に入院中も給料を払い続ける
◆為替変動など専門商社特有のシビアな外的環境も言い訳せず
◆ほぼハローワーク経由採用
◆社員と年5000通の「今週の気づき」メールと向き合う

特別付録「人を大切にしながら利益を上げる問答集」も初公開!
「7度の崖っぷち」に遭いながらも、
ひたすら前進し、運をたぐり寄せた秘密!

【もくじ】
◆プロローグ:どんな会社も必ず再建できる!
●人を大切にしながら利益を上げる会社
●私が直面した「7度」の崖っぷち
●亡くなった社員の子まで面倒を見る会社
●「強くてやさしい会社」が社員のモチベーションを引き出す
◆第1章:23年連続黒字は社員のモチベーションが10割!
◆第2章:10年以上離職率ほぼゼロ! 人が辞めない仕組みはこうつくる
◆第3章:なぜ、女性を大切にすると利益が上がるのか?
◆第4章:どん底から運をたぐり寄せるコツ
◆エピローグ
◆特別付録:「人を大切にしながら利益を上げる」問答集

出版社からのコメント
生涯129作の書籍を企画・編集してきましたが、
見たことがない経営者です。
著者は、「人を大切にしながら利益を上げる」という
「二律背反的課題」を見事やり遂げ、日々進化しています。
いつも笑顔の裏側には、壮絶な「7度の崖っぷち」がありました。
企業の悩みはどこも一緒。
突き詰めれば「ヒト」の問題に行き着きます。
その中でも最も悩ましいのが
「社員のモチベーションをどうアップさせ、どう継続させるか」。
23年連続黒字の秘密について著者は、
「社員のモチベーションが10割! 」と断言しています。
著者の講演会には悩み多きリーダーやビジネスパーソンが集結しますが、
質問されたらすぐに笑顔で答える姿を見ると、
年輪に裏づけされた本物の経営者だと実感します。
本書では、今まで明かされてこなかった、
どんな会社でも使える「モチベーションアップの仕組み」が
これでもかと凝縮されています。
ぜひ本書を使い倒して、
明るく元気いっぱいの会社に蘇っていただければと思います。
「日本経済新聞4/17朝刊」、「トップポイント5月号」に掲載されました。


【引用ここまで】
────────────────────────────────────





【3、山本豊津『アートは資本主義の行方を予言する』】

日本大学の水野和夫先生が推薦する「資本主義」論との触れ込みに、
気になった本書です。

現代アートというと特殊な世界ですが、
ここに資本主義を超える次の時代のヒントが隠されているように思えます。




────────────────────────────────────
【引用ここから】


「『資本主義の終焉』を読み解くヒントが、
現代アートにここまで隠されていたとは驚きだ! 」
……水野和夫氏(日本大学教授)推薦!

現代アートは理解できない……。
美術館に行ってもそんな感想をもつ人は少なくないかもしれません。
ましてや一見ガラクタに思える作品の価格がじつは数億円、と聞けば、
なんとなくうさんくさい……と感じる人すらいるでしょう。

しかし、じつはアートこそが私たちの生きる現代資本主義を体現する存在、
といわれたら、どうでしょうか。

まさにアートの「価値」と「価格」の関係にこそ、モノの値段が決まり、
ときにそれが暴騰・暴落する資本主義の本質が隠されている、と山本さんは語ります。


山本さんがオーナーを務める東京画廊は、日本初の現代美術画廊であり、
当時まだ無名だったルーチョ・フォンタナやイブ・クラインという、
いまや数億円の価値がつく現代美術家たちを発掘した目利きの画廊。

だからこそ、その言葉にはただの画商とはひと味も、ふた味も違う切れ味と重みがあります。

そして、その「価値」と「価格」の関係は時代背景によっても大きく変わる、と山本さん。
本書において敗戦後から現在のグローバル化にまでいたる社会変化と
アートの潮流が論じられるのは、まさにそれゆえです。

西欧から日本の「もの派」へ、さらには中国や韓国へ……。


そうしてアートの「周縁」が時代とともに移動していく様は、
グローバル化のなかで次の投資先を求めて資本が移動していく様と重なることでしょう。

ならば、その先に資本主義はどこへ向かうのか。
そのなかで、日本美術はどのような存在感を発揮できるのか。


戦後アート論としても、資本主義論としても多義的な読み方ができる、
どこにもない美術論です。



目次
第1章:資本主義の行方と現代アート──絵画に見る価値のカラクリ
第2章:戦後の日本とアート──東京画廊の誕生とフォンタナの衝撃
第3章:日本発のアートと東京画廊の歩み──脱欧米と「もの派」
第4章:時代は西欧からアジアへ──周縁がもたらす価値
第5章:グローバル化と「もの派」の再考──世界と日本の関係
第6章:「武器」としての文化──美の本当の力とは?


【引用ここまで】
────────────────────────────────────





民主系の秘書さんだった方なので、
あまりご縁はありませんでしたが、

秘書を長くやっていると、
勝ちそうな選挙や負けそうな選挙というものは見えてくるものです。

選挙はビジネスの凝縮したものという一面も持っていますので、
選挙に長けた方はビジネスでも成功していたり、
うまくその良い点を取り入れたりしているなあと感じます。

本書も政治家志望の方に限らず、
参考になる点が多いのではないかと思います。


────────────────────────────────────
【引用ここから】


★発売1週間で重版決定! ★
★「ビジネスブックマラソン」で紹介! 大反響! ★

「ふつうの人」を選挙で勝たせまくってきた「魅せ方」のプロ、
初の著書! !

国会議員秘書として、
様々な「人気政治家」の魅せ方・人たらし術を間近で研究し、
現在では、選挙戦略家(通称「勝たせ屋」)として活躍する著者が、
その極意を惜しみなく明かす! !

心をわしづかみにする「話し方」
一瞬で好印象を与える「身だしなみ」
相手を魅了する「気づかい」

……など「知名度が低くても選挙で勝つ人」を徹底分析してわかった
好感度を劇的に上げるすごい方法!

■出版社からのコメント■
すごい本が誕生しました!
著者の鈴鹿久美子さんは、15年間もの間、
「元総理大臣」をはじめ多くの人気政治家の仕事ぶりを間近で研究してきました。

そこで培った見識をもとに、現在では選挙戦略家として活躍されています。

「選挙戦略家」は、アメリカ大統領選挙などでも話題になりますが、
服装から演説まで、政治家を選挙で勝たせるための作戦参謀ともいえる仕事です。

鈴鹿さんの実績には「会社をリストラされた49歳女性を、たったの6週間で政治家にした」
というすごいものがあります。
まさに「魅せ方のプロフェッショナル」なのです!

もちろんこのノウハウが役立つのは、政治家に限りません!
プレゼンや商談、接客、転職面接、恋愛など、
あらゆる対人関係で抜群の効果を発揮します!

「人は中身が大事だよ」と言っても
「魅せ方」が悪ければそれも伝わりません。
「一流の魅せ方」を身につけ、ズバ抜けた結果を出しましょう!

目次
第1章 誰に、どう魅せたいのか
第2章 「体型と顔」は、こう魅せる
第3章 一流は毎日「同じ服」を着る
第4章 相手を瞬時に魅了する作法
第5章 人生は「選挙」である


【引用ここまで】
────────────────────────────────────





おもしろそうな本がいっぱいあります。

オススメの本がありましたら、
ぜひみなさん教えてください。


また近年、著者の方から、
献本していただくことが増えております。

大変ありがたく読んでおりますが、
必ずしもメルマガ等でご紹介できるとは限りませんので、
その点はご了承ください。

関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2321-1460460d
    この記事へのトラックバック



    fx