GWに読むオススメの本その1 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

GWに読むオススメの本その1

2017年05月01日 00:00

ゴールデンウィークがはじまりました。
みなさんはどのように過ごされますでしょうか。

ふだんは分単位の予定を刻み、
ビジネスに追われている方も、
少し余裕ができることでしょう。

こんな時にわずかの細切れ時間を使って、
読書をし、五月以降の自分の糧をつくっておくことは大事なことと思います。



このメルマガでは毎年恒例のことですが、

お休みの合間に私渡辺が読んでみようかなと思っている本、
そして周囲からおすすめされている本を、

今日から複数回にわたってお伝えしようと思います。

この中から早速Amazonや近所の書店などで購入していただき
ゴールデンウィーク期間中に英知を養っていただければ幸いです。



【1、リチャード・ドッブス (著), ジェームズ・マニーカ (著), ジョナサン・ウーツェル (著), & 1 その他『マッキンゼーが予測する未来───近未来のビジネスは、4つの力に支配されている 』】

将来がどのように展開していくのか、
予想をしていくことは政治家にとっても経営者にとっても、
重要なことです。

未来予測の書籍はビジネスの大きなヒントになるように感じます。



────────────────────────────────────
【引用ここから】

世界一のコンサルティング・ファームが予測する近未来は、
こんなにも激しく、破壊的だ

英『ザ・エコノミスト』『フォーチュン』『フォーブス』が選ぶ必読書

エリック・シュミット
「これから何が起こるのか、先見の明ある診断を提供してくれるばかりか、
日々変化の速度を増していく世界でどのようにすれば成功できるのかがわかる」

戦略コンサルティング・ファーム, マッキンゼー・アンド・カンパニーの経営および
世界経済の研究部門である、MGI(マッキンゼー・グローバル・インスティテュート)の
ディレクターであるコンサルタント3名による未来予測本。

「もし、これまでの人生であなたが積み上げてきた直観のほとんどが間違っていたとしたら?」

著者たちは、こう問いかける。
私たちがこれまで学び、社会の常識だと考えてきたことが、
世界の実情とはかけ離れはじめている。

つまり、現実の変化の方が、私たちの認識している常識を追い越してしまっている。
本書は、そうした私たちの認識と現実のギャップを、
数多くの事例で示してくれる。

著者たちは、世界・地域経済の見方を変える必要性を力説し、
これまでしみついた直感・常識を捨てることを提唱。

そのことを検証するため、現在進行中の変化の根源を、
時系列データを用い、グラフィカルに分かりやすく説明し、
こうした思考の変革が、企業ならびに政界のリーダーになぜ必要なのかを主張している。

知的刺激が満載の本。

【引用ここまで】
────────────────────────────────────






【2、伊藤健太『起業家のためのマーケティングバイブル』】

起業支援には様々なやり方がありますし、
応援する方もたくさんいらっしゃいます。

手法も様々ですが、
やはりオーソドックスな手法が成功への近道かとも思います。

本書も是非参考に読んでみてはいかがでしょうか



────────────────────────────────────
【引用ここから】

3000万円~1億円程度の売り上げ目標を設定した起業家に向けて、
理解しておかなければならない超実践的なマーケティングを説く。

3,000人の起業家支援の決定版!!
資本金5万円から数千万円のサービスを連続立ち上げ。
お金をかけずして、新サービスが湧き出て困る数々のマーケティング術。
自分一人が100人分頑張るのではなく、100人が自分のために頑張る仕組み。


慶應義塾大学在学時にリクルート主催のビジネスコンテストに優勝
就職した金融機関を9か月で退職し、23歳のときに、病気をきっかけにし、
小学の大親友4名と全くの経験なし、資本金5万円で起業。
7か月売上0の状態が続き、どん底を経験。
ひょんなことから会社設立のお手伝いを開始。
約6年が経ち、年間起業応援数3,000社以上となり、
国内屈指の起業の応援家となる。

ベンチャー投資も4社に渡り、
特に、起業家のための実践的マーケティング手法には抜群の定評があり、
起業に関する著書が23歳での出版を皮切りに、
既に6冊(現在執筆含む)、NHK、各種新聞、メディアなど多数出演。

日本最大規模の起業イベントTERACOYA主催。
国内最大の起業情報メディア「助っ人」運営。
https://suke10.com

2016年10月には、世界経済フォーラムの33歳以下のコミュニティーである、
グローバルシェイパーズに選抜される。

自立した、お客さまを爆発的に喜ばす、
起業家育成を目的に、起業家コミュニティー「チャレンジャーズ」を主催。


【引用ここまで】
────────────────────────────────────



【3、小西史彦『マレーシア大富豪の教え』】

様々な教えがありますが、
成功者の教えは奥が深いです。





────────────────────────────────────
【引用ここから】


「彼こそが、本物の成功者だ」
エステー(株)会長 鈴木喬氏推薦!

24歳のときに日本を飛び出し、
無一文でマレーシアに飛び込んだ青年は、
どうやって、約50社、社員8000人の
一大企業グループを築き上げたのか?

「持たざる者」が、
いかにして成功をつかみとり、
充実した人生を手に入れるのか……。
実在する日本人大富豪が語った
100%実話に基づく「最強の人生訓」。

人生の極意は、
驚くほどシンプルだった!


■■■マレーシア大富豪 25の教え■■■

Philosophy1【選択】
成功したければ、
「誰もいない場所」を選びなさい。

Philosophy2【リスク】
「リスク」とは避けるものではなく、
自ら取りに行くものである。

Philosophy3【未来】
「未来」を心配するより、
「今」に全力を尽くしなさい。

Philosophy4【非凡】
「才能」があるから非凡なのではなく、
「熱中」するから非凡に至る。

Philosophy5【戦略】
「下働き」が最強の戦略である。

Philosophy6【人脈】
セールスマンシップが、
「強力な人脈」を生み出す。

Philosophy7【幸運】
あらゆる「幸運」には必然性がある。

Philosophy8【信頼】
「信頼する」とは、
「決断する」ことである。

Philosophy9【判断基準】
「損得」よりも、
「フェアネス」を判断基準とする。

Philosophy10【人間関係】
相手を理解し、尊重し、助けなさい。

Philosophy11【劣等感】
「あるがまま」に世界を見れば、
劣等感を克服できる。

Philosophy12【お金】
「お金」を貯める者は貧しくなる。

Philosophy13【実力】
目の前の仕事を究めて、
「人生の背骨」をつくりなさい。

Philosophy14【現場】
ビジネスの女神は「現場」にいる。

Philosophy15【交渉】
強者との交渉は、
「これ」さえあれば勝てる。

Philosophy16【覚悟】
人間はひとりになるから「覚悟」が決まる。

Philosophy17【謝罪】
正しい謝罪は、
身を守る「最高の武器」である。

Philosophy18【健康】
「知力」も「気力」も、
その根源は「体力」にある。

Philosophy19【自信】
「自信」をもつより、
「不安」を味方につけなさい。

Philosophy20【謙虚】
人生は「上」からではなく、
「下」から始めなさい。

Philosophy21【失敗】
失敗したときは、
決して「自分」を守ってはならない。

Philosophy22【根性】
「能力の差」ではなく、
「根性の差」が人生を決める。

Philosophy23【楽観主義】
成功者はすべて「楽観主義者」である。

Philosophy24【家族】
「家族」こそ最大の援軍である。

Philosophy25【人生】
心に太陽をもて、唇に歌をもて。


【引用ここまで】
────────────────────────────────────




【4、谷本有香『何もしなくても人がついてくるリーダーの習慣』】

リーダーの生き方を、
インタビュー形式で明らかにした本書。

トップに特有の特徴を明らかにするという意味で、
非常に読んで損はない書籍になると思います。



────────────────────────────────────
【引用ここから】


数々のVIPに取材した著者だけが知る成功術

●ハワード・シュルツ(スターバックスCEO)、
ブッシュ元米大統領、永盛重信(日本電産)
彼らはなぜ、仕事ができて愛されたのか

ものすごい業績を残しながらも、誰からも愛されるトップがいます。
彼らは、常に自然体で接し、
一度会った人をファンにしてしまう力があるのです。
本書では、その人を惹きつける「秘密」についてご紹介します。


数々のトップにインタビューした著者だからわかる人を惹きつける
“単純な"秘密

著者は、1000人以上の国内外のトップを取材してきた谷本有香氏。
著者は、取材と同時に、
なぜ彼らがトップまでのぼりつめたのかを研究していたそうですが
そこでわかったのは単純なこと。
自然体でいること、相手に気を使わせないこと、運を味方につけること。
彼らから学んだ成功の秘訣を、数々のエピソードとともに紹介していきます。


【引用ここまで】
────────────────────────────────────





おもしろそうな本がいっぱいあります。

オススメの本がありましたら、
ぜひみなさん教えてください。

明日以降に続けます。


関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2319-401c6ed9
    この記事へのトラックバック



    fx