【読書紹介】安田善次郎の「陰徳を積む」─伊勢雅臣『世界が称賛する日本の経営』 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【読書紹介】安田善次郎の「陰徳を積む」─伊勢雅臣『世界が称賛する日本の経営』

2017年04月09日 22:43




このメルマガで何度かご紹介をしている、
伊勢雅臣さんのメルマガ記事ですが、
このメルマガから発展し、書籍が刊行されています。

このたび伊勢さんからありがたいことにご献本をいただき、
著書を読ませていただきましたので、
このメルマガで紹介したいと思います。

伊勢さんのメルマガにおいても、
このメルマガを何度か紹介していただいておりますし、

私自身も伊勢さんのメルマガ『国際派日本人養成講座』については、
心からうなづくところが多いので、
きっと読者層も重なるのではないかと思います。


私は今年も東北大学大学院で
情報技術経営論の講義をするのですが、

そこで取り上げている内容が、
本書の考え方に近いものであったりして、
あらためて勉強になりました。


私が起業に関する講演を頼まれたときにお話をする内容として、

志について
公益経済・共通価値について
三方よしの経営

などなどあるわけですが、

それらの具体的実例が本書では触れられており、
いまはむしろ日本ではなく欧米の企業が
この「日本的経営」を学んでいるとのことでした。

豊田綱領なども講義で触れているところです。

伊勢さんの本書の内容についてたくさん紹介をしたいのですが、
その中で一つだけご紹介したいと思います。


わが国の銀行業の元祖とでもいうべき安田善次郎についてです。

安田こそ起業家であり、現在の、

みずほフィナンシャルグループ、
損害保険ジャパン、
明治安田生命保険、
東京建物などなどの創業者であり、

わが国経済の礎をつくったといっても過言ではないでしょう。

安田の「陰徳を積む」というお話をここで本書から引用します。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【引用ここから】
伊勢 雅臣『世界が称賛する日本の経営』P152


■「陰徳を積む」■

「陰徳を積め」とは、善次郎が子供の時から、
父親から叩き込まれた精神であった。

人に知られることがなくとも、
世のため人のためになることを黙々と実践しなさい、
というのである。


富山の下級武士の家に生まれた善次郎は、
子供の時から農作業や野菜の行商で家を助けたが、
安政五(一八五八)年、二十歳にして江戸に出て、
両替商で奉公を始めた。


店の土間に店員たちの履き物が無造作に脱ぎ捨てられていると、
誰が見ていなくとも、
その乱雑になった履き物をそっと揃えた。

紙くずなどが落ちていたら、
拾って屑籠に入れた。

父の「陰徳を積む」の教えが身にしみ込んでいたのだ。

そんな善次郎を主人はきちんと見てくれていた。


二十五歳の時に独立して、
両替商兼乾物屋の「安田屋」を始めた。

毎朝四時、近所がまだ寝静まっているうちに起きて、
向こう三軒両隣の家の前を掃き清め、水を撒いた。

乾物を売るにしても、良いものから売った。
古い物が売れ残っても、
それは自分の損とした。

そうした姿勢が客の心をつかみ、
店はしだいに繁盛し、
利益が出るようになっていた。


自分の利益ばかり考えていると利益は逃げていってしまうが、
陰徳を積んでいると、勝手に利益が
向こうからやってくるという商売繁盛の秘訣を、
善次郎はすでに身につけていたのである。


【引用ここまで】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「陰徳を積む」という発想が、
わが国の日常生活の様々な場面で見られます。

もちろんわが国以外でもあることと思いますが、
世界から見て日本にはその精神が強くあるといわれているそうです。

これは本当にありがたいことだと思いますし、
安田の姿勢を私たちは受け継いでいかなければと思います。


大財閥を築いた人物が、
こうした考え方を持っていたということを、
素直に受け止めたいと思います。


一般的に、資本家は労働者から搾取していると感じている方も
中にはいらっしゃるかもしれませんが、
そうした発想を前提としていては経済発展、国の成長は
見込めなくなってしまうのではないかと思います。


世界が称賛している日本の経営をあらためて学び、
私たち日本人がこうした考え方をどこかに置き忘れていやしないか、
もう一度振り返らなければなりませんね。


伊勢雅臣様、
ご献本いただきまして誠にありがとうございます!





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【Amazonより引用】

グローバルな時代こそ、
「日本的経営」が輝く!
クール・ジャパンの経営版

近年の日本企業は、
欧米の株主資本主義的経営こそ最新の経営と思い込み、
「三方良し」を追求する日本的経営を時代遅れと考えているようです。

しかし、人間が成長する存在であることを考えれば、
日本的経営の方が経済的パフォーマンスも良く、
人々や社会を幸福にするパワーもはるかに優れています。

今日の優れた欧米企業はそのことに気づき、
日本的経営を咀嚼し、追求しています。

本書は、先人の足跡をたどることで、
読者に日本的経営とは何かを思い出してもらうことを目的としています。

それによって日本の企業人、企業、
国全体が活力を取り戻すと信じています。

殿堂入りメールマガジン『国際派日本人養成講座』ベストセレクション第3弾!

第一章 現代を生き抜く日本的経営
日本電産・永守重信の新「日本的経営」
老舗企業の技術革新
世界ダントツのサービス品質が未来を拓く
知的障害者に「働く幸せ」を提供する会社

第二章 世界に挑んだ日本的経営
井深大──日本人の創造力
本田宗一郎と藤澤武夫の「夢追い人生」
しょうゆを世界の食卓に──国際派日本企業キッコーマンの歩み
海外貿易の志士──森村市左衛門

第三章 国を興した日本的経営
豊田佐吉の産業報国
伊庭貞剛──君子、財を愛す、これを取るに道あり
縁の下の力持ち──銀行業の元祖・安田善次郎
日本型資本主義の父──渋沢栄一

第四章 日本的経営の源流
松下幸之助──日本的経営の体現者
二宮金次郎の農村復興
石田梅岩──「誠実・勤勉・正直」日本的経営の始祖
道徳が経済を発展させる


著者について

伊勢雅臣(いせまさおみ)
創刊20年となる殿堂入りメールマガジン『国際派日本人養成講座』編集長。
いわゆる「クール・ジャパン」の草分け的存在として、
明日の日本を背負う国際派日本人4万9千人を育てている。

昭和28(1953)年東京生まれ。東京工業大学社会工学科卒。製造企業に就職。
社員留学制度によりアメリカのカリフォルニア大学バークレー校に留学。
工学修士、経営学修士(MBA)、経営学博士(Ph.D.)となる。
社業のかたわら、日本国内の私立大学の商学部・工学部で非常勤講師として
「産業界の偉人伝」を講義し人気を呼ぶ。
平成22(2010)年、海外子会社の社長としてヨーロッパ赴任。
ドイツ、イギリス、フランス、イタリア、ポーランド、モロッコなどを多数訪問。
平成26(2014)年、海外子会社の社長としてアメリカ赴任。
現在も全米各地、カナダ、メキシコなどを飛び回っている。
国民文化研究会会員。
著書に『世界が称賛する日本人が知らない日本』
『世界が称賛する国際派日本人』(ともに育鵬社)がある。






関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2310-1ba0a486
    この記事へのトラックバック



    fx