【渡辺勝幸一般質問】大綱3 国語教育の充実強化と児童生徒の安全・安心な社会の構築について - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【渡辺勝幸一般質問】大綱3 国語教育の充実強化と児童生徒の安全・安心な社会の構築について

2017年03月03日 08:03

3月1日、
第359回宮城県議会(平成29年2月定例会)において、
渡辺勝幸は一般質問に立ちましたので、

このメルマガで数回に渡って、
一般質問の内容等についてお伝えしたいと思います。


3回目として、

【大綱3】国語教育の充実強化と児童生徒の安全・安心な社会の構築について

の内容をお伝えしたいと思います。

───────────────────────────

【渡辺勝幸一般質問要旨】

1 宮城県震災復興計画「再生期」の総仕上げについて
以下3点について知事の所見を伺いたい。

(1)復興事業推進の一方で通常の公共事業は縮減され、
既存ストックの長寿命化や入札制度改革等の課題も山積しており、
復興計画期間以後においても土木行政の果たす役割は大きい。
今後の土木行政の在り方について、思いも含めてどうか。

(2)超長期債の発行と県有資産の活用について

イ 依然厳しい県の財政運営にあって、
超長期債は金利リスクの分散や民間活力の活用の観点から重要だ。
現在の低金利水準を前向きに捉え、更なる活用を図るべきと思うがどうか。

ロ 財政運営戦略では、計画期間の4年間において県有資産の活用で27億円程度の歳入確保を目指しているが、
未利用地の売却や貸付を進めるなど、
引き続き積極的に取り組むべきと思うがどうか。

(3)都市と農地の共生による新しい農業振興について

イ 都市農業について、法整備などもあって、
全国の自治体では推進条例や基本計画の策定が進められている。
重要性の高まりと農業振興が復興に果たす役割の大さを踏まえ、
我が県でも基本計画の策定と支援を推進し、
農業の更なる活性化を図るべきと思うがどうか。

ロ 地方での導入が進まない生産緑地制度について、
国と自治体が十分に制度の周知を図り、
地域の実情に応じた導入を進めるべきとの意見がある。
我が県においても導入を図り、市街化区域等における農地保全を目指すべきと思うがどうか。

2 ベトナムにおける宮城県産品販路開拓支援事業等について
以下2点について知事の所見を伺いたい。

(1)発展著しい東南アジア諸国への県産品輸出や企業のビジネス進出は重要だ。
特に、ベトナムでは日本の梨の輸入を解禁しており、
我が県も梨の輸出を検討すべきだがどうか。
また、企業進出に際しては現地自治体との関係構築も重要であるため、
知事が先頭に立ってベトナムを訪問し、県内経済界の支援と経済交流の一層の推進を図るべきと思うがどうか。

(2)ベトナムでの県アンテナショップは、売り方や試飲試食の点において工夫が必要だ。
現在の大きなチャンスを生かすため、予算の重点的な投入ときめ細かな事業の実施が必要だが、
新年度の事業内容と今後のアンテナショップの在り方についてどうか。

3 国語教育の充実強化と児童生徒の安全・安心な社会の構築について
以下4点について知事、教育長及び警察本部長の所見を伺いたい。

(1)国語は思考と深く関係し、深い思考には読む機会の確保が重要だ。
その一助となるべく、学校への新聞配架について、
国は地方財政措置を講じると共に新聞活用を新学習指導要領で位置付けているが、
県内小中学校の現状はどうか。
また、小学校には子ども新聞、中学高校には複数の一般新聞といった使い分けも有効と思うがどうか。

(2)スマホ使用の危険性や問題点について、
児童生徒を含め保護者等が問題意識を深めるための指導や教育、連携が必要と思うがどうか。

(3)仙台市若林区では近年、町並みが大きく変化し、
高校生の自転車通学の安全確保は急務だ。
交通事故未然防止の観点から信号機整備などのハード面とともに、
警察、学校、地域や保護者の連携によるソフト面での対策が急がれるがどうか。

(4)新市街地が形成され、人口動態や交通環境に大きな変化が生じている
仙台市若林区に新設される(仮称)若林警察署について、住民サービス向上のため力を入れる取組はどうか。

4 公益経済の観点に基づく中小企業・小規模事業者の新たな取り組みの支援について
以下2点について知事の所見を伺いたい。

(1)介護サービス事業者の倒産防止や離職率低下に向け、
経営課題を学ぶ機会を提供するなど経営者としての専門性を高める取組を
行政主導で進めるべきと思うがどうか。
また、縦割り行政にとらわれることなく、
介護サービス事業者を対象とした中小企業支援策も必要と思うがどうか。

(2)国は民泊を推進する住宅宿泊事業法案を国会に提出する予定だが、
民泊は様々な問題を抱えており、課題解決には県が担うべき役割も多い。
民泊に対する現時点での見解についてどうか。


【一般質問要旨ここまで】
───────────────────────────





【大綱3】国語教育の充実強化と児童生徒の安全・安心な社会の構築について

(1)県内の学校図書館(小学校・中学校・高校)への図書・新聞配備について

次に大綱三点目、
「国語教育の充実強化と児童生徒の安全・安心な社会の構築について」
おうかがいをいたします。

文部科学省は二月十四日、
小中学校で教える内容を定めた学習指導要領の改訂案を公表しました。

これによれば、小学三年生から英語の授業がスタート、
小学五年生から英語を教科化するとされています。

グローバル社会に対応するため、また二〇二〇年の東京五輪を見据え、
わが国は英語教育に力を入れるという方向が定まっております。

しかし一方で私は、国語の教育がおざなりになってしまっているのではないかという危機感を抱いております。

英語教育の重要性を否定するものではありません。

しかし、子供たちの言葉づかいの乱れに加え、
テレビ、ゲーム、スマホをはじめとするインターネット社会のなかで、
正しい国語の読み書きを学び、国語で物事を論理的に考え、
伝える能力を養うことが、人生においては重要であり、
国際社会で活躍する日本人こそ「主座を保つ」思考が必要なのではないでしょうか。

国語は思考そのものと深く関わっています。

私たちは子供のころから、国語を用いて思考し、
読書をすることによって多くの言葉を身につけ、
適切な表現は何かということを学びます。

さらには国語によって、日本人としての思考、
自然への繊細さと畏怖の感情、もののあはれ、
また弱い立場にある方に対する思いやりといった情緒を育んでいます。

このことはむしろ日本から世界に発信していくべき普遍的価値でありますし、
この情緒は美しい自然やそれらを守っている農業に関連してくるものでもあります。

人間の思考は語彙の数に比例するものと言われますので、
充分な読書をする機会が失われれば、
日本人は深く思考することの少ない民族になり、
いきおい国家の衰退につながるということは想像に難くありません。

語彙力を高めるためには読むことしかないのであります。

しかし現在の教育情勢において国語の時間数を大幅に増やすことは難しいでしょう。

そうであるならば、次善の策として、
学校図書館の図書や新聞の配備に力を入れ、
子供たちが少しでも「読む」機会を増やす必要があります。

平成十九年度からスタートした、
政府による「学校図書館図書整備五か年計画」は、
毎年度約二百億円、総額約一千億円の地方財政措置を講じるとし、
続く平成二十四年からの五年間で引き続き、図書整備のための継続措置、
さらには学校図書館への新聞配備が求められているところであり、
新聞配備の措置として年間約十五億円、
これは「各校に新聞一紙」が配備されることを想定した
予算規模となっております。

新学習指導要領においても、
新聞を教材として活用することが位置付けられており、
宮城県内の小中各校においても、
一校一紙の新聞が配備されていなければならないことになっておりますが、
県内各校の新聞配備の現状について、具体的に数字をお示しいただき、
その見解をお伺いいたします。

文部科学省と総務省によれば、
平成二十九年度予算からはこの交付税措置を拡大し、
高校もその対象として支援を充実させる方針とのことであります。

わが家では小学校の子供がいることもあり、
「こども新聞」を購読しております。

安価な週刊新聞ですが子供の興味を示しながら
同時に社会の情勢についても詳しく子供向けに書かれている新聞であり、
私自身も興味深く読んでおります。

小学生はこども新聞、中高生は複数の一般の新聞という
使い分けもよいのではないかと思いますが、
合わせてその見解をお伺いいたします。


(2)児童生徒のスマホ使用教育及び青少年健全育成対策について

さて先日、自由民主党・県民会議 政策研究会において、
東北大学の川島隆太教授より「子供たちの携帯・スマホ使用による課題について」お話をいただきました。

中学生の「スマホ、LINEなどアプリの使用時間が増えれば増えるほど、学力が低下していく」ということが
調査の結果判明しており、
中学生までのスマホ所持については規制が必要であるというお話でした。

また川島教授は兵庫県小野市の取り組みを支援しているとのことで、
同市の中学校では、生徒たちが自ら、
このスマホ使用時間が多ければ学力が低下するという調査結果を読み取り、
それらを議論し、自分たちで使用のルールを決め、
家庭や地域に宣言をするという取り組みをしております。

さらに先日、私は地域の青少年健全育成協議会に出席いたしました。

その際、意見交換の中で、
近年児童生徒の非行・夜間の徘徊などについては減少傾向にあるが、
スマホやLINEなどによるいじめ、性犯罪に巻き込まれる事例が出てきているなど、
青少年の健全育成に関する課題が時代の流れとともに
大きく変化をしてきているという議論が出てまいりました。

スマホ使用について、その危険性や問題点について、
児童生徒を含め保護者等が問題意識を深めるための指導、教育、連携が必要であると考えますが、
その見解をお伺いいたします。


(3)高校生の通学自転車の交通安全について。

この数年、仙台市若林区内においては、
震災により街並みが大きく変化をし、
復興関連の圃場整備、区画整理事業、農地の大規模集約化事業に加え、
一昨年の地下鉄東西線開業により、
車で通勤をする人々の流れだけではなく、
高校生の通学路についても著しく大きな変化が生じています。

一部の交差点に交通量が集中することによって、
徒歩で通学する小中学生の安全確保も含めて、
高校生の通学自転車の交通安全対策も急務であります。

地域の方々からは、高校生の交通事故を危惧する声や、
信号機設置等交通安全施設整備の強い要望も出ているところであり、
警察、学校の対策、さらには地域や保護者と連携をした
ソフト面での対策も必要であると感じております。

ある高校では、地域の自転車屋さんのボランティア協力により、
生徒の通学自転車の定期点検をしていただくことによって、
生徒自身の交通意識を高めながら、
自転車の定期的な整備によって事故を減少させる効果が出ているそうであります。

現在も様々な取り組みがあることとは思いますが、
事故があってからでは遅いという観点から、
早急な取り組みが必要と考え、
見解をおうかがいするものであります。


(4)平成三十一年度(仮称)若林警察署新設にあたり取り組み強化のイメージ如何。

次に、平成三十一年度に運用開始される(仮称)若林警察署についておうかがいいたします。

県庁舎等整備基金の活用により、
(仮称)若林警察署庁舎建設工事の建設費として、
二億四千九十一万六千円が当初予算として計上されております。

仙台市内五区で唯一警察署がない若林区に警察署が設置されることにより、
行政区域と警察署の管轄区域の一体性が確保されること、
またきわめて繁忙な仙台南警察署の管轄区域を見直し、
同署の負担が軽減されることなどによって、
若林区民への行政サービスの向上が見込まれるところであります。

さらに若林区内においては、新市街地が形成され、
人口動態、治安情勢、そして自動車や自転車の交通に
大きな変化が生じているということは、
さきほども指摘をしたところであります。

新たな警察署ができることで、
住民サービスにどのようなプラスの効果が生じるのか、
地域の方々も期待し、注目しているところでありますので、
新警察署がどのような取り組みに力を入れていくのかお伺いをいたします。





(大綱四は明日以降に続けます)





質問内容についてのご感想、
ご意見、ご質問などいただければありがたく存じます。

すべてにお返事はできませんが、
今後の活動に役立ててまいります。





「渡辺勝幸 宮城県議会県政活動報告」(ブログ)


関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2295-13883b2b
    この記事へのトラックバック



    fx