【再録】憲法改正がなぜ必要と考えるかその5─諸外国の改正回数と改正の限界の内容 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【再録】憲法改正がなぜ必要と考えるかその5─諸外国の改正回数と改正の限界の内容

2017年02月17日 21:48

憲法改正の議論が今年は活発化するのではないかと思っています。

私渡辺は、改正すべきと思っているのですが、
なぜ日本国憲法を改正すべきか、

何回かにわたって掘り下げて書いています。



私が憲法改正が必要と考える理由はいくつかありますが、何回かにわたって

「緊急権の不備」「環境権」

について書きました。


今回は、憲法改正の核であり、
そもそもの憲法改正を規定している条文

「96条」

について書いていきたいと思います。


わが国は、日本国憲法制定(1946年)以来、
約70年間一回も憲法を改正していません。


それでは主要諸外国は、
憲法を何回改正しているのでしょうか。



──────────────────────────

国立国会図書館調査及び立法考査局政治議会課憲法室(平成15年3月26日)
「諸外国の憲法改正回数」

アメリカ合衆国(1787年制定)
18回

ドイツ(1949年制定)
51回

フランス(1958年制定)
15回

イタリア(1947年制定)
13回

スイス(1999年制定)
6回

オーストラリア(1900年制定)
8回

ベルギー(1831年制定)
50回

──────────────────────────


憲法96条は、
日本国憲法を改正するための要件として、

(1)国会各議院の総議員の3分の2による発議
(2)国民投票における過半数の賛成

を規定しています。


ここで議論にあがっているのは、
憲法96条の改正ハードルが高すぎて、
改正することができない。

この改正要件のハードルを下げて、
憲法改正をしやすくするべきではないかということです。



私もこの3分の2というハードルが、
極端に高すぎることに問題があると思いますが、

一方で法律の改正と憲法の改正が同じレベルになってもいけないので、
国民投票制度の意義は大きいものと思います。




また「改正の限界」について考えることも重要と考えます。

現在日本国憲法には、
明示的に改正の限界について規定する条文は存在しません。

以下はドイツとフランスの改正の限界についてです。


●ドイツ連邦共和国基本法
人権保障と国民主権のような「基本原則に影響を及ぼす」改正を禁止(79条3項)

●フランス第五共和制憲法
「共和政体は改正の対象とすることはできない」(89条5項)



憲法改正と言うと、

「国家権力の濫用、横暴がきわまる」とか

「改正、即戦争。戦場に子供たちを送るな」

という議論がすぐに出てきます。


「改正そのもの」から直接的因果関係をもって
すぐそうなることはないわけですが、

一方で改正の限界について、
内容を条文に入れることは必要なのではないかとも思います。


いわゆる芦部憲法では、
前文に改正の限界の内容が書かれているとし、
以下のような記述があります。


────────────────────────────
【引用ここから】


日本国憲法前文が人権と国民主権を「人類普遍の原理」であるとし、
「これに反する一切の憲法……を排除する」と宣言しているのは、

ただ政治的希望を表明したものではなく、
改正権に法的な限界があることを確認したものと解されることになる。


つまり、改正禁止条項は、
その内容が改正権の理論上の限界(憲法の根本規範と言われる人権尊重と国民主権の原理)と一致する場合には、

改正の限界を明示することによって、
改正権に対して注意をうながすという確認的意味をもつのである。


【引用ここまで】
────────────────────────────


明示をしないことによって、
解釈や法改正だけで70年近く国を維持してきたわけですが、

本来やはり国の根幹となる憲法は、
しっかりと議論し、変えるべきところは変える必要があります。


この日本国憲法は、
マッカーサーの指令により、
GHQ民生局がたった1週間で草案を作り上げていたということが
現在明らかにされています。


本来、国の根幹の憲法は、
多くの国民が議論し、多くの政治家が前向きに議論し、
丁寧につくり上げていくべきであると考えます。





次回以降も、

この憲法改正を規定している条文である、

「憲法96条」

についての考え方を紹介していきたいと思います。





このメルマガの憲法改正運動に関する記事はこちらからどうぞ
http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-category-36.html










(第1279号 平成26年3月16日(日)発行)

関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2285-7fdc2afc
    この記事へのトラックバック



    fx