ソーシャル・メディアはリーダーの必修科目 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 総務企画委員会副委員長。
 宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会委員。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。

宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。42歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。
平成28年 宮城県議会 保健福祉委員会 委員。 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

ソーシャル・メディアはリーダーの必修科目

2011年03月22日 18:00

今回の震災で、ソーシャルメディアは大きな役割を果たしたように思います。
特にツイッターとpersonal finderは、
私自身も大いにお世話になりました。


スーミトラ・ドゥッタINSEAD教授が、


『DIAMOND Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2011年4月号』に、

「ソーシャル・メディアはリーダーの必修科目」と題して、


ソーシャル・メディアを活用するリーダーの例を引きながら、
そのメリットを論じると共に、
メディア特有のリスクについても語っていますので、
紹介したいと思います。



DIAMOND Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2011年4月号
あるグローバル企業のCEOが地方大学の講演会に招かれ、
ネットワークの中立性について発言。

この発言がブログに取り上げられ、
物議をかもしたが、

ソーシャル・メディアに疎い彼は何の手も打たず、
社内には失望感が広がった。


一方、
調理家電メーカー、ブレンドテックの創設者、
トム・ディクソンは<iPhone>などさまざまな物を

自社製品のミキサーで粉砕するという
<ユーチューブ>の動画に登場して人気を博し、
同社は急成長した。



ディクソンは、孫のいる年齢だそうで、
しかもマーケティング担当役員がこのアイデアを売り込むまで、
ユーチューブがどんなものか知らなかったそうです。

しかし今や、ディクソンはネット上の超人気スター。


「グローバル規模で消費者に届くというインターネットの特性と、
親しみやすく気さくな人柄によって、
ディクソンは強力なパーソナル・ブランドを築き上げたのである。」


ここでドゥッタは、
今日の企業リーダーは、以下の三つの理由から
ソーシャル・メディアを使いこなさなければならないと指摘しています。


――――――――――――――――――――――――

1、ソーシャル・メディアは社内外の人とコミュニケーションを取りながら、パーソナル・ブランディングのための安価なプラットフォームを提供してくれる。


2、同僚の経営幹部や社員、顧客、社会全般、そして特に若い世代との間に、彼らが期待する透明で直接的な方法で、迅速に同時につながりが持てる。


3、瞬時の情報と忌憚のないフィードバックから学ぶチャンスが生まれる。

――――――――――――――――――――――――


ロバート・スコーブルは以前、NECモバイル・ソリューションで
営業サポートに携わっていたとき、

ブログを立ち上げて顧客に技術的な支援を提供するとともに、
顧客からのフィードバックを求めました。

これに注目したマイクロソフトは彼を雇い、
専任の「スポークスブロガー」
(同社のスポークスマンとしてのブロガー)
に任命。



また、2008年にアルカテル・ルーセントのCEOに任命された
ベン・ババイエンは、

ブログを通じ、9000人以上の社員から
経営戦略についての意見を募りました。

これにより経営戦略が改善されただけでなく、
全社員の結束に役立ち、戦略実施のプロセスもスムーズに進んだとのこと。



では、何からはじめるべきか。

ソーシャル・メディアの活動には二つの領域があると
ドゥッタは述べています。

それは、

個人的なものと職業的なもの。


ターゲットとする情報の受け手にも私的か公的かの領域があります。

そして、ソーシャル・メディアは継続性が重要ゆえ、
進めたいと思っているそれぞれの活動に
十分な時間を確保しなければなりません。


さらに、ソーシャル・メディアを利用する際にすべきことを
5つ、ドゥッタはあげています。


――――――――――――――――――――――――

【自分自身を検索する】

自分自身を定期的に検索し、
その結果を仕事で同じような立場にある人々の検索結果と比較する。


【アイデンティティを保護する】

自分の名前でインターネットのドメインを取得し、
<フェイスブック><ツイッター>などのプラットフォームでの
アカウントの開設に使用する。


【ビジネスの経歴を開発する】

<リンクトイン>などの大規模なネットワーク、
ある業界に特化したネットワークを選び、
関連のあるグループやコミュニティに参加する。


【職場の資源を活用する】

会社が設定したプラットフォームに貢献する。
同僚に接触する。


【公開コンテンツに投稿する】

<フェイスブック>や<リンクトイン>のページを更新する。
ディスカッション・グループのスレッドに参加する。
<ツイッター>で発信する。
プレゼンテーションを<ユーチューブ>にアップロードする。

――――――――――――――――――――――――


今回の災害で、本当にいろいろなダメージを受けましたが、
唯一よかったことは、
音信の途絶えていた古い友人たちが、

「仙台といえばカツユキ!」

と思いだしてくれて、
ネット上でさまざまなコンタクトを取ってくださり、
応援してくれたことでした。

そしてこのメルマガやブログを読んでいるみなさんからも
さまざまなありがたい反応をいただきました。


ソーシャル・メディアのあり方を
もう少し落ち着いたら、さらに深く研究してみたいと思っています。







DIAMOND Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2011年4月号


Feature Articles
ソーシャル・メディア
戦略論

ソーシャル・メディアで武装する組織
ジョシュ・バーノフ
フォレスター・リサーチ アイデア開発担当シニア・バイス・プレジデント
テッド・シャドラー
フォレスター・リサーチ バイス・プレジデント兼主席アナリスト

ベスト・バイのソーシャル・メディア戦略
ブライアン J. ダン
ベスト・バイ CEO

ソーシャル・メディアはリーダーの必修科目
スーミトラ・ドゥッタ
INSEAD 教授


ソーシャル・ネットワークの論点
1 流行が起こる本当のメカニズム
ダンカン J.ワッツ
社会科学者
2 P2P経済の到来
スタン・ストルネイカー
ハブ・カルチャー 創設者
3 ソーシャル・マーケティングには、「仕切り役」が不可欠である
パトリック・スペナー
コーポレート・エグゼクティブ・ボード マネージング・ディレクター
4 「つぶやき」は無料の消費者データ
スコット・ベリナート
ハーバード・ビジネス・レビュー エディター
ジェフ・クラーク
データ・ビジュアル化ツール開発者
5 意識調査から、顧客の心を読み取れるか
アンドリュー・オコネル
ハーバード・ビジネス・レビュー アソシエート・エディター
6 国別調査:ソーシャル・ウェブの利用状況マップ
ミコワイ・ジャン・ピスコルスキ
ハーバード・ビジネス・スクール 准教授
トミー・マッコール
データ・ビジュアル化デザイナー

「つながり」のブランディング
デイビッド C. エデルマン
マッキンゼー・アンド・カンパニー プリンシパル


ソーシャル・メディアは顧客理解のツール
パトリック・バーワイズ
ロンドン・ビジネス・スクール 名誉教授
ショーン・ミーハン
IMD教授

ネットワークよりリレーションシップ
ラリー・クレイマー
メディア起業家

SNS時代のレピュテーション戦略
レスリー・ゲインズ=ロス
ウェーバー・シャンドウィック チーフ・レピュテーション・ストラテジスト


HBR Articles
「外部性」を内部化する時代
クリストファー・マイヤー
モニター・タレント 創業者
ジュリア・カービー
HBR アット・ラージ担当編集長

「見てみぬふり」は罪である
メアリー C.ジェンタイル
バブソン大学 シニア・リサーチ・スカラー

OPINION
社会脳の解明に挑む
藤井直敬 脳科学総合研究センター
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/228-b845720a
    この記事へのトラックバック



    fx