宮城県議会防衛議員連盟で自衛隊基地視察調査に行ってきました - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

宮城県議会防衛議員連盟で自衛隊基地視察調査に行ってきました

2017年02月03日 23:59

宮城県議会自由民主党・県民会議所属の
宮城県議会議員有志により、

県内各地に自衛隊関連施設が所在していること、
また地域との関わりも密接であることをはじめ、

国防意識の普及・啓発、
自衛隊の充実・発展など、

宮城県の発展のみならず
日本の平和と繁栄に貢献することを目的とし、
「防衛議員連盟」が設立されており、
私も所属しております。


近年、日本の周辺国による弾道ミサイル発射や
領海、領空侵犯等が重ねて行われており、

わが国の平和と繁栄に多大なる影響を与えかねない
憂慮すべき事態が続いています。

尖閣諸島や台湾海峡、日中境界線付近での中国の天然ガス採掘の問題等、
国土保全上の観点も含め、国防意識の普及・啓発を図るとともに、

宮城県における防衛庁関係機関ならびに
在日米軍関係機関との交流を促進し、

もって宮城県のみならず日本を含めた極東アジア地域の
平和と繁栄に貢献することをその活動目的とし、
議員勉強会、視察活動等を随時実施している、

そんな議員連盟となっています。



宮城県内には航空自衛隊松島基地をはじめ、
仙台駐屯地、第6師団、
そして我が若林区には霞目駐屯地があります。


東日本大震災のときには、
全国の自衛隊基地から出動していただき、
人命救助のみならず物資運搬にも大きな力をいただき、

宮城県民の代表として本来であれば、
お世話になった全国の基地をひとつひとつまわって
お礼を言うべきところですが、

防衛政策を理解し、
それぞれの地域においてこそ
自衛隊の役割を住民に伝えていく、
県議会議員の大きな担いの一つであると思っています。





今回2月1日から3日までびっしりとした日程でしたが、
主として、

【陸上自衛隊海田市駐屯地】
【航空自衛隊防府北基地】
【山口県庁岩国基地対策室】
【岩国市役所】
【海上自衛隊岩国航空基地】

へ行ってまいりました。


陸海空自衛隊は、
それぞれの軍事的な役割だけではなく、
東日本大震災や熊本地震など災害においての大きな役割、
また洋上救難、離島における急患患者の搬送など、
平時においても国民の安全を守っていただいています。


「平成23年1月12日 沖縄南東海上における火災漁船の捜索救難に係る災害派遣」
(海上自衛隊洋上救難)
⇒ https://youtu.be/ycEs8U6ByEo


今回一番心に残っているのは、
視察先においてのある1佐のお話で、

自衛隊は予算をいただきながら日夜がんばっているが、
予算増額よりも有難いことは、

「自衛隊の皆さん頑張ってください」

と国民の皆さんから言っていただけること、
とのことでした。


昨年共産党の政策委員長が、

「防衛費は人を殺すための予算」

とテレビ番組で発言し話題になりましたが、


一方、平成26年の内閣府世論調査では
「自衛隊に対する印象」について、

「良い印象を持っている」は41.4%、
「どちらかといえば良い印象を持っている」は50.8%ということで、

国民としては良い印象を
自衛隊に抱いているということがわかります。


自衛隊の皆さんに声援を送るとともに、
自衛隊施設の役割やその現状について自分自身理解を進めながら、
地域においても説明をしていきたいとあらためて思っているところです。




【陸上自衛隊海田市駐屯地】

陸上自衛隊海田市駐屯地は、
広島市中心部から南東約10kmに所在、
中国地方の防衛・警備等を担う第13旅団の司令部所在地です。

中国大陸朝鮮半島からも近く、
中国地方日本海側の警備も重要であるとのことです。


先日の大雪でも出動したとのことで、
災害対応も大変だったようです。

熊本地震でも活躍されたとのことでした。


モットーは「百万一心」。

毛利元就公の本拠地にあった郡山城跡に建つ石碑から拓本した碑が
正門そばにあり、

この「百万一心」は、百を一日、万を一力と読むのだそうです。

その“こころ”は、
「日を同じうし、力を同じうし、心を同じうし、事にあたる」
というもの。

これは毛利元就公の教えで、
中国5県の自衛隊の要にふさわしい言葉として、
大事にしているそうです。

偶然山口県防府市内の料理屋さんにも掲げられていました。



【航空自衛隊防府北基地】

航空自衛隊防府北基地は、
航空機のパイロット候補生を対象に、
地上課程及び初等練習機による訓練を行っています。

このあと戦闘機のパイロットになる候補生は、
宮城県の松島基地に来るそうです。

防府からスタートするんですね。


航空学生のモットーは、

「やる気 元気 負けん気」

で、勉強する内容も防衛学、体育、
精神教育、人文科学、社会科学、
英語から自然科学、航空工学、電子工学などなど多くを学ぶようで、

航空自衛隊のパイロットの約7割は航空学生出身者だそうです。

ここには陸上自衛隊防府分屯地もあります。



【山口県庁岩国基地対策室】

山口県庁では、
岩国基地対策室の方からご説明をいただき、
岩国基地沖合移設事業、
県としての基地問題、米軍再編問題について、
また再編関連特別地域整備事業などについてもご説明頂きました。



【岩国市役所】

岩国市においては、
平成19年に国防協力都市宣言が出されているとのことです。

市議会議長にもご説明頂きましたが、
基地協議会としての活動内容など、
沖縄の負担軽減を日本全体で考えるべきとのお話でした。

沖縄の方々もわが国の基地問題の重要性を理解しているが、
本土との温度差を埋める努力を
日本全体でしていかなくてはならないとのお話には、
なるほどと思うものがありました。



【海上自衛隊岩国航空基地】

岩国航空基地は、
現在、米海兵隊が管理する日米共同の基地となっており、
今回セキュリティチェックが最も厳しいものでした。

この基地は、日米地位協定2-4-a適用ということで、
日本でありながら、米国の管理下にあり、
海上自衛隊岩国基地はアメリカに居候しているという形になっています。

何とも悔しい気持ちになりましたが、
まだ敗戦国なのだということをあらためて感じました。


平成22年に沖合に新滑走路が建設され運用を開始、
平成24年からは岩国錦帯橋空港として、
軍民共用空港になっています。

宮島もすぐそばですし、
羽田便も1日5便、3月からは沖縄便も就航とのことで、
便利になりそうですね。


写真は撮影禁止でしたが、
オスプレイが見えましたし、
F35Bも遠くから目にすることができました。

まもなく在日米軍再編により厚木基地から
空母艦載機が移転してくるとのことで、
嘉手納基地に代わって岩国基地が極東最大の米軍基地となる見込みです。


偶然今日ですが、
マティス国防長官が来日し、
安倍総理と会談しました。

トランプ政権の動向次第では、
この岩国の動きにも変化があるのかもしれません。


また洋上救難に力を発揮し、
海に着水もするUS-2や、

掃海・輸送機や多用機U-36Aなどについても
その役割についてご説明をいただきました。


岩国航空基地第31航空群の畠野司令から
ご挨拶をいただきましたが、
なんと村井知事の防衛大同期生とのことでした。

同期をよろしくお願いいたしますとのこと。
同期の結束は強いようです。



その他駆け足で中国地方の防衛関連施設等にうかがいましたが、
あらためて国を守る大きな力に安心感を抱くとともに、

航空自衛隊のスクランブル発進回数は、
対中国で激増し、
冷戦以降過去最高になっているということや、

アメリカとの関係がトランプ政権成立によって、
今後どうなっていくのかなどを考えると、

わが国の防衛について、
さらなる関心を抱きながらも、

今後わが国にとって、
防衛政策はますます重要になってくると感じたところです。


今回の防衛議連視察については、
自衛隊宮城地方協力本部に大変お世話になりました。

必ずしもどこの議会にも
防衛議連があるわけではないようですが、

今後地元若林区を中心に
きめ細やかに地域課題の解決に尽力しながらも、

防衛政策のような、
我が国全体の行方を左右する分野についても、
積極的に勉強を進めていきたいと思っております。




関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2278-a73e7967
    この記事へのトラックバック



    fx