宮城県議会ベトナム視察団報告その4 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

宮城県議会ベトナム視察団報告その4

2017年01月29日 23:59

宮城県議会ベトナム調査その4です。
ここまでの経緯は以下をご覧ください。

「宮城県議会、ベトナムに視察へいってまいります!(H29.1.20)」
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-2272.html

「宮城県議会ベトナム視察団報告その1(H29.1.23)」
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-2273.html

「宮城県議会ベトナム視察団報告その2(H29.1.25)」
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-2274.html

「宮城県議会ベトナム視察団報告その3(H29.1.27)」
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-2275.html


その3まではホーチミン市とタイビン省中心の調査でしたが、
ここからはハノイです。


【イオンモールベトナム社訪問】

国産品輸出調査ということで、
イオンモールベトナム社の岩村社長から、
「宮城県を含む国産品輸出の現状について」おうかがいしました。

訪問したイオンモールロンビエンは、
オープンから1年3か月たったところで、
宮城県でいうとちょうど名取のイオンモールと同じ規模、
バイク駐車場一万台、車の駐車場一千台とのこと。

昨年は1300万人が来店したそうです。


イオンが寿司をベトナムの庶民に定着させたと言われているそうで、
また化粧品、サプリにベトナム人はお金を使っているとのこと。

宮城県産品についてどう考えているかとの問いに対しては、
リンゴが売れている青森産について、
「青森」というブランドが普及しているわけでは決してなく、
「日本産のリンゴ」に価値を感じているとのこと。

ベトナム人は「東北」も知らない。
でも青森産リンゴは飛ぶように売れている。

日本の安全なおいしいものをベトナム人は求めており、
健康にいい贈答となる果物が人気。

しかし日本でおいしいものが
ベトナム人にとってもおいしいとは限らず、
味のテイストは事前に学ばないとだめで、
カスタマイズできるかどうかが重要。


イオンとしては商売の近代化を図っており、
郊外に出店することで、
ハノイ・ホーチミンに人口が集中している状況から一歩離れ、
衛星都市をつくっていることで政府からも歓迎されている。


宮城ショップについては、
商品の説明がなく、味は何なのか試食が必要。
ベトナム人はそもそもカレーライスを食べない。
商品の絞り込みが重要とのアドバイスもいただき、

イオンモールビンタンの宮城ショップで
私が抱いた感想と同じ指摘をいただきました。
これは改善していくべき点であるなと感じました。


やはり実際に見て現場のお話をうかがうと、
なるほどと思える話がいっぱい出てきて、
宮城県としての事業をさらにブラッシュアップできる情報を
たくさんいただきました。



【イオンモールロンビエン北関東3県ショップ】

続いて本社の事務所から歩いてイオンモールの中にある、

「北関東3県ショップ」

にも訪問をしました。

運営会社であるBMF社の蓑田社長からご説明をいただき、
北関東3県のショップを見学しました。

いわば敵情視察みたいなものですが、
お互い切磋琢磨するということが必要ですし、
相乗効果もありますので重要とここを選定したところです。

しかし実際に行ってみると、
宮城ショップよりも販売の実績が出ているように感じました。


宮城ショップは「展示」という印象でしたが、
北関東3県ショップは「販売代理店」という印象でした。

実際に試食試飲も含め、
商品の説明が丁寧になされており、
説明文はほぼ日本語でした。

日本語で書いてあると、
ベトナムの方は説明を求めてくるのだそうで、
そこでショップにいる日本人がいろいろと説明をするのだそうです。

またテレビ局にも取材をしてもらい、
露出も図っているとのこと、
アンテナショップには安心して電話をしてくるのだそうで、
そこから販売もするのだそうです。

常陸牛は天皇誕生日祝賀会でも出されたものと売り込み、
ベトナムの富裕層に大人気となり現在売り切れ状態とのこと。


しかし売れる商品と売りたい商品にはギャップがあるとのことで、
日本の中小企業の側がベトナム流に柔軟に対応しないと
成功しないという言葉も印象に残りました。

日本酒は意外と売れるとのことで
ネット販売もしているそうです。

北関東の名所スポットの写真も展示し、
SNSで発信してもらいやすいような
観光振興の取り組みも同時にやっていました。


北関東ショップは実際に
積極的な売り込みまで事業の中に入っているとのことで、
宮城ショップとの違いを感じました。

しかし逆に言えばちょっとした工夫でかなり、
宮城県産品も爆発的に売ることはできるだろうなという
感触も得られたところです。



【ホテル日航】

ホテル日航の田中総支配人に、
「ベトナムへの日本企業進出の動き」についてお話をうかがいました。

田中さんはハノイにおける日本の商工会議所の
サービス部会長を務めておられ、
当然のことながらベトナム事情に精通しておられます。

ホテルでの日本食はハノイではここだけとのことで、
富裕層が利用をするのだそうです。

ホーチミン・ハノイは近年人件費が高騰してきており、
英語や日本語ができる人材も取り合いになっているのだとか。

日本からちょっと出張してきたぐらいでは、
情報は得られないとのことで、
日本からは知事訪問も含めすでに4県が
田中さんの所へ訪れているのだそうです。

ベトナムにおいては中国とちがいネット制限がないので、
リアルタイムに日本の情報を得ており、
日本フリークのベトナム人の間では「逃げ恥恋ダンス」が流行っているとのこと。

日本とタイムラグはあまりないですね。


またベトナム人は親日的ですが、
賢く、したたかであり、日本人より幸せとのこと。

人民委員会のプロモーションは積極的で
割り引いて聞いたほうがよいとのお話もありました。

ベトナム人と一口に言っても多様な存在であり、
これがベトナム人と言えるものはあまりないが、
新しいものに関心があり、健康と美容には強い関心を持っているとのこと。

短期間でお金持ちになるベトナム人が増えており、
戦後70年の日本のあゆみを5年から10年で動いている。

日本人の昔からのやり方では勝てない。
サービス・情報がタダだと思っている日本人はベトナムでは成功できない。

などなどさらにここでは書きにくい話も、
様々聞くことができました。


ハノイにおいては、
今後の宮城県産品輸出拡大のためにするべきことが、
たくさん見えてきたように感じました。

これから議会活動でしっかりと
置き換えていきたいと思います。




駆け足で詰め込みすぎた感のある4泊6日の調査でしたが、
参加議員全員が宮城県の発展のために
活動するための貴重な時間となったと思います。

宮城県においては新年度から
「インバウンド推進課」を立ち上げるとの報道がありました。

「<宮城県>インバウンド推進課 新設(河北新報)」
⇒ http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201701/20170127_11041.html


諸外国との関係を積極的に構築し、
県産品輸出拡大、県内企業の海外進出に力を入れるために、
今後も宮城県の担当職員もどんどん、
ベトナムをはじめ海外の関係をつくり上げていくべきと考えます。



まあしかしながら、
私もドメスティックな人間ですので、
やっぱり和食が一番素晴らしい食事だとあらためて思った次第です。

仙台空港についてまずは寿司が食べたくなり、
浜やの閖上三色丼を食べて満足しました。



ベトナムはすてきな国でした。

しかしそのベトナムの人たちから、
いかに日本が素晴らしい国かということを教えてもらったように思います。


これからも宮城県産品が世界一になるよう、
さらに知恵を絞っていきたいと思います!




関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2276-42afe0d6
    この記事へのトラックバック



    fx