宮城県議会ベトナム視察団報告その2 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

宮城県議会ベトナム視察団報告その2

2017年01月26日 04:24

宮城県議会ベトナム調査その2です。
今回の調査の大きな目的に、
宮城県企業の海外ビジネス進出支援と県産品の輸出拡大があります。


【イオンモールビンタン・宮城県アンテナショップ】

ホーチミン市中心部から車で40分ほどの所に、
イオンモールビンタンがあります。

名取のイオンモールや長町南のモールと同じような大きさで、
外観や駐車場も同じようなものとなっていますので、
一見すると日本のような雰囲気ですが、
売っているものは異なり、また駐車場も多くはバイク駐車場となっています。

しかしホーチミンも急速に車社会になりつつあるので、
そこまで見込んでいるのかもしれません。


宮城県は経済商工観光部の事業として、

「ベトナム宮城県産品マーケティング支援事業」

を行っており、
ベトナムのイオンにおいてアンテナショップを設置し、
宮城県産品を販売しています。

塩焼銀鮭、殻付牡蠣、
ホタテやめかぶなど水産品も販売していますが、

ほかにも宮城県人お馴染みの、
パパ好みや川口納豆、
ひとめぼれや焼きのりなども参戦しています。

なかでも喜久福が人気のようで、
ベトナム人はいまアイスクリームや抹茶が大好きのようです。

スーパーやコンビニも
抹茶関連のお菓子がたくさん売っていましたね。

また味付け海苔も人気とのことで、
スナックとして海苔だけを食べているのが流行っているそうです。

現在この宮城県アンテナショップでは、
20万ドン以上買うとむすび丸のぬいぐるみなどのおまけを渡していて、
実際に20万ドン以上買っているお客さんがいらっしゃいました。

やはりベトナムでもむすび丸は子供に人気のようです。

その他、このアンテナショップだけではなく、
宮城県企業が進出し出店しているクリーニング店、
そして通常のスーパーマーケットとしての売り場も見て回りました。

青森県産のリンゴが人気で、
場所もいいところにおかれていてお客さんがたくさん買っていました。

「むつ」が1kgあたり279,000ドンということで、
3個で1400円といったところでしょうか。

正月前ということもあり、贈答用に売れているようです。

すぐ隣にアメリカ産リンゴが売られていましたが、
こちらは1kgあたり79,900ドンでした。

ここでは野菜やお米も1kgの量り売りのようで、
なかなか迫力のあるディスプレーでした。

また魚売り場では魚そのものが売られていて、切り身ではありません。
ベトナム人は鮮度を気にするそうで、
気に入ったお魚を選び、
すぐ裏でさばいてもらい買うのだそうです。
肉も同じなのだとか。

ここは売り方の工夫として、
宮城県の水産品を輸出する際の改善点かもしれません。

日本とベトナムのちがいですね。


日本酒は各地のものが売られていましたが、
残念ながら宮城県のものはありませんでした。

日本酒はハノイでは人気なのだそうですが、
ホーチミンではビールが主流なのだそうです。

ハノイとホーチミンでは気温差が10度以上あることも
その理由とのことです。

ここではロジテムベトナムの石塚さんにお世話になりました。



【県内企業のベトナム進出状況調査】

宮城県からベトナムに進出している企業が、
近年増えてきておりますが、
進出する際の課題などを実際にうかがうということで、

株式会社ビルワークの納庄貴光専務にお話を伺いました。
納庄さんは宮城県と東京とカンボジアとベトナムを行き来しているとのことで、
今回ちょうどベトナムにいらっしゃり、
お話をうかがうことができました。

詳細は企業秘密もありますので書きませんが、
ビルメンテナンス業を仙台を中心に全国で展開され、
国内で現在1,500名の社員、
そのうち150名がベトナム、マレーシア、フィリピン人なのだそうです。

人手不足の解消のために海外展開し、
しかし同時に海外で人材を育成しマネージャークラスにまで育てる、
入り口と出口を見据えた事業展開をされています。

宮城県経済商工観光部の委託事業である、
ビジネスアドバイザリーデスクにも相談しているそうですが、
後ろ盾があると進出がしやすくなるとのことでした。

しかしベトナムの課題もあり、
進出前の準備に支援があるとさらにありがたいとのことでした。

宮城県企業の国際的な人材育成に対する支援も必要と、
納庄さんのお話をうかがいながら私も思い、
今回の視察団畠山団長と話をしたところです。

まだまだ課題はたくさんあります。



【宮城県ベトナム等ビジネスアドバイザリーデスク】

株式会社フォーバルのホーチミン支店に、
宮城県の事業として、

「ビジネスアドバイザリーデスク」

を委託していますので、
ここで県内企業等のベトナム進出の実情について、
ベトナムフォーバルの有賀正宏代表取締役にお話をうかがいました。


ベトナムフォーバルでは、海外展開支援やM&A、
人材コンサルや教育支援を手がけているとのことですが、
従来は製造業支援で5Sをやっていたそうですが、
最近は内需が爆発しており、サービス・接客の事業が多いとのことです。
ベトナムもインバウンドが盛んになってきており、
おもてなし研修もされるのだそうです。

県内企業の相談内容等についてうかがいましたが、
ベトナムフォーバル社の展開している、

「日系中小企業向けレンタル工場」

についてもおもしろい事業だと感じました。

シェアハウスの要領で、中小企業向けに工場をレンタルするとのことで、
日本人常駐スタッフがおり、最低区画は288平米からとのこと。
共有会議室と応接室があるとのことで、
現在かなり埋まっているようで、新たに増設をするのだそうです。

注目はこの会社に埼玉県が2%出資をしているという点で、
埼玉県から進出する企業については優遇をしているのだそうです。

埼玉県の職員や議員はここをよく訪れており、
県内企業が安心して進出できているとのことでした。

民間企業でトラブルが起きると対応は自治体になるので、
県内企業が困ったときに自治体どうしの関係を
構築しておくのが重要とのことでした。


ベトナムからミャンマーに抜ける道路ができると
また状況が変わってくるという話や、

日本のODAが減ってきているが、
逆に他国はODAを増やしてきている、

韓国の政府を挙げたブランディング攻勢が
ベトナムでは成功しており、
いまのベトナムの20代は日本よりも韓国がかっこいいと思っているなど、
いろいろな情報もいただき、

官民一体で海外展開はしていく必要があることを感じました。




ホーチミン調査は以上で、
ハノイへの移動となります。

続きは次回に。


関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2274-2b462891
    この記事へのトラックバック



    fx