宮城県議会ベトナム視察団報告その1 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

宮城県議会ベトナム視察団報告その1

2017年01月23日 23:59

宮城県議会ベトナム調査は順調に進んでいます。
事前準備をしっかりとしていたこともあり、
実際に訪れてみなければわからないことがわかったり、
直接お会いすることでさらなる関係強化を進めることができた、
そんな状況が続いており、

宮城県政における海外交流の必要性について、
参加県議団九名が共通して持つことができています。


【ジェトロホーチミン事務所企業進出調査
 -日本企業のベトナム進出状況について
  日本企業のベトナム進出にあたっての支援状況について】

宮城県議会ベトナム視察団は、
ジェトロホーチミン事務所を訪れました。

ジェトロホーチミン事務所滝本所長に対応いただき、
また日本からのベトナム企業進出の専門家である、
海外投資アドバイザー栗原さんからも貴重なお話を伺うことができました。

滝本所長は、震災後東北経済産業局で部長を経験されていたとのことで、
宮城県の事情について大変詳しく、
様々なアドバイスをいただきました。


ベトナムにおいては従来、
安い人件費と安いと土地を前提に、
組み立て輸出が多かったのですが、
この数年、ベトナム国民の購買力が上昇しており、
商品そのものを売る日系企業が増えているとのことでした。

またホーチミン市を中心に、
日本のファミリーマートやミニストップなど、
200店以上のコンビニがホーチミン市に進出しており、

ジェトロではこうしたコンビニに日本食のテスト販売を要請、
昨年11月の1カ月間、67品目の加工食品を売り出しました。

売上の上がったものについては継続的販売を実施し、
ありがたいことに宮城県産品としては、
「白石温麺」も入っているそうです。

しかしまだまだ試行錯誤の段階であり、
売り上げ確保のためには一ひねり二ひねりが必要とのこと。

また、日系企業ベトナム進出のための様々なデータをいただき、
詳細はここでは記しませんが、
ある一定の傾向は見えてきているように感じます。

ホーチミン市はベトナム経済の中心であり、
日系企業の進出という点では、
卸売や小売が元気であるとの分析でした。

賃金が安い、
政治社会が安定している、
親日的である、
自然災害が少ない、などなど、
様々なベトナムの優位性についての要因がありますが、
変動要因についても目を向けていく必要がありそうです。

意外であったのは電力事情については問題ないということでした。
また、日本食レストランがこの数年急増し、
ホーチミン市だけで500店舗になっているとのことで、
ホーチミン市民にとって日本食ブームが起こっているようです。

参加議員からは活発に質疑があり、
土木・介護関連の技能実習生制度や、
これから訪問するタイビン省、前回訪問したビンズオン・ドンナイ省の状況など、
なかなか日本ではネット経由でも情報がとれなかったお話を伺いました。

ベトナムにおける人民委員会の制度、
人民委員長は日本でいうとキャリア官僚の人事、
人民副委員長は地元で力を持つといった話は
これは事前調査ではわからなかったことでしたし、
ハノイ訪問前にインプットできてよかったですね。

それでもまだよくわからないところが多かったですが、
ベトナム国民の実情、北部と南部のちがいや、
経済の動きなどはわかってきました。

日本の各自治体も現在、
ベトナムの各省と関係を構築したり、
これから進めようとしているところがありますが、
類似した環境を見定めたり、各県の優位性を前提とした
戦略的な提携関係の構築がよいのではないか、
交流を結ぶだけが自己目的化してはいけないというアドバイスには、
なるほどと感じました。

宮城県がベトナムとの交流を深め、
予算化をしていくとなれば大きな事業となりますので、
この点には十分な調査が必要であると感じます。

ーーーーーーーーーーー
またベトナムからの技能実習生を受け入れている企業も、
宮城県内に増えてきています。

しかしなかなか日本人と比べ定着率がよくない、
すぐやめていくという声を聞くという議員からの質問に対しては、

仕事自体に興味を持たせる工夫や、
キャリアパスを明示していくこと、
そしてベトナム人特有の感覚があるので、
会社内に疑似ファミリーの感覚をつくることが重要であるとの指摘をいただきました。

会社内でトップがファミリーの父親のような雰囲気をつくっているところは、
かなり効果があるとのことで、
これはなかなか専門家でなければ聞けない情報だったなあと思いますし、

宮城県内でベトナム人技能実習生を受け入れている企業の方には、
参考にしてみてはどうかと思いました。

ーーーーーーーーーーーー
またベトナムでのわが国国産の個別品目については、
日本酒の可能性は大きいとのことで、
日本食レストランには日本酒がおかれることが増えてきているとのこと。

そして昨年11月コンビニに協力してもらった67品目の調査では、
アイスクリームがもの珍しく売れた、
たいやきが人気であったとのことで、
基本的に単価が高い500円以上のものは厳しくなってくるようです。

ベトナムでは500円でおよそ10万ドンなので、
10万ドン札を出すことには心理的抵抗があるようです。




【ホーチミン市役所表敬訪問】

宮城県議会ベトナム視察団は、
ホーチミン市役所を表敬訪問し、

ホーチミン市人民委員会
レー・タイン・リエム(LE THANH LIEM)常務副委員長

にご対応いただきました。

日本でいえば筆頭副知事の方で、
ホーチミン市のナンバー2の方にあたります。

同席されたのは、
外務局長(ベトナム外務省の地方機関)、
外務副局長(友好団体連盟の代表)、
都市計画局副局長、商工局副局長、その他関係者が出席しました。

地元マスコミも入り、
日本から訪問団が来たということでニュースとしてとらえているようです。
ホーチミンテレビのカメラも入っていました。


先々週、安倍総理がベトナムを訪問しており、
また来月には天皇陛下がベトナムに赴かれることになっています。

さらにレー・タイン・リエム常務副委員長のあいさつのなかでは、
おそらく4月に党書記を団長とする日本訪問ミッションが結成される予定とのことでした。

今年はとりわけ日本とベトナムの関係が強化される年となりそうです。


ご対応頂いたリエム副委員長も、
イオンモールに行かれたことがあるそうで、
宮城県産品含め日本の産品は最高品質であり、
特に食品はハイクオリティだとのお話をされました。


また今回安倍首相のベトナム訪問に合わせて、
日本では白身のドラゴンフルーツだけではなく、
赤身のドラゴンフルーツの輸入を許可してもらったので、

ベトナム側として日本の梨の輸入を解禁した、

これは宮城県の農家にとってもいいニュースではないかとのことでした。

わが国梨農家の皆さんにおかれましては、
これからベトナム輸出を検討してみてはいかがでしょうか。

利府梨もこれからチャンスですね。


また、グエン・ティ・ユン先生という方のお話もいただきましたが、
残念ながら私も知らなかったので帰国後調べたいと思います。


ーーーーーーーーーーーーーーーー
そしてリエム副委員長からの話では2週間前、
ここに岩手県知事が来ましたとのことでした。

農産物や魚介類のPRをしていかれましたが、
日本の皆様が来られることを大歓迎しますし、
宮城県との関係がますます発展することを期待したいとのお話でした。


そして宮城県議会ベトナム視察団畠山団長からは、
ホーチミン市人民委員会へ以下の通りのお話がありました。

東日本大震災により宮城県の水産業が大きな被害を受けた、
復興は道半ばで産業再生の途中であるが、
水産加工業は一度失った販路、販売先を見つけられず困っている。

4年前宮城県議会でベトナム訪問をしたことがきっかけで、
イオンベトナム1号店の海外販路を見つけることができ、
宮城県として昨年度から物産展やイベント販売をしている。

また宮城県にはベトナムの技能実習生が働いていたり、
大学には留学生もたくさん来ている。

地域の交流を深め、ホーチミン市との友好関係が深まるよう、
よろしくお願いしたい。

以上の発言がありました。





【ホーチミン宮城県人会との意見交換会】

宮城県議会ベトナム視察団は、
ホーチミン市に在住するホーチミン宮城県人会(江渕真也会長)との意見交換会
を開催しました。

ホーチミンで経済活動に活躍する宮城県出身の方々にお集まりいただき、
お仕事の話や、地元宮城県の現状などで話に花が咲きました。

ベトナムで仕事をしていく際のビジネス上のお話や、
イオンモールについて、
ベトナム進出の他県の現状についてなどなど、
大いに盛り上がりました。

やはりベトナムの日本人の世界でも西高東低のようで、
西日本の方々はどんどんベトナムに来ているようですが、
宮城県人会はまだまだとのことで、
そんななか交流を深め頑張っている、
江渕会長を筆頭にホーチミン宮城県人会の皆さんと
今後とも交流を深めていきたいと思いました。

ぜひホーチミン進出を検討している宮城県の皆さんの
窓口になっていただければと思いますし、
江渕さんはホーチミンでマンガ喫茶も経営されていますので、
そちらにもぜひ訪問してほしいと思います。

なぜか古川高校卒業率が高かったですね。。。


EMs Cafe
https://vietnam-navi.info/spot/18754



また、イオンモールで実際に進めている宮城県の事業についての意見や、
介護人材に関する技能実習生の大きな課題など深い話をすることもできましたので、
これもまた貴重な機会でしたし、

「ベトナムはいま変化が激しいので、
 半年後には別の町になっている。
 信号機も半年たつと増えている。」

との言葉はなるほどそういう国かと思いました。


特に、茨城県や三重県は、
県職員や議員もたくさん来て県産品を売り込みに来ているのに、
宮城県は全然まだまだだとの言葉もいただきましたので、
県産品を売り込む県庁体制づくりも必要だと感じました。


ホーチミン宮城県人会の皆さんは、
なによりも宮城県の応援団であり、
県産品を現地でPRしてくださる貴重な方々ですので、

今後とも交流を絶やさず発展させていきたいと思います。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
しかし一方で仙台では、
地元のニュースでこの県議会のベトナム視察について、
税金の無駄遣いであるというような取り上げられ方をしており、
この調査活動自体が悪いことをしているかのような報道になっています。


「宮城県議会議員9人、ベトナムを視察 費用はおよそ650万円(仙台放送)」
⇒ http://ox-tv.jp/nc/share/?d=20170123&no=13


私がこのように発信しても、このメルマガで1万5千人、
私のFacebookやTwitter合わせても2万人しか見てくださる方はいないわけで、
テレビの影響力やオンブズマンの弁護士の方の発言力に比べれば微々たるものですが、

実際のわれわれの現地での調査活動を、
この放送局の方々は取材しているわけでもなく、
オンブズマンの方から私たちは事情や調査内容を聞かれたわけでもありません。


でもこうやってニュースで流れれば、

「渡辺勝幸は税金を無駄遣いして、
 なにをやってるんだ!」

というお叱りの声が仙台で大きくなっていることは間違いありません。

もちろん次の選挙でマイナスになることでしょうし、
公費の無駄遣いとして根拠がなくても裁判になるかもしれません。
私のような選挙に弱い政治家にとっては今回参加しなかったほうがよかったかもしれません。


しかし、今回の活動は間違いなく、
宮城県の地域経済活性化にとって必要な調査ですし、

現時点では県庁の部長級、課長級、課長補佐級の職員の方々が
一生懸命ベトナムを行き来していますが、
今後、知事を含めた県職員の方々がさらにベトナムと行き来をすることで、
県産品輸出のさらに大きな事業のきっかけになることを確信しています。


公費での海外視察に批判はありますが、
もし今回私費で行ったとしたならば、それはそれで意義はあるのですが、
今回のホーチミン市や外務省など公的機関は対応をしてくれません。

県民の代表で行くからこそ、
外交のルールにのっとって国や地方政府が
こうやって対応をしてくださるので、
渡辺勝幸個人で行ったならば単なる旅行になってしまいます。

ですので、次に私が落選したとしても、
当選した方が「宮城県議会議員」として、
県民の代表としてこうした調査、交流を続けるべきであると考えます。

外務大臣は公費を使って外交活動をするべきですし、
外交官も同様です。
宮城県で今回のようにベトナムマーケティング事業を実施するならば、
やはり公費を使ってベトナムへ行くべきです。



とはいえ、何事もリスクがなければ、
事業の成功はありませんので、
われわれ宮城県議会ベトナム視察団は、
体に傷をたくさん負ったとしても、
この調査に結果を伴うものにしていく覚悟で取り組んでいる次第です。



引き続き、このメルマガで、
ベトナム視察内容について報告していきますので、
更なる情報提供や、こんなことを知っているよとか、
シェアなどしていただけると、ありがたいです。




関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2273-13f3e3cb
    この記事へのトラックバック



    fx