宮城県議会、ベトナムに視察へいってまいります! - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

宮城県議会、ベトナムに視察へいってまいります!

2017年01月21日 22:38

平成29年1月22日より27日まで、
宮城県議会の海外議員派遣、公務として、
宮城県議会日越交流友好議員連盟、
宮城県議会議員9名でベトナム社会主義共和国を訪問することになりました。

この宮城県とベトナムの経済交流進展のための動きは、
約一年の時間をかけて、
準備も入念に、
ここまでやってきました。

宮城県は現在、
中国、韓国がいまだ輸入規制を解除していないために、
県産品の輸出ターゲットを台湾とベトナムに絞っており、

農林水産品や加工品、ビジネス進出支援など、
様々な経済政策を実施しています。

宮城県庁の部長や国際経済課の職員の方々もすでにベトナムを行き来しており、
今後、県産品輸出やビジネス進出をますます加速化するために、
宮城県議会としても強く力を入れていきたいと思っているところです。



調査目的は以下のとおりです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【調査目的】

 近年、アジア市場が成長し、国内における需要の停滞や取引先の海外移転が進むなか、
中小企業でも海外展開が拡大傾向にある。
しかしながら宮城県においては、東日本大震災により海外販路が喪失し、
さらには中国、韓国において、輸入規制が解除されないことから、
新しい海外市場の開拓・拡大が求められている。
こうした状況のなか、本県では経済成長が著しい東南アジア、
とりわけベトナムを新規市場の一つとして捉え、スピード感を持って積極的に開拓するとともに、
県内企業支援として、海外販路開拓や海外企業との取引に向けた機運を醸成し、
ニーズの掘り起こしや機会創出を行っているところである。

 平成28年2月には、日越交流宮城県議会議員連盟の所属議員が東京都の駐日ベトナム大使館において、
グエン・クオック・クオン特命全権大使を表敬訪問。
宮城県とベトナムとのさらなる国際交流の促進を確認し、
大使からは地方議員の日越友好議員連盟が非常に重要な財産であると評価をいただき、
宮城県への大使の訪問意向表明と、議連所属県議の訪越の要請があった。

 現在、本県は宮城県産品マーケティング支援事業を進め、
ベトナムにおいて宮城県ビジネスアドバイザリーデスクを設置している。
平成28年8月には、本県との経済協力を模索しているベトナム・タイビン省の幹部が来県し、
宮城県幹部と意見交換、投資セミナーを仙台市内で開催した。
また11月にはベトナムの有力雑誌記者等を本県に招聘し、
県産品の産地や県内観光地を取材するなどの県事業も実施しているほか、
近年、県内企業も製造業を中心として相次いでベトナムに進出するなど、
県産品の輸出拡大、インバウンド促進、現地進出支援など、
本県とベトナムとの国際経済交流が急速に盛んになりつつあるところである。
 
 こうした状況のなか、今回の調査は、本県と関係を深めつつあるベトナムにおける
宮城県産品の輸出及び本県の海外ビジネス支援の現状等について、
さらに掘り下げた調査を実施し、宮城県における国際経済交流・海外ビジネス支援施策推進のための提言に資するものである。

 ベトナム社会主義共和国との交流の活発化が、本県経済の活性化に資するものであり、
本調査先を選定した。

【調査目的ここまで】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



事前の準備、勉強会も重ねてきており、
この数か月は私も事務局的に動いていましたので、

ベトナム大使館、本邦外務省をはじめ、
様々な打ち合わせを何回もしてきました。

なかなか大変でした。。。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【事前勉強会等】

平成28年2月19日(金) 
グエン・クオック・クオン特命全権大使表敬訪問(駐日ベトナム大使館)
平成28年5月23日(月) 
日越交流宮城県議会議員連盟勉強会(宮城県議会)
ベトナムからの実習生の受け入れ状況について
 公益社団法人宮城県国際化協会 大村昌枝 参事兼企画事業課長
県内企業のアジアへの事業展開と課題について
 株式会社ビルワーク 納庄貴光 取締役営業本部長
平成28年6月11日(土) 
ベトナムフェスティバル2016 開会式(代々木公園)

平成28年8月8日(月) 
ベトナム国タイビン省人民委員会副委員長他タイビン省幹部宮城県来県
昼食会、ベトナム投資環境セミナー(JICA)、若生副知事表敬
平成28年10月1日(土) 
ベトナムフェスティバル2016 in東北(イオン栗原志波姫)
平成28年11月2日(水)
宮城県経済商工観光部海外ビジネス支援室との県内企業ベトナム進出状況について勉強会
平成28年12月21日(水)
ベトナム視察団参加議員による事前勉強会

平成29年1月20日(金)
ベトナム視察団参加議員による事前勉強会
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


様々な形で県内企業・事業者がベトナムに進出していますし、
宮城の県産品の輸出拡大も進んできました。

ベトナム大使からも宮城県議団の訪問を要請され、
今回ベトナム各地を訪問しますが、

タイビン省では地元マスコミからの取材の申し込みもあり、
宮城県、日本とのつながりを重視してくださっているようで、
とてもありがたいことです。

今回は一私人として行くわけではなく、
宮城県の代表として行くということの意味を、
ベトナム側も重く受け取ってくださっているようです。


主な調査内容は以下のとおりです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ジェトロホーチミン事務所
企業進出調査
「日本企業のベトナム進出状況について」
「日本企業のベトナム進出にあたっての支援状況について」


ホーチミン市役所
経済交流調査
ホーチミン市副委員長対応
「日本企業のホーチミン市への進出について」
ホーチミン宮城県人会との意見交換会
経済交流調査
「宮城県とベトナム社会主義共和国との経済交流について」
イオンモールビンタン・宮城県アンテナショップ
県産品輸出調査
(ホーチミン市ビンタン区)
「宮城県産品輸出の現状について」(ベトナム宮城県産品マーケティング支援事業)
県内企業のベトナム進出状況調査
企業進出調査
「宮城県内企業のベトナム進出状況について」
宮城県ベトナム等ビジネスアドバイザリーデスク
企業進出調査
(株式会社フォーバルホーチミン支店)
「県内企業のベトナム進出の実情について」
タイビン省役所
投資関連調査
「海外からの進出企業に対する省政府の奨励施策について」
タイビン省工業団地視察
タイビン省内進出日本企業訪問

イオンモールベトナム社
国産品輸出調査
「宮城県を含む国産品輸出の現状について」
イオンモールロンビエン北関東3県ショップ
国産品輸出調査
「他県における県産品輸出の現状について」
在ハノイ日本大使館
経済交流調査
「日本とベトナム社会主義共和国との経済交流について」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



昨今、政務活動費の問題から、
地方議員の海外視察に否定的な方もいらっしゃるようですし、
税金の無駄遣いという指摘をする
メディア関係の方もおられるとのことですが、


実際に宮城県とベトナムとの交流の現場にいる一政治家として、

「むしろ宮城県議会として、
 積極的にベトナムを訪問しなければならない」

と私は思っております。



私の選挙のときの公約は、
「強い経済を宮城につくる」というものでした。

現在宮城県として取り組んでいるベトナム関連の政策は、
まさにこの方針に沿っていると思いますし、

近年西日本の県を中心に、
県産品を直接海外に輸出する政策が
どんどん打ち出され、成功している現状を考えると、
むしろ宮城県は遅れているのではないかと感じています。


震災からの復興という観点にとどまらず、
宮城県のよいものを全世界に積極的に輸出していく、
そんな姿勢で取り組んでいく所存です。


随時、ネット等でご報告していきますが、
地方議会の海外視察の有効性についても
強く訴えていきたいと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

議員派遣(平成28年12月15日本会議決定)

次のとおり議員を派遣します。

一 ベトナム社会主義共和国との国際経済交流・海外ビジネス支援等に関する調査

(一)目的 ベトナム社会主義共和国における宮城県産品の海外市場の開拓・販路拡大の現状及び日本企業の進出状況と本県の海外ビジネス支援の現状等に関する調査

(二)場所 ベトナム社会主義共和国

(三)期間 平成二十九年一月二十二日から平成二十九年一月二十七日まで(六日間)

(四)議員 畠山和純議員、安藤俊威議員、菊地恵一議員、吉川寛康議員、佐々木賢司議員、横山隆光議員、渡辺勝幸議員、遠藤隼人議員、庄田圭佑議員


関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2272-36f01066
    この記事へのトラックバック



    fx