東北道緊急交通路、大型と事業用も通行可能に! - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

東北道緊急交通路、大型と事業用も通行可能に!

2011年03月22日 10:33

東北道

浦和IC→宇都宮IC 通常どおり
宇都宮IC→一ノ関IC 大型車のみ通行可
一ノ関IC以北 通常どおり


http://www.npa.go.jp/archive/keibi/biki/traffic/kinkyukotsu.pdf
平成23年3月21日14:00現在 警察庁緊急災害警備本部

平成23年東北地方太平洋沖地震の発生に伴う東北自動車道、磐越自動車道等に
おける交通規制について
《平成23年3月22日午前10時以降》



1 概要
平成23年東北地方太平洋沖地震の発生に伴い、関係県公安委員会では、東北自動車道、磐越自動車道等の一部区間について、大型自動車等以外の通行を禁止する交通規制を実施しています。


2 交通規制の内容
3の車両以外の車両の通行は禁止されています。


3 通行することができる車両

(1) 自動車登録番号標の分類番号が①~⑤に該当する自動車(大型自動車等)

① 1、10から19まで及び100から199まで【いわゆる「1ナンバー車」】
② 2、20から29まで及び200から299まで【いわゆる「2ナンバー車」】
③ 8、80から89まで及び800から899まで【いわゆる「8ナンバー車」】
④ 9、90から99まで及び900から999まで【いわゆる「9ナンバー車」】
⑤ 0、00から09まで及び000から099まで【いわゆる「0ナンバー車」】

(2) 事業用自動車(自動車運送事業者がその自動車運送事業の用に供する自動車)
【いわゆる「緑ナンバー車」及び「黒ナンバー車」】

(3) 緊急通行車両

① 緊急自動車として使用されうる自動車(救急用自動車、消防用自動車等)
② 災害応急対策に従事する者又は災害応急対策に必要な物資の緊急輸送その他
の災害応急対策を実施するため運転中の車両であって、都道府県知事又は都道
府県公安委員会が交付した緊急通行車両確認標章を掲示しているもの


4 2の交通規制が実施される道路(この区間のスマートIC以外のICから出入りが可能です。)

○ 東北自動車道宇都宮IC~一関IC
【出入りできないIC】
西那須野塩原、黒磯板室、矢吹、郡山南、本宮、二本松、国見

○ 磐越自動車道津川IC~いわきJCT
【出入りできないIC】
磐梯熱海、猪苗代磐梯高原、磐梯河東、会津坂下、西会津

○ あぶくま高原道路福島空港IC~小野IC
【出入りできないIC】
石川母畑、平田西、平田

○ 常磐自動車道亘理IC~山元IC

○ 仙台南部道路全線

○ 仙台東部道路仙台若林JCT~亘理IC

○ 仙台北部道路全線

○ 三陸自動車道利府JCT~登米東和IC

(注)一般道路には、こうした交通規制を実施している区間はありません。
(注)区間及び出入りできないICについては、今後、変更することがあります。


5 緊急通行車両確認標章(4ページも御参照ください。)

(1) 交付対象

緊急通行車両確認標章は、緊急通行車両確認標章がなければ4の道路を通行することができない車両(3(1)、(2)又は(3)①のいずれかには該当しない車両)のうち、災害応急対策に従事する者又は災害応急対策に必要な物資の緊急輸送その他の災害応急対策を実施しようとするものに対して交付されます。

(注)緊急通行車両確認標章が不要となる3(1)、(2)又は(3)①のいずれかに該当する車両に対しては、緊急通行車両確認標章は交付されません。

※ 「災害応急対策」は、次の事項について行うこととされています。

ア警報の発令及び伝達並びに避難の勧告又は指示に関する事項
イ消防、水防その他の応急措置に関する事項
ウ被災者の救難、救助その他保護に関する事項
エ災害を受けた児童及び生徒の応急の教育に関する事項
オ施設及び設備の応急の復旧に関する事項
カ清掃、防疫その他の保険衛生に関する事項
キ犯罪の予防、交通の規制その他災害地における交通秩序の維持に関する
事項
ク緊急輸送の確保に関する事項
ケその他災害の発生の防禦又は拡大の防止のための措置に関する事項

※ 警察庁として、都道府県警察に対して、上記ア~ケに掲げる災害応急対策に該当することを明確化し、緊急通行車両確認標章の円滑かつ的確な交付を指示したものには、次のものがあります。(上記ア~ケに掲げる災害応急対策に該当するものであれば、次のものに当たらなくとも、緊急通行車両確認標章の交付対象となります。)

○ 政府の緊急物資輸送への協力
○ 医薬品、医療機器等の輸送
○ 医師、歯科医師
○ 企業等による食料品・生活用品・燃料の輸送(タンクローリーについて
はIC等でも緊急通行車両確認標章を交付しています。)
○ 災害応急対策のため被災地に向かう建設業者
○ 応急仮設住宅の建設及び建設準備
○ 高速バス
○ 霊柩車
○ 家畜の飼料の輸送
○ 金融機関等の現金輸送
○ 道路の啓開作業
○ 患者等の搬送

(2) 申請手続
出発地の警察署等で交付を受けてください。複数台の車両について一括申請することも可能です。
なお、緊急通行車両確認標章の交付は、事前届出があった約31.7万台(平成21年末)を優先することとしていますので、御注意ください。


6 お願い

・人命救助、応急復旧作業、緊急輸送等を含む交通の安全と円滑のための通行禁止の交通規制であり、一部の車両が通行できないことについて、御理解をお願いします。
・災害応急対策を円滑に実施するため、被災地に向かう道路における不要不急の通行は避けていただくように、御協力をお願いします。


7 問い合わせ先
最寄りの警察署等にお問い合わせください。





関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/227-1b33df53
    この記事へのトラックバック



    fx