年末年始、渡辺のオススメ書籍7冊!(平成28年末) - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

年末年始、渡辺のオススメ書籍7冊!(平成28年末)

2016年12月28日 23:25

今年もあと少しで終わりですが、
ふだん分刻みのスケジュールの方も、
年末年始を生かして読書をしてみてはいかがでしょうか。


あらゆる人から学ぶ、
そんな気持ちを持っていると、
世の中のいろんな人々が書いた本を読むことこそ、
あらゆる人から学ぶことになるのではないかと感じます。


毎年このメルマガでは、
年末年始皆さんにオススメの本を紹介しています。







トランプ政権の誕生により、
来年は大きく米中関係が変化するものと思われます。

米中戦争が実際にあり得るか、
今までそこまでの議論はありませんでしたが、
こうした詳細なシミュレーション、
そしてこの本がベストセラーになっていることから考えても、

米中の対立がわが国に大きな影響を与えることは間違いありません。

わが国の平和を守っていくためにも、
このシミュレーションが幻想だ、馬鹿げていると言っていると、
手遅れになってしまう、
そんな状況が生まれつつあるように感じます。



────────────────────────────────────
【引用ここから】

◆トランプ政策顧問が執筆!◆
フジテレビ「新報道2001」(11・27)、東洋経済オンライン(11・28)で紹介! 
・経済成長のために必要な原油の中東からの輸送ルートは、太平洋地域の制海権をもつアメリカによって抑えられている。
・空母と同盟国の基地を主体にした米軍に対抗するため、安価な移動式のミサイルで叩くという「非対称兵器」の開発を中国は進めてきた。
・南シナ海や尖閣諸島の海底に巨大な油田が発見された。
・南シナ海や尖閣諸島を囲む第一列島線。その内側の制海権を中国は握りつつある。
・歴史上、既存の大国と台頭する新興国が対峙したとき、戦争に至る確率は70%を超える。

経済、政治、軍の内情……。
最前線の情報をもとに、米中戦争の地政学を鮮やかに読み解く。
トランプの政策顧問による分析で、日本の未来が見えてくる!

【目次】

■第一部 中国は何を狙っているのか?
第1章 米中戦争が起きる確率
第2章 屈辱の一〇〇年間
第3章 なぜマラッカ海峡にこだわるのか?
第4章 禁輸措置大国アメリカ
第5章 中国共産党の武力侵略

■第二部 どれだけの軍事力を持っているのか?
第6章 軍事費の真実
第7章 第一列島線と第二列島線
第8章 「空母キラー」の衝撃
第9章 地下の万里の長城
第10章 マッハ10の新型ミサイル
第11章 機雷による海上封鎖
第12章 深海に潜む核兵器
第13章 ヨーロッパの最新軍事技術を手に入れる
第14章 小型艦が空母戦闘群を襲う
第15章 第五世代戦闘機の実力
第16章 宇宙戦争
第17章 サイバー戦争
第18章 国際世論の操作
第19章 「非対称兵器」が勝負を分ける

■第三部 引き金となるのはどこか?
第20章 台湾という不沈空母
第21章 問題児・北朝鮮
第22章 尖閣諸島の危機
第23章 ベトナムの西沙諸島
第24章 南シナ海の「九段線」
第25章 排他的経済水域の領海化
第26章 水不足のインド
第27章 火の付いたナショナリズム
第28章 地方官僚の暴走
第29章 中露軍事同盟の成立

■第四部 戦場では何が起きるのか?
第30章 質の米軍vs. 量の中国軍
第31章 米軍基地は機能するのか?
第32章 中国本土への攻撃
第33章 海上封鎖の実行
第34章 どんな「勝利」が待っているのか?

■第五部 交渉の余地はあるのか?
第35章 米軍はアジアから撤退すべきか?
第36章 中国の経済成長は何をもたらすのか?
第37章 貿易の拡大で戦争は防げるのか?
第38章 核抑止力は本当に働くのか?
第39章 中国との対話は可能か?
第40章 「大取引」で平和は訪れるのか?

■第六部 力による平和への道
第41章 「戦わずして勝つ」唯一の方法
第42章 経済力による平和
第43章 軍事力による平和
第44章 同盟国を守り抜く
第45章 中国の脅威を直視する

■解説 飯田将史(防衛省防衛研究所 主任研究官)
「日本の安全をどう守るのか」

【引用ここまで】
────────────────────────────────────






いまや大政治家の安倍晋三総理大臣も、
当選後7年間は政府の役職から干され、
挫折、雌伏を経験していたわけです。

しかしそれらの経験が現在の内閣に生かされているわけですね。

00年代から20年代にかけての日本政治を読む
大きなヒントが得られる本です。

私も00年代は国会に勤めていましたので、
いろいろ思い出しますね。


────────────────────────────────────
【引用ここから】

最強総理はこうして誕生した! 

目次
序章 その時、安倍の言葉を聞いた
二〇〇七年九月十二日、 私は全身の力が抜け落ちるような感覚を味わった。安倍が辞任
する。ただただ悔しく虚しかった――。本書は、安倍が無役の若手議員だったころから、
私が直接、安倍と話し、見聞き体験し、考えてきたことを記す本だ。

第一章 実は出世は遅かった
岸信介の孫、安倍晋太郎の息子、大叔父は佐藤栄作。だが、安倍晋三自身は同期の仲間
たちが次々と政府のポストを与えられる中、ひとり取り残された。初めて政府の役職に
つくのは、当選から実に七年も経った時のことである。
「ここまで外されてきたんだから、もう開き直った。こうなったら、(第一希望の)外務政務次官以外だったら、話が来ても受けない」

第二章 小泉純一郎という両面教師
要職に抜擢され、小泉に仕えながら安倍は二面を見ていた。暗闇の中、天皇が神々に新
米を備える新嘗祭に参列した小泉は「電気をつければいいじゃないか」。郵政解散でも理
念的保守の安倍の同志たちは刺客をたてられ落選。だが、その勝負勘には目を見張る。
「郵政民営化なんて本来、我々が目指していることに比べたら、どうでもいいことではないか」

第三章 小泉さんは、拉致を分かっていない
北朝鮮に同行する直前、安倍は官邸で絞り出すように声を漏らした。あくまで日朝国交
正常化を第一に考える小泉には、拉致問題の重大性への理解がまるで足りなかったのだ。
初訪朝を終えて帰国した小泉は「なぜ皆、俺をほめないんだっ」と当たり散らした。
「小泉さんは、拉致の『ら』の字も分かっていない」

第四章 なぜ、一次政権は崩壊したのか
五十二歳の若さで総理になった安倍だが、これまで支持してきた右派からの攻撃にさら
される。しかし政権運営となると様々な現実的対応が必要である。その中で安倍は、全
国戦没者追悼式の演説の原稿で、こうした批判を丁寧に取り入れることも心がけた。
「明日の式辞の原稿なんだけど、『心ならずも命を落とした方々』という表現は、保守派の評判がよくなかったよね」

第五章 政治的な死者と言われて
わずか一年での突然の退陣表明。会見後の深夜、記者クラブで呆然としていたところに
携帯電話の着信があり、出ると相手は安倍本人だった。「私は求心力を失ってしまった」
こう言う安倍に、私はこれで日本は十年、時を失うだろうと考えていた。
「やれるところまで、できるだけ頑張ろうと思っていたのだけど、それも無理になった」

第六章 盟友、中川昭一のこと
政権を退いた安倍に追い打ちをかけたのが、理念を共にする中川の死だった。私も安倍
同様に親しく付き合った。彼が総理を目指していたのは間違いない。「経済閣僚をやら
ないと首相になれない」という外務官僚の酒席でのひと言に中川は烈火のごとく怒った。
「あの件さえなければ、今ごろ昭ちゃんが自民党総裁だった」

第七章 橋下徹コネクション
民主党政権下の二〇一二年六月、再燃する大連立構想に対し、安倍は強く異を唱えた。維新の会の国会進出が取りざたされたこの時期、安倍は橋下との会談で直接、自民党からの離脱を打診されていた。橋下とのパイプをテコに、安倍は奇跡の復活への足掛かりを築く。
「自民党と民主党による大連立構想は、とんでもない話だ。そうなったら自民党を割って出る」

第八章 経済という切り札
何が第二次安倍政権で変わったのだろうか。それは、一次政権の時にはなかった「経済」
を切り札にするということだ。憲法問題、安全保障のあり方が、選挙結果を左右するこ
とはない。そう学習した安倍は、二〇一三年七月の参院選で大勝する。
「人生、やればやれるものだ。仮に六年前の(首相時代の)参院選で適当な議席で勝って第一次政権が長続きしていた場合より、一度政権を失った今回のほうが憲法改正に必要な議席に近づくことだろう」

第九章 オバマとの関係はこう詰めた
「私は政治的に厳しい立場にある。私の支持率は四五%だが、安倍内閣は六〇%あるか
ら大胆に決断できるんじゃないか」。すきやばし次郎でオバマはこう安倍に迫った。外交
とは互いの内政リスクを理解すること――安倍に対して次第にオバマは警戒を解くことに。
「いや、日米同盟がわが国の基軸だ。だから今回は米国へ行く。日米同盟の強化を行いながら、中国との関係を考えていく必要がある」

第十章 安倍の後継者は誰か?
消費税増税を安倍が延期したのは、そもそも財務省の経済感を信用していないからだ。
ただ皮肉にも、その決断に反対したのは安倍が見出した稲田朋美だった。ライバルと目される石破茂、閣内のプリンスと言われる岸田文雄……誰が総理の座を継ぐのだろうか。
「稲田さんは、正義感からああ言っているんだろう」

あとがき 少数派が中枢に位置する時


【引用ここまで】
────────────────────────────────────






資本主義社会が行き詰ってきて、
21世紀の新たな株式会社の在り方について、

ビジネスに携わる人ならば考えていかなければならない、
そんな時代になってきました。


政策導入という観点からも、
株式会社について公益的価値を促進することが
必要になってくるように感じます。



────────────────────────────────────
【引用ここから】

水野史観、炸裂! 大ベストベストセラー『資本主義の終焉と世界の危機』を継ぐ著者渾身の書き下ろし! 
21世紀に株式会社の未来はあるか?
ビジネスマン必読 2016年最大の問題作! 

証券チーフエコノミスト時代に上梓した処女作『100年デフレ―21世紀はバブル多発型物価下落の時代』(日本経済新聞社、2003年)に始まって、
『人はグローバル経済の本質をなぜ見誤るのか』(日本経済新聞出版社、2007年)、『終わりなき危機 君はグローバリゼーションの真実を見たか』(同、2011年)、
そしてベストセラー『資本主義の終焉と歴史の危機』(集英社新書、2013年)と、一貫して、資本主義の限界と、にもかかわらず続く「成長信仰宗教」批判してきた著者の最新作。
まさにその系譜を継ぐ渾身の書き下ろしです。

「長い16世紀」の後の近代資本主義とそれを担う近代株式会社の誕生から現代まで、その歴史を紐解きつつ、必然としての現在の資本主義の終焉と、
それに伴い、株式会社、厳密にいえば、現金配当をしている株式会社に、残されている時間はあまりないことを、
頻発する企業の不祥事や格差の拡大、国家債務の拡大、人口減少等の各国に共通する課題にも触れつつ、丁寧に述べていく。

では、どうするのか? 本書の新しさは、その一つの方向性を示していることにもある。
まさに、著者新境地の力作である。


【引用ここまで】
────────────────────────────────────






本田健の松下幸之助本ということで、
おもしろそうです。

実は「小学生からの大ファン」だったということで、
なかなか目の付け所がユニークな小学生です。

松下幸之助フリークの私としてもおすすめの本です。


────────────────────────────────────
【引用ここから】


世界のパナソニックを一代で築いた松下幸之助は、「生き方の達人」だった! 
本書は、「小学生からの大ファンでした」という作家・本田健氏が、松下幸之助のすべての著作を読み込みその成功の秘訣に迫った、渾身の1冊です。
小学校中退、病弱、貧乏……。ないない尽くしだった松下幸之助は、いかにして運命をひらいていったのか? 「気配り上手」「任せ上手」「与え上手」「叱り上手」「謝り上手」など、最高の人生を生きるためのヒントを、厳選された「珠玉のエピソード」から読み解く! 
「膨大なエピソードの中から、二百数十ページにまとめる作業は、喜びだけではなく、苦しみを伴いました。なぜなら、どのエピソードを入れるかよりも、『どれを入れないか』を決めなければいけなかったからです。本書に載せたのは、数百倍の倍率を勝ち残った32のエピソードですので、きっと楽しんでいただけると思います」(本書「はじめに」より抜粋)


【引用ここまで】
────────────────────────────────────





私の大学の同級生である、
西川賢 津田塾大学准教授の著書。

学生時代からアメリカ政治に没頭していた西川氏ですが、
まさにクリントンが大統領時代に私たちは学生時代を過ごしていたので、
懐かしい内容です。

しかしトランプ大統領はさすがに想定できなかったですね。
アメリカを読む意味では、
民主党がこれまで強さを保ってきた理由がわかる書。

これからわが国のアメリカ研究と言えば、
西川先生になっていくと思いますので、
今後の御著書にも注目です。


────────────────────────────────────
【引用ここから】


1993年、45歳の若さで戦後生まれ初のアメリカ大統領に就任したビル・クリントン。
2期8年の任期中、民主党政権ながら福祉関連の切り捨てを厭わず中道主義を追求。
財政と貿易の「双子の赤字」を解決し好況に導く。
また国際紛争解決に積極的に関与し、冷戦後の新たな国家関係を模索、米国を繁栄に導いた。
本書は、カネとセックスをめぐるスキャンダルに次々と追われ、弾劾裁判を受けながらも、多くの実績を残し、いまなお絶大な人気を誇る彼の半生を追う。


【引用ここまで】
────────────────────────────────────





例によっておススメ本情報を提供してくれる、
私の大学の後輩である大西氏の今年の新書おススメのなかの一冊。

これからわが国が混乱期を迎えようとする直感がありますが、
応仁の乱を研究しておくことによって、
次の時代をつくるヒントを得られるように思います。



────────────────────────────────────
【引用ここから】


室町後期、京都を戦場に繰り広げられた内乱は、なぜあれほど長期化したのか。
気鋭の研究者が戦国乱世の扉を開いた大事件を読み解く。

【目次】
はじめに
第一章 畿内の火薬庫、大和
1 興福寺と大和 / 2 動乱の大和 / 3 経覚の栄光と没落
第二章 応仁の乱への道
1 戦う経覚 / 2 畠山氏の分裂 / 3 諸大名の合従連衡
第三章 大乱勃発
1 クーデターの応酬 / 2 短期決戦戦略の破綻 / 3 戦法の変化
第四章 応仁の乱と興福寺
1 寺務経覚の献身 / 2 越前の状況 / 3 経覚と尋尊 / 4 乱中の遊芸
第五章 衆徒・国民の苦闘
1 中世都市奈良 / 2 大乱の転換点 / 3 古市胤栄の悲劇
第六章 大乱終結
1 厭戦気分の蔓延 / 2 うやむやの終戦 / 3 それからの大和
第七章 乱後の室町幕府
1 幕府政治の再建 / 2 細川政元と山城国一揆 / 3 孤立する将軍 / 4 室町幕府の落日
終章 応仁の乱が残したもの
主要参考文献
あとがき
関係略年表
人名索引


【引用ここまで】
────────────────────────────────────






日本に合った会社経営とは何か、
そしてそれは世界に輸出できる経営なのではないか、
そう考えると、日本的経営のすばらしさが見えてきます。

この本には様々な日本の中小企業の実例があります。
起業家、経営者、多くの方々に読んでいただきたいと思います。

この本は「日本でいちばん大切にしたい会社」シリーズを著した、
坂本光司法政大学大学院教授によるものです。


────────────────────────────────────
【引用ここから】


悩める経営者、社員、そして就活生必読! 

なぜ、社員、社員の家族を大切にしている会社は、
業績が安定して高いのか?
なぜ、成果主義に走っている会社は、
業績が大きくブレるのか?

日本全国から海外に至るまで7500社以上を調査してきた、
ベストセラー「日本でいちばん大切にしたい会社」シリーズでおなじみの
坂本光司法政大学大学院教授が、
経営者、社員、取引先、地域住民、そして株主のすべてが幸せになる
「強い会社」「いい会社」そして「儲かる会社」のつくり方をわかりやすく解説! 
これまで蓄積されてきたデータ・ケースから導き出した
日本人が本当に大切にすべき経営の鉄則が明らかに! 

「うちの会社はないない尽くしでして……」
は、単なる言い訳にすぎない! 
ポーター、ランチェスターといった経営理論の王道から強烈に外れた、
真の日本式会社経営ノウハウ46を大公開! ! 

「定年がないのに給与が年功序列の樹研工業」「他社製品まで修理無料の富士メガネ」
「たった1人の社員教育に8年かけた中村ブレイス」「15時以降もATMで窓口サービスを提供する巣鴨信用金庫」
「年間約30日も定休日があるのに大人気の仙仁温泉・岩の湯」「不況で社員がボーナス返上を自ら提案した天彦産業」
「どんな情報も全社員に公開するメガネ21」「靴を片方から販売する徳武産業」
「社長室を憩いの空間と社員食堂に変えた島田」「社長もトイレ掃除当番をする昭和測器」
「1日の残業時間が15分の沢根スプリング」「おはぎだけで年3億円を売り上げる主婦の店・さいち」etc.

まだまだ日本には学ぶべき企業がヤマのようにある!


【引用ここまで】
────────────────────────────────────





これらすべてを年末年始で読めるといいのですが、
結局仕事が終わらず、
いつものように積ん読になる可能性大ですが、

メルマガ読者の皆さんのなかでこれを読んだとか、
この本いいですよというオススメがあれば、
メールをください!

よろしくおねがいいたします!





関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2260-895fe300
    この記事へのトラックバック



    fx