公務員諸氏は、渡辺に戦いを挑むべき - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

公務員諸氏は、渡辺に戦いを挑むべき

2016年11月14日 23:59

トランプ旋風は全世界に大きな衝撃を与えたと思いますし、
大人から子供までがトランプ新大統領について語った。

そんな一週間だったように思います。


先日、このメルマガをいつも読んでいただいているある方から、
民主主義に関する一つの見解についての記事をご紹介いただきました。

端的に言うと、

「民主主義には民意がそのままの形では
 反映されない部分(組織・機構)が必要である」


というものでした。


この見解については
私も納得するところがあり、

世の中がよりよくなるよう努めることが政治家の仕事であるとするならば、
民意とはまたちがった視点を提示することもまた、
政治の場には必要なのではないか、
最近特にそう思っています。


しかし基本的に政治家は選挙で選ばれるものであり、
「民意を実現すること」がその重要な仕事です。

民意を全く無視して政権運営を行ったならば、
その政府は長く続けることはできない、
民主主義国家でなくてもそれはあるのかなとも思います。


そう考えると民意の通りにAIではありませんが、
すべて直接民主制で民意をただ機械的に実現していけばいいかというと、

人間の世界は複雑怪奇なもので、
現在の民意が一年後の民意と異なったり、
大多数の民意の選択が国家滅亡につながったりすることも
ないわけではありません。

大きな政治の方向性だけではなく、
地方政治家が受け止める地域の民意についても同様と言えるかもしれません。



繰り返しますが、
政治家は民意を実現することがその大きな仕事ですが、

民意とは異なる判断をする機能がそこに存在し、
民意と戦うこと(議論すること)が必要なのだと思います。


ある県議会議員が地域の大多数の民意だと
正義を振りかざしたときに、
そこに「ちょっと待った」をかける機能が必要なのだと思います。

もちろんそこには理が必要ですが。



行政の大きな役割はそこにあるのだと思います。

民意がある方向に流れたときに、
疑問を呈することができるか。

政治家に戦いを挑むことができるか。


与党と野党が、
議会において民意を調整する、
これが前提ではありますが、

民意を越えた叡智を提案できること、
これもまた重要な役割なのだと思います。



わが国における戦前の公務員は「官吏」であり、
天皇陛下の任免によるものでした。

いまでもその名残はありますが、
戦前は古臭い封建的な時代だったと考える方が多いのではないでしょうか。


天皇陛下の下に上意下達的に
公務員がいたと考えるのではなく、

「公」という概念が「天皇」を中心とする政体のなかにあった
と考える方が適切なのではないか、と思うわけです。


私は大学、大学院時代に、
戦前の新聞や雑誌をたくさん読みました。

マイクロフィルムで読んだり、
古書で読んだりしましたが、

戦前とひとくくりにしてもいろいろです。
終戦間際は確かに厳しい統制社会であったように感じますが、

明治維新以降ほとんどの戦前社会には、
民主的な議論が活発すぎるぐらい活発な時代もあり、
また、平和を今の時代よりも求めるような
そんな時代があったように感じることもありました。


しかし今とちがうことは、
やはりどこかで「公」とは何かということについての、
明確なコンセンサスがあの時代にはあったのではないか、
ということを感じます。

そこには我が国に脈々と続いてきた武士道精神が根底にあり、
公なるものを大事にしてきた世界があったのではないか、
そう思うわけです。




数年前に出版された、
『「みんなの意見」は案外正しい』という本がありました。

群衆の英知はすぐれています。
ウィキペディアはかなりすばらしい集合知です。


しかし、「民意」なるものが、
完全に正しいとは限りません。

「案外」正しいですが、
「完全に」正しいとは限りません。


選挙の民意にいたっては、投票率の低下により、
果たして「民意」と言えるのかわからない状況でもあります。


私が昨年の県議選で当選した票数は、
10,041票でしたが、
有権者数は、106,709人。


つまり、私は民主主義制度の
代表としての政治家ではありますが、

「9.4%の民意」であり、

実は「91.6%の民意は別のところにある」とも言えなくもありません。


それでも私は、民意を追い求め続け、
民意をくみ取り、政策を立案し、
議会で発言をし続けるわけですが、

私の「民意」は偏っているかもしれないわけです。


そうであるならば、
この「民意」にちょっと待ったをかけられるのはやはり、
公務員の皆さんではないのかと思うわけです。

もちろん議論をして、
自分が持つ民意が正しいと思えば、
政治家はその判断をするべきです。

決断と責任がそこにはあります。


しかしその前の議論、「ちょっと待った」をかけることは、
重要な機能になるのではないかと思うわけです。


結論から言えば、


必ず民意が正しいとは限らない。

「公」の観点と民意が対立する場合には、
民意に対立する提案もなされるべき。

政治家が最終的にそれを判断する。
(政治家が民意を説得できなければ次の選挙で落ちるだけ)



そんなところでしょうか。



アメリカのトランプ旋風、
イギリスのEU離脱、
様々な転換期の時代に入ってきました。



しかしわが国には古来から、
衆知を集めながらも多数決にはしないという選択肢を持っていました。

たとえば、コミュニティで守られるべきことについては、
意見を聞かないで進めるということもありましたが、

それが成り立つためには、
信頼と「公」の存在、誰かが「私のものとしない」という前提がありました。



転換期の難しい時代に入ってきていますが、

わが国の原点に立ち返った政治の在り方に、
実は大きなヒントがあるのではないかと思っています。


日本人が正念場に立つ時代が間もなくやってきます。
大変な嵐に突入していくでしょう。


しかし、混乱期こそ原点に立ち返る。


私たちの祖先がどのように生きてきたかを振り返れば、
混乱期だからこそ大きなチャンスがめぐってくるのだと、
私は確信をしています。


日本が世界において重要な役割を果たす時が、
もうすぐそこまで来ています。

私も微力ながら、
この混乱期に与えられた役割をしっかりと果たし、
がんばっていく所存です。



関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2243-93fde86c
    この記事へのトラックバック



    fx