東京キャラバンが沖野東小にやってきた!ー東京スカパラダイスオーケストラ、野田秀樹、津村禮次郎等豪華アーティスト! - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

東京キャラバンが沖野東小にやってきた!ー東京スカパラダイスオーケストラ、野田秀樹、津村禮次郎等豪華アーティスト!

2016年09月04日 21:57

「東京キャラバンin東北」と題して、
平成28年9月3日と4日、仙台市立沖野東小学校に
著名なアーティストがやってきて、
子供たちと交流を深めました。


参加アーティストは、

東京スカパラダイスオーケストラ(ミュージシャン)、
津村禮次郎(能楽師・観世流シテ方/観世流緑泉会代表、重要無形文化財保持者)、
井手茂太(振付家、ダンサー/イデビアン・クルー主宰)、
東京キャラバンアンサンブル、
野田秀樹(劇作家・演出家・役者・東京芸術劇場芸術監督)、

などで、
これに加えて沖野東小学校合奏団が参加をしました。


野田秀樹さん率いる演劇も目を見張るものでしたし、
何よりも東京スカパラダイスオーケストラと一緒に演奏をできるということで、
子供たちは大喜びでした。

スカパラの音はやはり迫力のあるものであり、
パフォーマンスに大人もノリノリで一緒に体を揺らしていました。


ご近所の皆様にはご迷惑をおかけしまして、
申し訳ありませんでしたが、
イベントの趣旨と子供たちの貴重な体験ということに鑑み、
ご容赦いただけますようお願い申し上げます。


さて、この「東京キャラバン」。
実は東京都の事業でした。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「東京都長期ビジョン」事業

本件は、「東京都長期ビジョン」における、以下の都市戦略・政策指針に係る事業です。
都市戦略3 「日本人のこころと東京の魅力の発信」
政策指針8 「芸術文化都市を創造し、日本文化の魅力を世界に発信」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



東京都の予算で宮城県民として貴重な機会をいただいたことに感謝申し上げながら、
事業の紹介をしたいと思います。


これは東京都生活文化局、
公益財団法人東京都歴史文化財団(アーツカウンシル東京)によるもので、
事業内容は以下の通りです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【引用ここから】


「東京キャラバン in 東北」の実施について

東京2020オリンピック・パラリンピックの文化プログラムを先導する
リーディングプロジェクトとして始まった「東京キャラバン」が、

オリンピックの熱狂に沸いたリオデジャネイロでの実施を経て、
いよいよ国内において展開を開始します。


国内展開の第一歩として、
東京キャラバン参加アーティストが、
下記のとおり東北地方に赴き、

地元の小学生、アーティスト、伝統芸能やお祭りなどと交わり、
新たな表現を創り上げていきます。


【引用ここまで】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



2020年東京五輪がもうすぐなわけですが、

「オリンピック憲章」では開催にあたって、
文化イベントも同時に開くことが決められていて、

4年後の東京大会に向けては、
今夏のリオデジャネイロ大会以降、

「東京キャラバン」と題して4年間かけて
全国や世界各地を巡回しながら催しを開くことが
計画されている、
その一環として我が沖野東小学校に多くの方がいらしたのでした。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【引用ここから】

オリンピック・パラリンピックはスポーツの祭典であると同時に、
文化の祭典でもあります。

「東京キャラバン」とは、
東京2020オリンピック・パラリンピックの文化プログラムを先導する
東京都のリーディングプロジェクトとして、

劇作家・演出家・役者である野田秀樹の発案により、
多種多様なアーティストが出会い”文化混流“することで、
新しい表現が生まれるというコンセプトを掲げた新たなムーブメントです。

先日、オリンピック開催に湧くリオデジャネイロで、
才能溢れる様々なジャンルの日本人アーティストが、

現地のアーティストと出会い、国境、言語、文化や、
それぞれのジャンルを超えた文化混流ワークショップおよび創作を行いました。

そして、ブラジルを出発点とし、
東京キャラバンは今後、宮城、福島をはじめ、
国内外各地に出現し、「文化サーカス」を繰り広げていくとともに、

国や地域を越えた交流を、継続的に図っていきます。


【引用ここまで】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


スカパラとの合奏による交流も素晴らしいものでしたが、

能楽の津村禮次郎さんとの
コラボレーションも大変素晴らしいものでした。

ふだん、能楽と関わることは、
大人でもあまりないわけですが、

小学生たちが不思議な表情で
能というものに見とれている姿が印象的でした。

わが国の伝統文化に少しでも触れるきっかけが、
そして津村さんのような本物の能楽を目にする機会が得られたことは、
子供たちにとって本当にありがたいことだと思います。


この東京キャラバン、
報道でも取り上げられていますし、
テレビ番組としても放送されるようですので、

これから4年間の先駆けとなる開催が、
宮城県で行われたことは大変意義深いですね。


読売新聞の宮城県版でも今日の朝刊に、
以下のように取り上げられていました。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【引用ここから】

「リオの熱狂仙台に 東京キャラバン 小学生らと共演」
(読売新聞宮城版平成28年9月4日)

2020年東京五輪・パラリンピックに向けて、
各地で開かれる文化イベント「東京キャラバン」が3日、

仙台市若林区の市立沖野東小学校であった。


五輪開催中のリオデジャネイロで観客を熱狂させた
東京スカパラダイスオーケストラなどが訪れ、

同小の児童らと共演した。


イベントは、劇作家の野田秀樹さんが発案したもので、
演劇や音楽、日本の伝統芸能などを融合させたステージが特徴。

この日はリオで披露したものを仙台の要素でアレンジした。


同小合奏団の41人や「すずめ踊り」の踊り手、
仙台を拠点に即興で絵を描く「ライブペイント」のさとうたけしさんも参加。

スカパラと児童らの「上を向いて歩こう」の演奏で、
ダンサーらが足跡で床に敷かれた紙に桜を描くと、
会場は総立ちで拍手を送った。


スカパラのドラムス、茂木欣一さんは

「子供たちの演奏は音がピュアで新鮮。
 2020年に向けて『高まり』のようなものを全国にまいていきたい」

と話した。


ホルンを演奏した同小4年の渡辺咲葵子さん(10)は

「スカパラは、たくさん音を出すのに音色がきれい。
 一緒に演奏できて楽しかった」

と笑顔を見せた。


【引用ここまで】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




今回宮城県でこのようなイベントを企画してくださった皆さん、
また沖野東小を選んでくださった皆さんにあらためて感謝し、
水面下で尽力された皆さん、縁の下で活躍されていた皆さんに、

東京キャラバンに参加した子供たちが、
将来文化面で活躍することで恩返しできたら、
ますます楽しいものになりそうですね。



スポーツの祭典と文化の祭典という両側面から、
2020年東京五輪がわが国の大きなエンジンとなるよう、
私も盛り上げていきたいと思います。




関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2214-544dc020
    この記事へのトラックバック



    fx