離島を知れば日本がわかる―島を守れ―新島へお墓参り その3(終) - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

離島を知れば日本がわかる―島を守れ―新島へお墓参り その3(終)

2016年08月15日 09:25

私の父方は代々宮城県なのですが、
私の母方は東京都新島村で代々神主をしていました。


昨年の選挙でお世話になりました親戚にご挨拶、
そして母の実家である東京都新島村の十三社神社に、
当選報告・さらに厄払いに行ってまいりました。




本日は8月15日、
70年以上前、わが国は非常事態にありました。


新島も同様の非常事態であり、
私の祖父はちょうど今の私と同じぐらいの年代でしたが、
島を守るために命を懸けていました。


祖父の自伝によれば、
戦時中新島には、
島の住民の倍、六千人余りの大部隊が駐屯。

新島の住民は山形や伊豆方面に疎開し、
わずかに残った地元の男子は特警として各部隊に配置され、
山中に立てこもったようです。

残された猫がさびしげに家族を呼ぶ声が聞こえるのみ。



祖父には召集令状も来ず、
民間人としてただ一人新島に残り、
神職として平常通り勤務に務めていました。

神社の疎開も考えられましたが、
戦況も悪化、新島周辺に敵機や潜水艦が来襲、
焼夷弾も落ちてくる状況のなか、

祖父は、この非常のときこそ国土を守り、
郷土の鎮守として神明の力を発揮すべきと考え、

東京都長官に神社の疎開をしないことを報告、
駐屯の軍隊と共に
新島を守ることに心を決めたのでした。


新島駐屯司令官の横田中将と、
戦況の情報を聞きながら、

「死ぬときは共に死のう」

と手を取り合いお互いに励ましあったそうです。



新島には飛行場があり、
平地も多い地形ですので、
重要拠点と目されていたらしく、

硫黄島陥落後、
次に米軍が来るのは新島だろうと、
島の防衛機能を高めていたようです。




そう考えてみると、
沖縄で戦ってくださった御英霊、
硫黄島で戦ってくださった御英霊、
戦争で犠牲になられた多くの御霊のおかげ、

そして8月15日に終戦となったことにより、

空襲はもちろんあったものの、
新島で激しい戦闘が行われることはありませんでした。



もし戦争が長引いていたら、
新島が激戦地となっていたら、

私の祖父は犠牲となっていたでしょうし、
戦後に生まれた私の母の命もなかったことでしょうから、

私が生まれることはなかったのだと思います。


沖縄戦、硫黄島の激戦の話を聞くたびに、
私はこの身は仙台にいながらも、
ありがたく思っているところです。


祖父は戦後、
神社制度の変更に伴い、
また苦労をしたようですが、
後半生は島の発展に力を尽くしました。




近年、領土・領海問題が
大きくニュースで取り上げられています。

中国の南シナ海進出や、
尖閣諸島への軍事的圧力、

韓国の竹島上陸問題、
北朝鮮の秋田沖へのミサイル発射。


わが国がいくら平和を守る国であり、
日本人が平和を愛する国民であったとしても、

他国の侵略があった場合にどうするかということ、
他国の侵略を受けないための方策については、
しっかりと考えていかなければなりません。


そう考えると、
新島だけではなく、

日本には大小多数の島々が存在しています。

この離島の保全・管理を
国が責任を持ってやることが、
平和を守るための基礎になるのではないかと思います。


ときどき、

「俺は東京に住んでいるんだから、
 太平洋の小さな島ぐらい中国にあげればいい」

という人がいますが、

小さな島を一つ落とすと、
そこが本土に対する侵略の拠点になってしまうわけです。


戦争が起きないように、
平和を守るために、

争いの前に勝負をつける、
戦ってはいけないなと思わせることが
真の平和を守るためには重要なことです。




さて現在政府には、
総合海洋政策本部が設置されています。

平成19年に成立した海洋基本法に基づき、
内閣総理大臣を本部長として、

海洋に関する施策を集中的かつ総合的に推進する機関として設置されました。


また、近年国防の点からも、
南西諸島の防衛強化ということで、
離島防衛の強化が図られてきています。



大きな視点で見れば、
日本という国そのものが「島」です。

四方を海に囲まれ、
自然と共に平和に暮らしてきたのが、
わが国の歴史でした。


そう考えると、
どんな小さな島であっても、
離島の重要性を認識し、
島を守ることが、

わが国の平和、安定につながっていくのではないかと、
戦後71年目の8月15日に感じているところです。


ぜひみなさんにおかれましても
『島』についての関心を深めていただければ幸いです。







その1 伊豆七島新島の十三社神社で当選報告・厄払い、そしてお墓参り
その2 出羽三山(山形県鶴岡市)天宥法印と新島村
その3 離島を知れば日本がわかる―島を守れ

関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2208-8db45a8a
    この記事へのトラックバック



    fx