伊豆七島新島の十三社神社で当選報告・厄払い、そしてお墓参り─新島へお墓参り その1 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

伊豆七島新島の十三社神社で当選報告・厄払い、そしてお墓参り─新島へお墓参り その1

2016年08月13日 23:59

私の父方は代々宮城県なのですが、
私の母方は東京都新島村で代々神主をしていました。


昨年の選挙でお世話になりました親戚にご挨拶、
そして母の実家である東京都新島村の十三社神社に、
当選報告・さらに厄払いに行ってまいりました。

そしてお墓参り。
私の母方のご先祖様にお会いできましたので、

子供たちにとって、
二人のおじいちゃん、二人のおばあちゃんのご先祖様に
ご報告することができました。

これでコンプリートです。

私の亡き祖父母を含め、
ご先祖様が子供たちに会いたがっていたであろうと、
ずっと気になっていたので、

四方向のタテイトがつながった実感がありました。

これで悔いはないですね。



数日の滞在でしたが、
私の原点、そしてわが国の原点を確認するという意味でも、
また日本の離島の存在意義についても
感じるところが多い旅となりました。





東京都新島村は、

東京都心の南約160kmの太平洋上に位置しており、
人口は約2,700人。

浜松町駅から竹芝桟橋へ向かい、
東海汽船の客船「さるびあ丸」で夜23時に出港、翌朝7時30分に到着します。

このさるびあ丸は、
東京-横浜(金土のみ)-大島-利島を経由して毎日就航。
5000トン級の貨客船となっています。

空路としては、
調布飛行場から新島空港へ約30分で到着。
あっという間です。

飛行機は定員19名のドルニエ228。

ドルニエ228は民間機の他にも、
軍用機や沿岸警備用として
ヨーロッパ、アフリカ、アジアの軍及びコーストガードに採用されているのだそうです。。


新島村は温泉、ビーチなどの観光業が主で、
東京から気軽に遊びに行くことができますので、
ぜひ一度はお越しください。



新島村観光情報サイト
https://www.niijima.com/kankou/


新島には、東京都で唯一「日本の水浴場88選」に
選定された海水浴場「前浜海水浴場」があります。

ここも含めて新島の全ての海水浴場は水質ダブルAとのことで、
たしかにいつもきれいな海です。


また世界に誇るサーフィンポイント羽伏浦もあります。

新島村は2020東京オリンピックサーフィン競技の開催地に立候補。
波の大きさ、パワー、透明度、混雑もなく、
どれをとっても日本有数のポイントとしてサーファーにはよく知られているのだそうです。



十三社神社では現在私の伯父が、宮司を務めており、
家族で参拝、祝詞をあげていただきました。

神様に当選の報告と厄払い、
家内安全を祈願。


この十三社神社は、
新島の総鎮守、東京都神社庁の管轄。
伊豆諸島最大規模の神社であり、社格は郷社、正一位。

主祭神は、
事代主命(主神、通称恵比寿神)であり、
以下の同族12神を祀っています(合祀)。

大三王子明神
弟三王子明神
御蔵沢明神
泊御途口大后明神
野伏若御子明神
早嶋太前御前明神
若郷宮造明神
淡井姫后明神
冨蔵根后明神
鵜渡根后明神
鉈折御子明神
瀬戸明神
また、この他に天照皇大神、八幡大神、春日大神、東照宮を配祀。


境内社には、祖霊社、久須志神社、須賀神社、夜種神社、
末社(境外社含む)の総数は20社を数えます。



十三社神社(東京都神社庁)
http://www.tokyo-jinjacho.or.jp/syoukai/27_thosho/27001.html




須賀神社もあったので、
連坊の須賀神社とのご縁を感じますね。

平たく言えば、
たくさんの神様がいるところです。

祝詞をあげていただきながら、
たくさんの神様が集まり、
パワーをいただいているような気がしました。


いかなる困難があっても、
まっとうにやっていれば、
たくさんの神様、ご先祖様が助けて下さる。

そんな確信のようなものを抱きました。


小さいころはよく来ていましたが、
しばらくぶりということもあり、
元気な親戚一同と楽しく過ごすことができました。


伯父さんの神職姿も久しぶりに見ましたが、
袴が紫の紋入りになってました。
ありがたいことです。


距離にすると500キロ近く、
行きは船でしたので半日かけての旅でしたが、
行ってよかったなあと思いました。





その2 出羽三山(山形県鶴岡市)天宥法印と新島村
その3 離島を知れば日本がわかる─島を守れ


関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2206-09dcc248
    この記事へのトラックバック



    fx