ネットワーク時代は『組織の拡大』が肝になる ─ブリッツスケール:劇的な成長を遂げる唯一の方法 ─リンクトイン創業者リード・ホフマン氏─DIAMOND Harvard Business Review - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

ネットワーク時代は『組織の拡大』が肝になる ─ブリッツスケール:劇的な成長を遂げる唯一の方法 ─リンクトイン創業者リード・ホフマン氏─DIAMOND Harvard Business Review

2016年08月11日 23:59

リンクトイン創業者のリード・ホフマン氏が、


『DIAMOND Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2016年8月号』に、


「ネットワーク時代は『組織の拡大』が肝になる
 ブリッツスケール:劇的な成長を遂げる唯一の方法」



というインタビューを受けていますので、
これをみなさんにシェアしたいと思います。



Harvard Business Review2016年8月号
リンクトイン創業者の
リード・ホフマンのインタビュー記事です。



リンクトイン創業者リード・ホフマン
【インタビュー】「ネットワーク時代は『組織の拡大』が肝になる
ブリッツスケール:劇的な成長を遂げる唯一の方法」


─────────────────────
【引用ここから】


私たちはいま、世界中がつながる「ネットワーク時代」を生きている。

物流や情報の格差が解消されつつあることで、
いつ、どこで競合が誕生するかもわからない。

では、この環境下でどうすれば生き残れるのか。

ペイパルの創業メンバーであり、
リンクトイン創業者のリード・ホフマンは、

圧倒的スピードで規模拡大を実現すること、
なかでも組織の拡大こそが必要であり、
そのためには「ブリッツスケール」が不可欠だと説く。

シリコンバレーが生んだ世界的経営者が、
スタートアップ企業に欠かせない成長戦略を語る。


【引用ここまで】
─────────────────────


今月号のHBSは、「起業の成長論」ということで
興味深い論考が多かったです。

リード・ホフマンのインタビュー記事ですが、

「圧倒的スピードで規模拡大を実現すること、
 なかでも組織の拡大こそが必要であり、
 そのためには『ブリッツスケール』が不可欠」

この言葉がキーワードであるように感じます。


彼は、初期のフェイスブックへ資金拠出した人物でもあり、
現在はベンチャーキャピタルのパートナーも務めています。

2015年秋、ホフマンは母校スタンフォード大学で、
コンピューターサイエンスの講座をはじめました。

講座のタイトルは「技術が可能にした『ブリッツスケール』(電撃的拡大)」。


「ブリッツスケール」とは何か?

ホフマンは以下のように述べています。

ブリッツスケール、
それは、真に劇的な急成長が必要な時に取る手段。

大規模な、そして通常は世界規模の市場に製品・サービスを提供することを目的に、
短時間で企業を築き上げるための理論と実践がブリッツスケール。

その最終目的は、
一定規模を持つ、その世界の先駆者となること。

この種の起業は世の中に大きな影響を与えます。
こうして生まれた企業は、
例外なく未来の雇用と産業を生み出すのです。

アマゾンドットコムは、現在十五万人以上を雇用、
無数の仕事を生み出してきました。

グーグルは、情報を見つける方法に革命を起こし、
六万人を超える従業員を雇用。


そこそこ増えるのではなく、激増。

「規模拡大」には三種類ある。

1、収益の拡大

2、顧客基盤の拡大

3、組織の拡大

企業のサイズと業務遂行能力こそが、
顧客と収益を獲得できるかどうかを決める。


経営面から見ればブリッツスケールは例外なく非効率であり、
多額の資金をあっという間に燃焼させてしまう。


ウーバーではブリッツスケールの最中、
新規採用したエンジニアに幹部がこう聞く。

前職で一緒に仕事をした中で最高のエンジニアを三人教えてくれないか」

そして、名前が挙がったエンジニアに採用通知を送る。
面接もなし。リファレンスチェックもなし。いきなり採用通知。

当時のウーバーはエンジニア部門の規模拡大が急務であり、
これが彼らの用いた重要テクニック。


そしてブリッツスケールには企業文化が大事。

極めて短期間で組織を成長させる時は、
社員に上から下へという
階層の縦方向に対してのみ責任を持たせるだけでなく、
横方向、すなわち同僚同士のお互いに対する責任を持たせることも必要だから。


企業が村落レベルから都市レベルへと成長する時、
すべての次元で専門性を高めることがますます重要になる。


スタートアップ企業に関して、

「まずは崖から飛び降りて、
 落下中に飛行機を組み立てな」

ブリッツスケールの最中は、
緊急度に応じて優先順位をつける「トリアージ」が必要。

投資家からの追加資金につながる問題は優先的に解決。
なぜなら、新規資金がもたらす“浮力”により、
落下時間が引き延ばされ、他の問題解決に充てる時間が増えるから。


不満を抑えて組織を一つにまとめている本当の要因は、

「自分たちは何か大きなものに成長中なので高速で変化している」という認識、
「大成功する企業の当事者の一人になるのだ」という認識。


────────────

起業のエッセンスが、
このインタビューにはつまっているように感じました。

「ブリッツスケール」という概念を成功する起業家は先天的に持っていますが、
この概念を起業前から知っておけば、
さらに「電撃的拡大」が進展するかもしれませんね。





DIAMOND Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2016年8月号


│特集│起業の成長論
●【インタビュー】ネットワーク時代は「組織の拡大」が肝になる
<ブリッツスケール:劇的な成長を遂げる唯一の方法>
リード・ホフマン リンクトイン 創業者

●成功が続くか否かはどこで分かれるか
<起業から企業へ:4つのステージの乗り越え方>
高宮慎一 グロービス・キャピタル・パートナーズ パートナー

●成熟企業に脱皮するフレームワーク
<事業をスケールさせる4つの方策>
ランジェイ・グラティ ハーバード・ビジネス・スクール 教授
アリシア・デサントラ ハーバード大学 博士課程

●機敏で優れたイノベーションを生むために
<リーンスタートアップに戦略を融合させる>
デイビッド・コリス ハーバード・ビジネス・スクール 非常勤教授

●【インタビュー】組織に不可欠な違和感と納得感
<成長してもマネジメントは変えない>
高島宏平 オイシックス 代表取締役社長

●失速した企業が成長力を回復するために
<創業者精神を取り戻せ>
クリス・ズック ベイン・アンド・カンパニー パートナー
ジェームズ・アレン ベイン・アンド・カンパニー シニアパートナー


│HBR翻訳論文│
●<マーケティング>ブランデッドコンテンツへの投資は意味がない
クラウドカルチャー:SNS時代のブランド戦略
・ダグラス・ホルト カルチュラル・ストラテジー・グループ 会長

●<イノベーション>独創的アイデアが豊富に創出される企業になる
同調しない組織文化のつくり方
・アダム・グラント ペンシルバニア大学 ウォートンスクール 教授

●<テクノロジー>限界を理解し、長期的視野を持て
アルゴリズムを最大限に活用する法
・マイケル・ルカ ハーバード・ビジネス・スクール 助教授
・ジョン・クラインバーグ コーネル大学 教授
・センディル・ムッライナタン ハーバード大学 教授


│連載│
●世界標準の経営理論
[第23回]認知バイアスの理論
個人の認知の歪みは、組織で乗り越える
入山章栄 早稲田大学ビジネススクール 准教授


│巻頭言│
●クモの糸の力で人類を前進させる
関山和秀 スパイバー 代表取締役社長


│Idea Watch│
●マーケターの仕事はロボットに務まるか
『ハーバード・ビジネス・レビュー』編

●「VUCA」の本当の意味
・ネイサン・ベネット ジョージア州立大学 ロビンソンカレッジ・オブ・ビジネス 教授
・G. ジェームズ・ルモワン ジョージア工科大学 シェラーカレッジ・オブ・ビジネス博士号取得候補者

●見ためが能力に勝ってしまう時
『ハーバード・ビジネス・レビュー』編


│リーダーは「描く」│
●ぶつかり合う個性を活かし、まとめるということ
木川 眞 ヤマトホールディングス 代表取締役会長


│Vision Statement│
●女性を活かす国、活かさない国
『ハーバード・ビジネス・レビュー』編


│前号を読んで│
●まだ食い足りなさも感じる
斎藤 立 シグマクシス ディレクター

●海外企業の組織論は前提が違う
柴田昌治 スコラ・コンサルト プロセスデザイナー代表


関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2205-8a25c932
    この記事へのトラックバック



    fx